はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母

燃える本能寺




燃える本能寺

 

明智光秀(あけちみつひで)が起こした本能寺の変について、『明智光秀について(3)―本能寺の変を決意―』では、いくつか取り上げた動機の中から、丹波国攻めで人質として差し出していた母親が波多野秀治に殺されたことを挙げました。

 

今回は本能寺の変のきっかけとなったといわれている明智光秀の母について取り上げます。後半では、丹波国の難攻不落の八上城と波多野秀治について取り上げます。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

 

明智光秀の母とは?

 

明智光秀の母について、本能寺の変の動機になったという有力な説となっていますが、史料において記録が残されていません。

母親は若狭武田氏の出身で、名前はお牧と伝えられていますが、詳細についてはほとんど記録がないため不明な点が多いです。波多野秀治の人質として差し出したという話については記録がないため、事実かどうか分かりません。

 

難攻不落の八上城とは?

 

波多野氏は応仁の乱にて戦功をあげて多紀郡郡代となった頃から丹波国八上城の歴史が始まりました。

1575年に織田信長が明智光秀に丹波国攻めを命令します。この頃から八上城攻めが開始されました。明智光秀が攻め始めた頃、毛利輝元らの支援がありましたが、1579年に落城しました。八上城落城により波多野氏は滅亡しました。

 

江戸時代になると、1608年に松平康重が丹波国に篠山城を築城したため八上城は廃城となりました。八上城は1609年に廃城となりましたが、数多くの遺構が当時のまま残されていたことが評価され、国指定の史跡として指定されています。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

八上城城主・波多野秀治(はたのひではる)とは?

 

波多野秀治は波多野晴通の子として生まれました。波多野氏は代々三好長慶に仕えていました。三好長慶の死後、波多野秀治は八上城を奪還して三好から独立を果たします。

 

1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛してくると、信長に従いました。1575年に明智光秀の軍勢に加わって丹波国の信長に抵抗する豪族を討伐しました。しかし、突如として叛旗を翻しました。

 

信長は波多野秀治の裏切りに対して光秀に丹波国攻めを命じました。これに対して、波多野秀治は八上城に籠城し、抵抗を続けました。

 

丹波の入り組んだ山岳地帯を生かして、信長の軍勢による攻撃に耐えました。しかし、長期の籠城戦で兵糧がなくなったことや味方の丹後・但馬諸豪族が信長の軍勢に攻撃されたことによって苦戦を強いられました。また、光秀の調略で信長に寝返った豪族も出るなど窮地に陥りました。波多野秀治は1579年、光秀に降伏して、丹波国は平定されました。その後、波多野秀治は弟の秀尚と共に安土城に送られ、処刑されました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は本能寺の変の引き金になった明智光秀の母と織田信長への抵抗を続けた波多野秀治について取り上げました。

明智光秀が本能寺の変を起こした動機として、人質として差し出していた母親が殺されたことが有力だといわれています。

 

しかし、この記録はほとんどの史料では見られないため実際にあったのかどうか疑問視されています。大河ドラマ『麒麟がくる』の放送で、今後の明智光秀に関する研究で進展がないか注目したいと思います。

 

波多野秀治の家臣に赤井直正がいます。八上城が落城すると、赤井直正の弟の幸家が直正の嫡男・直義を守って落ち延びました。赤井直正の末裔として元・プロボクサーで現在タレントとして活動している赤井英和がいます。

 

赤井英和の先祖のことについては既にNHKのファミリーヒストリーで取り上げられていますが、大河ドラマ『麒麟がくる』の放送によって明智光秀の研究とともに波多野秀治とその家臣に関する研究が進展するかもしれません。今後、何か新しい発見がされることが期待されます。

 

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

関連記事: 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀
  2. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  3. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵…
  4. 武田信玄の功績とは?百年を見据えた甲斐の虎
  5. 北条早雲、漫画「新九郎奔る」の主人公はどんな武将だったの?
  6. 本多忠勝 本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決
  7. 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語
  8. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀が比叡山焼き討ちを計画していた!織田信長が躊躇するほど徹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐庶
  2. 曹休
  3. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  4. 三国志大学で勉強する公孫瓚

おすすめ記事

  1. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  2. 【大三国志 攻略5】分城のシステムを紹介します。青州最強の●●さんも登場!!
  3. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 費禕
  4. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」 曹丕
  5. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの? 五斗米道(はじめての三国志)
  6. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

三國志雑学

  1. 桃園の誓012
  2. 魯粛と周瑜
  3. 龐統
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック

おすすめ記事

郭嘉 vs 法正 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!? 篤姫 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある? キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将 大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP