三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!?

太史慈




夏侯淵

夏侯淵

 

曹操(そうそう)軍の中で一番早い軍勢を率いていたと言われる魏の重鎮・夏侯淵(かこうえん)

夏侯淵三国志演義において弓の腕前は妙技とも言える射術の腕前を披露しています。

また孫策(そんさく)と激闘を繰り広げ、孫呉の将軍の中でもトップクラスの武勇を誇った青州の名士・太史慈(たいしじ)

太史慈の弓の腕前も夏侯淵に劣らないほどの力を示しております。

弓の腕前は太史慈と夏侯淵どちらの方が上なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!

関連記事:夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?

 

 

三国志演義における夏侯淵の射術の腕前

韓遂をボコボコにする夏侯淵

 

夏侯淵は正史三国志の記載には射術の腕前についての記載がほとんどありません。

しかし三国志演義における夏侯淵はとてつもない弓の腕前を披露しています。

夏侯淵はどの程度の腕前を持っているのでしょうか。

 

 

銅雀台完成の時の余興で・・・・

夏侯淵を庇う徐晃

 

曹操(そうそう)は官渡の戦いで袁紹(えんしょう)を打ち破り、河北の統一に成功すると記念に銅雀台(どうじゃくだい)なる建物を建築。

この建物は壁の高さが33㍍もあるとてつもなく巨大な建物でした。

曹操は銅雀台が完成すると各地の諸将を招いて宴会を行います。

夏侯淵は宴が終わりに近づくころ、自らの弓技をみんなの前で披露します。

夏侯淵は的に刺さった4本の弓矢に向かって更に弓矢を放ち、的に刺さった4本の弓矢の真ん中に突き立てる妙技を見せます。

この夏侯淵の妙技を見た曹操や他の諸将は夏侯淵の弓の腕前を大いに褒めたたえたそうです。

また蒼天航路(そうてんこうろ)に登場する夏侯淵は雷緒(らいちょ)と呼ばれる賊徒をかなり遠くから打ち抜くほどの弓の腕前を見せております。

このように三国志演義や蒼天航路の夏侯淵は、常人では持ちえない弓の妙技を持っておりました。

では太史慈はどの程度の弓矢の技を持っていたのでしょうか。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

砦の上に居る人の手のひらに弓を突き刺す

太史慈

太史慈

 

太史慈は正史三国志よれば、弓の腕前は的を外すことなく百発百中の命中率を持ったとんでもない腕前を持っていたそうです。

この太史慈の弓矢の腕前を表すエピソードが残っています。太史慈は孫策(そんさく)へ仕えた時、江東で暴れまわっていた賊徒を討伐するために

孫策に従って出陣することがありました。

 

賊徒は孫策軍がやってくると砦にこもって孫策軍に抵抗します。

この時一人の賊徒が孫策や太史慈の悪口を砦の上から叫びはじめます。

太史慈は賊徒の悪口を聞いてちょっとイラっとし、悪口を言った賊徒に対して弓矢を構え、放ちます。

すると孫策や太史慈の悪口を言っていた賊徒の手のひらに太史慈が放った弓矢が突き刺さり、壁に突き立ったそうです。

 

砦の規模が正史三国志に描かれていないため、どの程度の距離があったのかわかりませんが、かなり遠くから太史慈が賊徒の手のひらへ向かって

弓矢を放ったと思われます。

最低でも砦の上にいた賊徒から太史慈までの距離は数十㍍くらいの離れていたと考えることが出来、太史慈の弓の技もかなりの腕前であったことが

分かると思います。

 

射術の上で前はどちらが上なのか

太史慈

 

太史慈と夏侯淵の弓矢の腕前を紹介しましたが、どちらが射術に優れているのでしょうか。

レンの独断と偏見ですが、太史慈の方が優れているのではないのでしょうか。

太史慈は正史三国志に記載があり、たぶん史実で上記で示したエピソードくらいの弓の腕前を持っていたと思われます。

でも三国志演義も7割くらいが史実であるため、もしかしたら夏侯淵も弓の腕前はかなりの者だったのかもしれませんね。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

三国志と言えば五虎将軍の一人で、弓矢といえば黄忠(こうちゅう)の名前が有名だと思います。

しかし正史三国志には黄忠が弓矢をもって何かをしたようなエピソードが無いので、それなりに弓を放つことができたかもしれませんが、

太史慈ほどの腕前はなかったのではないのでしょうか。

皆さんはどのように思いますか。

 

■参考文献 新紀元社 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

関連記事:太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  2. 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった
  3. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  4. 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所!
  5. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  6. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…
  7. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法
  8. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  3. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  4. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)
  6. 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【002】 玉(ぎょく)が大好きな中国人 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は? 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示 【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

おすすめ記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)
  2. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  3. 西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰?
  4. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事
  5. 愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?
  6. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  7. 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗 後悔する孫権
  8. 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP