コメント機能リリース
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは?

于禁を虐める曹丕




 

于禁(うきん)関羽(かんう)に降伏した後、荊州を攻略した呉の捕虜になってしまい、呉で数年暮らすことになります。

その後于禁は魏に帰ると曹丕(そうひ)からいじめを受けて亡くなってしまいます。

しかし于禁曹丕だけにいじめを受けていたわけではなく、呉にいるときもある人物からいじめを受けていたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

 

 

蜀から呉へ

 

于禁は関羽(かんう)の捕虜になった後、江陵へ移送されこの地で捕虜となっていました。

その後劉備との同盟を破棄して関羽が統治していた荊州を奪った孫権(そんけん)捕虜(ほりょ)となってしまいます。

于禁は孫権の捕虜になったとき、捕らえられていた縄をはずされ、孫権の方から会見を申し入れ、客将として遇されることになります。

しかしここから于禁のつらい日々が始まっていくことになるのです。

 

 

孫権と馬を並べていると…

 

于禁は孫権から客将として優遇されることになります。

孫権は于禁と一緒に馬を走らせようとして隣に来るように言います。

するとそこにたまたま虞翻(ぐほん)が居合わせます。

虞翻は于禁が孫権と一緒に馬を並べて歩こうとしている姿を発見すると大声で

曹操を裏切って降伏してきたお前が、何の権利があって殿と一緒に馬を並べることができるのか。」

と怒鳴りつけて于禁を叱ります。

虞翻は于禁を叱っただけでなく持っていたムチを振るって彼を打ち据えようとします。

しかし孫権が激怒して「やめろ。虞翻」と大声で抑えたため事なきを得ました。

虞翻は孫権に怒られたため、何もしないでその場を去りましたが、于禁いじめはまだ始まったばかりでした。

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

宴会でも激怒

 

孫権は大きな船に諸将を招いて宴会を催します。

虞翻も孫権に招かれて宴会に参加することに。

このとき孫権は客将となっていた于禁も招き、孫権主催の大宴会が始まります。

宴もたけなわになった頃、孫権が音楽をかなでさせます。

すると于禁は涙を流して音楽に聞き入っていました。

于禁が音楽を聴いて泣いている姿を見た虞翻は

「貴様は音楽を聴いて泣いているようだが、本当は泣くつもりなんてないのであろう。そうまでしてまで許されたいのか。」

とここでも大声を張り上げて激怒。

孫権は虞翻の言葉を聴いて宴会が不機嫌のままだったそうです。

虞翻の于禁いじめはこれだけにとどまりませんでした。

 

于禁は処刑するべし

 

孫権は魏との講和がまとまると客将として遇していた于禁を魏へ送り返すことにします。

すると虞翻は

「于禁は数万の兵士を率いていたにもかかわらず、関羽に敗北して捕虜になりました。()へ送り返してもそのまま遇されることになりましょう。

わが呉に取って彼を魏へ送り返しても何の損失にもなりませんが、降伏した罪人を放置したことにはなりましょう。

そこで彼を処刑して忠義を持つことができなかった人物がどのような結末を迎えることになるのか、全軍に見せしめた方がいいと思います。」

と孫権に意見を述べます。

 

孫権は彼の提案を無視して于禁を魏へ送り返すことに。

于禁は最後の最後まで虞翻にいびられながら魏へ帰還することになるのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

于禁は呉にいた時、虞翻に会えば必ず嫌味を言われていました。

しかし魏に帰った于禁は虞翻を褒め称えて恨み言をひとつも言わなかったそうです。

魏の皇帝・曹丕は于禁の言葉を聴いていつ魏に来てもいいように彼の席を作っていたそうです。

それにしてもどうしてここまで虞翻は于禁のことが嫌いだったのでしょうか。

レンの推測ですが、正義の心が強すぎたのではないのでしょうか。

于禁は魏の将軍として戦場に赴いていたにもかかわらず、戦を放棄して降伏する道を選びます。

虞翻は于禁が降伏したのが自分の正義に反する行為であったため、彼を許すことができずに呉にいる間ずっといじめ続けていたと

レンは考えるのですが、皆様はどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権

関連記事:【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)

 

リアリズムと悪の教科書
君主論




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 双流星を振り回している徐盛 徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた
  2. 虎豹騎を率いる曹休 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの?
  3. 姜維 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  4. 陸遜 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった…
  6. 担がれる劉邦 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  7. 周倉とホウ徳 周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回し…
  8. 華雄と呂布 華雄は関羽のかませドッグだった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 怒る孔明
  2. 織田信長
  3. おんな城主 直虎
  4. 夏侯覇の妻は誰?
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 呉の孫堅

おすすめ記事

  1. 匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの? 袁術
  2. 楊端和の性格は男勝りで仲間思いの自信家だった!? キングダム52巻
  3. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 漢の顔良(がんりょう)
  4. 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは? 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  5. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  6. イケメン武将・井伊直政の逸話とは?戦いの傷が多かった?また評判は? 井伊直政

三國志雑学

  1. 賈詡(賈ク)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権
  2. 袁術
  3. 井伊直政
  4. 周倉
  5. 白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)
  6. 坂本龍馬の臨終(暗殺)

おすすめ記事

陳平 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣 諸葛誕 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに? 孔子と儒教 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? 司馬師 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP