法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

漢代の中国が舞台のボードゲーム「漢(ハン)」について調べてみた

漢(ハン)HAN amazon引用




張良と劉邦が楚漢戦争のゲームをプレイ

 

中国が舞台になったゲームといえば

皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

やはり

三国志』がモデルになった

テレビゲームでしょうか?

最近では『キングダム』のスマホゲーム

なんかも出ていますよね。

 

しかし、

そういったテレビゲームやスマホゲームだけではなく

ボードゲームも存在するのです。

地味にアナログゲームブームが来ている昨今、

アナログゲーム好きの中で

ちょっぴり噂になっている

中国が舞台のボードゲーム、

その名も「漢(ハン)」!

 

その名前から想像するに

どうやら漢代の中国を舞台にした

ボードゲームなのでしょうが、

ドイツ語の説明しか無いので

正直よくわかりません。

 

今回はこの謎のゲーム「漢」について

頑張ってご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

関連記事:三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

 

 

「王と枢機卿」のリメイクの「チャイナ」をさらにリメイク

漢(ハン)HAN amazon引用

 

この「漢」というボードゲームは

どうやら「王と枢機卿」のリメイクゲームである

「チャイナ」というボードゲームを

更にリメイクしたゲームなのだそう。

 

「王と枢機卿」というのは

ヨーロッパの地図上で繰り広げる陣取りゲームで、

「チャイナ」というのは

中国の地図上で繰り広げる陣取りゲーム。

 

「漢」もおそらく「チャイナ」と同様

中国の地図上で陣取りゲームをするのでしょうが、

周辺の異民族と陣取りを演じるのでしょうかね?

 

とにもかくにも

リメイクにリメイクを重ねた

ボードゲームということで

「なかなか完成度の高いものなのでは?」

と期待が膨らみます。

 

 

地図は…戦国時代?

漢(ハン)HAN amazon引用

 

ではさっそく

ボードゲームの中身を確認してみましょう。

 

「漢」を開けてみると

色とりどりのコマのようなものと

たくさんのカードと

両面に地図が描かれているボードが出てきます。

 

コマのようなものは

青・赤・緑・黄色・紫の

二重の三角屋根の家の形をした「家」と

青・赤・緑・黄色・紫の

円柱に円錐の屋根がくっついた形をした「使節」、

黒の灯台のような形をした「皇帝」

黒くて丸いコースターのような「評価石」

黒くて四角いコースターのような「マーカー」

といった内容になっています。

 

カードは6種類で

「Lu(魯)」「Zhao(趙)」と書かれたオレンジ、

「Wei(魏)」「Shu(蜀)」と書かれた赤、

「Han(韓)」「Yan(燕)」と書かれた緑、

「Chin(秦)」「Qi(斉)」と書かれた黄色

「Chu(楚)」と書かれた紫と

カラフルな「カードポイント」があります。

 

そして地図が描かれたボードには

オレンジの部分には「Lu(魯)」「Zhao(趙)」

赤の部分には「Wei(魏)」「Shu(蜀)」、

緑の部分には「Han(韓)」「Yan(燕)」

黄色の部分には「Chin(秦)」「Qi(斉)」

紫の部分には「Chu(楚)」の文字が…。

 

皆さんもカードの紹介をしたときに

既に「ん?」と思ったことでしょう。

このボードゲームの舞台、

絶対に漢代ではありません

多分

春秋戦国時代を意識して作っています

 

おそらくこのボードゲームを作った

ドイツの会社の人たちは

中国の代名詞的な気持ちで「漢」と名付けただけで、

漢代のことなど別に意識していなかったのでしょうね。

 

ルールはざっくりこんな感じ

漢(ハン)HAN amazon引用

 

「漢」は2~5人で遊べるボードゲームです。

ボードは2~4人マップと4~5人マップがあります。

 

皇帝のコマをスタートプレイヤーが持ち、

ボードの横に表にしたカードを4枚、

裏を向けた山札をセット。

それぞれ

3枚の手札を持ってレッツスタートです。

 

手札にあるカードと同じ色の国に

自分の「家」や「使節」のコマを

置くことができます。

ただし

1ターンに2個までコマを置けるそうですが、

初めてコマを置く国には1つしか置けません。

 

ちなみに

同じ色のカードが2枚あった場合には

どの色の国にも

「家」や「使節」のコマを置けるそうです。

 

最終的には

置いた「家」と「使節」の数を

それぞれ数えて計算し、

総合点の高さを競います。

 

「要塞」「港」「国境の街」

といった要素もあるので

単に「家」や「使節」を

置きまくっておけばいいというわけではありません。

 

意外と頭を使うゲームでもあるので

皆さんも是非遊んでみてくださいね。

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

漢王朝時代のゲームかと思いきや

春秋戦国時代のゲームっぽい「漢」。

 

今回は紹介しきれませんでしたが

細かいルールがたくさんあって

やりごたえのあるゲームのようです。

 

「漢」はアマゾンで購入できるので

この機会にぜひお試しください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【歴史好き向け】歴史ロマンに浸れる神ゲーム5選

関連記事:侍と忍者は世界でも大人気!!侍と忍者が登場するゲーム5選

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔明による出師の表 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  2. 劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析
  3. 曹操様お守りします 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  4. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  5. 董卓 城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか?
  6. 孟獲キャッチコピー [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  7. 曹芳 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起き…
  8. 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)
  2. 曹丕
  3. 孫権 弔い出陣
  4. 曹操50万の兵
  5. 海賊時代の孫堅

おすすめ記事

  1. 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!? 劉邦
  3. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された 曹操と機密保持
  4. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 項羽(はじめての三国志)
  5. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた 孔明もコペルニクスに似ていた
  6. 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

三國志雑学

  1. 虎豹騎を率いる曹休
  2. 劉備 婿
  3. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  4. 孔明の罠
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 董卓
  2. 前原一誠

おすすめ記事

三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ? かぼちゃと孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第2話:三国夢幻演義 龍の少年「龍の目覚め」配信中 韓信vs孔明 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった? 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】 劉備 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男 リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操 【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP