袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

この記事の所要時間: 312




三国志 麻雀

 

人間にとって娯楽は大切なもの。

 

kawauso 投壺

 

三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

 

関羽 囲碁

関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

といった記事でも紹介しました通り、

ゲーム好きは三国時代の人たちも、現代人と変わりません。

 

漢から三国時代にかけてブームになったという『六博(りくはく)』。

いったいどんなゲームだったのでしょうか?




墳墓から発見された不思議なダイス

古代ゲーム 出典

(写真出典元:NIHON WORLD)

2015年11月、山東省濰坊市の墳墓から、

サイコロやタイルといった副葬品が発見されました。

 

サイコロ 出典

(写真出典元:NIHON WORLD)

この墳墓はおよそ2300年ほど前のもの。

戦国時代末期から秦代の物と考えられており

研究者によれば『六博』と呼ばれたゲームの一種に似ているということです。

 

この墳墓は差し渡し100mを超える大規模なものですが、

度々盗掘にあった形跡が残っており、発見

されたサイコロの側から、墓泥棒のものと

思しき遺骨も発見されているそうです。

 

盗掘しに墳墓の中に侵入したはいいが、

何かの理由で閉じ込められてしまったのでしょうか?

 

墓泥棒が発見したのが、自分より先に誰かが

散々に荒らした墓の惨状と、墓の中では

対戦相手もいないから遊ぶこともできない

ボードゲームだけだったとしたら、これは

ずいぶんと皮肉な話です。




ボードゲームの発祥の地はトルコだった?

 

2013年8月、トルコ南東部にある古墳から、

サイコロや様々な形のトークンが発掘されました。

 

この古墳は約5000年ほど前の物と推定されていますが、

発見されたダイスやトークンは放射性炭素年代測定によって

紀元前3000年頃のものであることが判明しています。

 

古墳が建設された時代とは食い違っています。

どのような経緯でそれが古墳に持ち込まれたかは不明ですが、

 

考古学者によれば、そのダイスやトークンは

世界最古のボードゲームである可能性もあると指摘しています。

 

発見されている最古のボードゲーム:セネト

セネトをしているネフェルタリ wiki

(セネトをしている女王ネフェルタリ 出典元:wikipedia)

 

一般的に、現在発見されている最古のボードゲームは、

エジプトの紀元前3500年頃の遺跡から発見されている

『セネト』というゲームだとされています。

 

アメンホテプ3世の墓から出土したセネト wiki

(アメンホテプ3世の墓から出土したセネト 出典元:wikipedia)

 

これは盤面上のコマを、サイコロ代わりの動物の骨を投げ

移動させて競うゲームでした。

後の『バックギャモン』などのゲームの原点とも考えられます。

 

 

『六博』は謎に満ちたゲームだった。

六博に興ずる人を描いた後漢の陶俑 wiki

(六博に興ずる人を描いた後漢の陶俑 写真出典元:wikipedia)

 

さて、肝心の『六博』ですが、

実はどういうゲームなのか、さっぱりわかりません。

漢から三国時代にかけて流行したとされていますが、

南北朝時代に入るとその人気が廃れ、現代には伝わっていません。

 

漢の時代の歴史学者で、『漢書』を記した班固という人物は、

自身の著作で『六博』と囲碁を比べて、囲碁の方が優れていると

そう書き残しています。

 

『六博』はプレイヤー二人が囲碁や将棋のように対戦するゲームで、

盤上のコマを、サイコロを使って動かして競い合うという意味では

『セネト』や『バックギャモン』と似ていますが、

 

一方、将棋のようにコマを取り合うルールもあったようで、

どうやら『サイコロを使う偶然性のある将棋』

といった感じのゲームであったようです。

 

方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)にソックリ

前漢の方格規矩鏡 wiki

(前漢の方格規矩鏡 写真出典元:wikipedia)

面白いことに、この『六博』というゲームに使われた盤面は、

漢から晋の時代に多く作られた方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)

という銅鏡の裏面の文様とそっくりとされています。

 

方格規矩鏡には、他にも四神や十二支を意味する文様があり、

占いと関係があることから、『六博』もまた、そもそもは

占いに用いられた道具であったとする説もあるようです。

 

なぜ『六博』は廃れてしまったのか?

 

『六博』が廃れたのは、将棋や囲碁の登場が大きく関係しているようです。

コマを使った対戦、という意味で『六博』は将棋に似ていますが、

将棋のルールが確立すると、サイコロの目の偶然性に依存する

『六博』は嫌われてしまったのかも、しれません。

 

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

 

三國志ライター 石川克世のひとりごと

石川克世

 

『六博』は真面目に勝負するゲームというより、

酒の席の余興など、わりと気軽に騒ぎながら遊ぶゲームだったようです。

三国時代にはまだまだ人気があったという『六博』

 

劉備と曹操

 

曹操劉備と言った英雄たちも酒盃を交わしながら、この『六博』に興じたりしたのでしょうか。

 

それでは、次回もまたお付き合いください。 再見!!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

真田丸 劉備

 

関連記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/1…
  3. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  4. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  5. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  6. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  7. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  8. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  2. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う
  3. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  4. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  6. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 78話:龐統初登場、連環の計発動! 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

おすすめ記事

  1. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  2. 中国史における農民反乱についての考察
  3. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  4. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  5. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  6. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  7. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  8. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP