ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?




三国志 麻雀

 

人間にとって娯楽は大切なもの。

 

kawauso 投壺

 

三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

 

関羽 囲碁

 

関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

といった記事でも紹介しました通り、

ゲーム好きは三国時代の人たちも、現代人と変わりません。

 

漢から三国時代にかけてブームになったという六博(りくはく)』。

いったいどんなゲームだったのでしょうか?

 

 

墳墓から発見された不思議なダイス

古代ゲーム 出典

(写真出典元:NIHON WORLD)

 

2015年11月、山東省濰坊市の墳墓から、

サイコロやタイルといった副葬品が発見されました。

 

サイコロ 出典

(写真出典元:NIHON WORLD)

 

この墳墓はおよそ2300年ほど前のもの。

戦国時代末期から秦代の物と考えられており

研究者によれば『六博』と呼ばれたゲームの一種に似ているということです。

 

この墳墓は差し渡し100mを超える大規模なものですが、

度々盗掘にあった形跡が残っており、発見

されたサイコロの側から、墓泥棒のものと

思しき遺骨も発見されているそうです。

 

盗掘しに墳墓の中に侵入したはいいが、

何かの理由で閉じ込められてしまったのでしょうか?

 

墓泥棒が発見したのが、自分より先に誰かが

散々に荒らした墓の惨状と、墓の中では

対戦相手もいないから遊ぶこともできない

ボードゲームだけだったとしたら、これは

ずいぶんと皮肉な話です。

 

 

ボードゲームの発祥の地はトルコだった?

 

2013年8月、トルコ南東部にある古墳から、

サイコロや様々な形のトークンが発掘されました。

 

この古墳は約5000年ほど前の物と推定されていますが、

発見されたダイスやトークンは放射性炭素年代測定によって

紀元前3000年頃のものであることが判明しています。

 

古墳が建設された時代とは食い違っています。

どのような経緯でそれが古墳に持ち込まれたかは不明ですが、

 

考古学者によれば、そのダイスやトークンは

世界最古のボードゲームである可能性もあると指摘しています。

 

発見されている最古のボードゲーム:セネト

セネトをしているネフェルタリ wiki

(セネトをしている女王ネフェルタリ 出典元:wikipedia)

 

一般的に、現在発見されている最古のボードゲームは、

エジプトの紀元前3500年頃の遺跡から発見されている

『セネト』というゲームだとされています。

 

アメンホテプ3世の墓から出土したセネト wiki

(アメンホテプ3世の墓から出土したセネト 出典元:wikipedia)

 

これは盤面上のコマを、サイコロ代わりの動物の骨を投げ

移動させて競うゲームでした。

後の『バックギャモン』などのゲームの原点とも考えられます。

 

 

『六博』は謎に満ちたゲームだった。

六博に興ずる人を描いた後漢の陶俑 wiki

(六博に興ずる人を描いた後漢の陶俑 写真出典元:wikipedia)

 

さて、肝心の『六博』ですが、

実はどういうゲームなのか、さっぱりわかりません。

漢から三国時代にかけて流行したとされていますが、

南北朝時代に入るとその人気が廃れ、現代には伝わっていません。

 

漢の時代の歴史学者で、『漢書』を記した班固という人物は、

自身の著作で『六博』と囲碁を比べて、囲碁の方が優れていると

そう書き残しています。

 

『六博』はプレイヤー二人が囲碁や将棋のように対戦するゲームで、

盤上のコマを、サイコロを使って動かして競い合うという意味では

『セネト』や『バックギャモン』と似ていますが、

 

一方、将棋のようにコマを取り合うルールもあったようで、

どうやら『サイコロを使う偶然性のある将棋』

といった感じのゲームであったようです。

 

 

方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)にソックリ

前漢の方格規矩鏡 wiki

(前漢の方格規矩鏡 写真出典元:wikipedia)

 

面白いことに、この『六博』というゲームに使われた盤面は、

漢から晋の時代に多く作られた方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)

という銅鏡の裏面の文様とそっくりとされています。

 

方格規矩鏡には、他にも四神や十二支を意味する文様があり、

占いと関係があることから、『六博』もまた、そもそもは

占いに用いられた道具であったとする説もあるようです。

 

なぜ『六博』は廃れてしまったのか?

 

『六博』が廃れたのは、将棋や囲碁の登場が大きく関係しているようです。

コマを使った対戦、という意味で『六博』は将棋に似ていますが、

将棋のルールが確立すると、サイコロの目の偶然性に依存する

『六博』は嫌われてしまったのかも、しれません。

 

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

 

三國志ライター 石川克世のひとりごと

石川克世

 

『六博』は真面目に勝負するゲームというより、

酒の席の余興など、わりと気軽に騒ぎながら遊ぶゲームだったようです。

三国時代にはまだまだ人気があったという『六博』

 

劉備と曹操

 

曹操劉備と言った英雄たちも酒盃を交わしながら、この『六博』に興じたりしたのでしょうか。

 

それでは、次回もまたお付き合いください。 再見!!

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 





石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 法正が亡くなり悲しむ劉備 法正の病死直前までの働きぶりがブラックすぎる件を考察
  2. 関羽の呪いで殺される呂蒙 関羽の逸話は民間伝承の影響でキャラがブレた?死後の怨念がド迫力す…
  3. 連幹の計 呂布 貂蝉 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  4. 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  5. 楽進 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  6. 後継者争いで悩む孫権 【孫権晩年事件録】呂壹事件で孫権の謝罪を考察
  7. 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  8. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 沖田総司 幕末
  2. 劉備と関平たち
  3. 関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう)
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

  1. ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった!
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】
  3. 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 陸遜
  4. キングダムネタバレ予想「エンポ爺は助からない!?」
  5. よかミカンって、何者?
  6. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編 李典

三國志雑学

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  3. 孔明と司馬懿
  4. 曹操から逃げ回る劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キレる曹操2
  2. 水月観音像(仏像)
  3. 曹嵩
  4. 蜀の劉琦

おすすめ記事

チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男 袁紹と曹操 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介 袁術 皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る 魔王曹操 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について 魏延と孔明 【8月の見どころ】8/25公開予定:三国志演義李卓吾本に記される魏延粛清作戦を解説予定 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP