法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

南北宋

貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説

宋銭 お金と紙幣




まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

宋代(960年~1279年)は様々なものが発展した時代で有名です。

その代表的なものに〝貨幣〟があります。

貨幣は唐(618年~907年)以前にも存在していたので、別に珍しくもありません。

 

発展したのは〝紙幣〟が誕生したことです。

不思議なことに、それまで紙幣は無かったのです。

ヨーロッパ・アラビア・日本にもありません。

 

中国が最初に作り上げたのです。

今回は宋代の貨幣事情を解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:鎌倉時代のポピュラーな産業や経済は?高利貸業も盛んになった鎌倉時代

関連記事:三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか?

 

 

北宋の貨幣統一策

宋銭 お金と紙幣

 

唐が滅んだ後は乱世の五代十国時代(907年~960年)がしばらく続きます。

各国は勝手に貨幣を鋳造していたので、一定した貨幣は存在しませんでした。

そんな50年以上続いて、建隆元年(960年)に北宋(960年~1127年)が誕生しました。

 

貨幣の不統一に気付いた北宋は、粗悪な貨幣(主に鉄銭)を廃止して質の良い銅銭の鋳造を行うことにしました。

開宝8年(975年)に南方の強国の南唐(937年~975年)を滅ぼして、江南に銅銭が行き渡るようにしました。

 

鉄銭は廃止となり溶かして武器・農機具となりました。

こうして北宋の貨幣統一策は成功した・・・・・・はずでした。

 

 

四川は鉄銭?

 

不思議なことに四川に銅銭は流通しなかったのです。

考えられることは山奥であることから、運搬に不便だということがあったのだと思います。

 

また四川は統一当初、宋の兵士が四川の民に略奪や暴行を働いたので、反朝廷感情の地域でもありました。

実際に四川では北宋第2代皇帝太宗(たいそう)の時代に、王小波(おうしょうは)李順(りじゅん)という人が反乱を起こしています。

このような状態だったので、四川の貨幣は北宋初期は鉄銭でした。

 

また、朝廷も四川に銅銭が入ることを禁じていました。

太平興国4年(979年)に禁令は解除されて流通するようになりますが、あまり浸透しませんでした。

銅銭の価値が上がると、鉄銭の価値は下落します。

逆のパターンも起きます。

 

こんなことが起きると困るのは商人でした。

そんな時に彼らはあるものを作りました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

世界初の紙幣

 

やがて四川の商人組合は、交子というものを作りました。

勝手にやったのではなく、役所の許可を得ていたので違法性ゼロです。

これが世界最初の紙幣です。

 

これが無かったら、『北〇の拳』の名ゼリフ「こんなもんケツを拭く紙にもならないっつうのによ!」は誕生したなかったのです。

すみません脱線したので、軌道修正します。

 

ちなみに、ヨーロッパ最初の紙幣は1789年に作られたアシニヤ紙幣であり、日本は寛文元年(1661年)に福井藩が発行した藩札が最初とされています。

中国最初の紙幣交子は天聖元年(1023年)に作られました。

 

中国は日本・ヨーロッパよりも600~700年以上早かったのです。

交子は四川だけで流通していましたが、なかなか便利だったので、朝廷も目をつけて権利を買い取りました。

 

北宋滅亡後、南宋(1127年~1279年)になってからは会子・関子という名前の変遷をたどりました。

名前の変遷があった理由は、インフレが起きたからです。

南宋は北方の金(1115年~1234年)と長年に渡る戦で勝ったり、負けたりを繰り返したので莫大な負債を抱えました。

金の滅亡後には新たに台頭したモンゴルに圧迫されていきました。

 

さらに、政治に失敗等挙げればいくつも出てきます。

そのため、インフレが起きるたびに紙幣を名称を変更してお金の価値を上げようと苦心したのです。

 

結局、莫大なインフレは解決の糸口が見つかることなく、世界最初の紙幣は宋の滅亡と一緒に消えていくことになりました。

しかし、後世に残した影響は大きくその後の王朝や各国でも紙幣が使用されていくのでした。

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

いやー、疲れました(汗)

やっぱり、経済史は得意分野じゃないのできついです。

 

手元にある本を参考にさせてもらいました。

実は宋代の経済史の研究は始まってから、100年程度です。

新しい分野の学問です。

 

ちなみに戦前は宋代経済史の研究が多かったのです。

興味がある人は調べてみてください。

 

※参考文献

・河上光一『宋代の経済生活』(吉川弘文館 1966年)

 

関連記事:ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した!

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋

 

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 耶律阿保機 契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは?…
  2. 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士 謎の書物『契丹古伝』とは何?騎馬民族征服王朝説を解説
  4. 西夏王陵 / wikipedia 西夏王陵とは何?東宝のピラミッドと呼ばれる9つ西夏の王陵を紹介
  5. 科挙の難易度は東大どころじゃないってホント?
  6. 茶を飲む張角(太平道) 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命
  7. 女真族は辮髪 女真族は強かったの?条約の裏に隠された完顔阿骨打の頭脳プレイとは…
  8. 水月観音像(仏像) 宋代における仏教はどうだった?北宋第6代皇帝・神宗の影響もあった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 蜀の姜維
  3. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 袁術
  6. 三国志 人気武将ランキング
  7. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ 雷怖くない 能ある劉備
  2. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  3. 【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 司馬師とはどんな人?クーデターを成功させた晋建国の功労者 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  5. 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!? 愛妻家の魏の将軍、郭淮
  6. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

三國志雑学

  1. 李典
  2. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  3. 関羽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 暴れまわる異民族に困る梁習
  2. 曹叡
  3. 馬にまたがって戦う明智光秀
  4. 曹操と黄巾賊
  5. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  6. 呉の勢力を率いる孫策

おすすめ記事

伊藤博文 初代内閣総理大臣・伊藤博文とその子孫はどうなったの? 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの?? 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!? 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった? 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ 周泰(しゅうたい) 徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP