曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?




三国志 麻雀

 

人間にとって娯楽は大切なもの。

 

kawauso 投壺

 

三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

 

関羽 囲碁

 

関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

といった記事でも紹介しました通り、

ゲーム好きは三国時代の人たちも、現代人と変わりません。

 

漢から三国時代にかけてブームになったという六博(りくはく)』。

いったいどんなゲームだったのでしょうか?

 

 

墳墓から発見された不思議なダイス

古代ゲーム 出典

(写真出典元:NIHON WORLD)

 

2015年11月、山東省濰坊市の墳墓から、

サイコロやタイルといった副葬品が発見されました。

 

サイコロ 出典

(写真出典元:NIHON WORLD)

 

この墳墓はおよそ2300年ほど前のもの。

戦国時代末期から秦代の物と考えられており

研究者によれば『六博』と呼ばれたゲームの一種に似ているということです。

 

この墳墓は差し渡し100mを超える大規模なものですが、

度々盗掘にあった形跡が残っており、発見

されたサイコロの側から、墓泥棒のものと

思しき遺骨も発見されているそうです。

 

盗掘しに墳墓の中に侵入したはいいが、

何かの理由で閉じ込められてしまったのでしょうか?

 

墓泥棒が発見したのが、自分より先に誰かが

散々に荒らした墓の惨状と、墓の中では

対戦相手もいないから遊ぶこともできない

ボードゲームだけだったとしたら、これは

ずいぶんと皮肉な話です。

 

 

ボードゲームの発祥の地はトルコだった?

 

2013年8月、トルコ南東部にある古墳から、

サイコロや様々な形のトークンが発掘されました。

 

この古墳は約5000年ほど前の物と推定されていますが、

発見されたダイスやトークンは放射性炭素年代測定によって

紀元前3000年頃のものであることが判明しています。

 

古墳が建設された時代とは食い違っています。

どのような経緯でそれが古墳に持ち込まれたかは不明ですが、

 

考古学者によれば、そのダイスやトークンは

世界最古のボードゲームである可能性もあると指摘しています。

 

発見されている最古のボードゲーム:セネト

セネトをしているネフェルタリ wiki

(セネトをしている女王ネフェルタリ 出典元:wikipedia)

 

一般的に、現在発見されている最古のボードゲームは、

エジプトの紀元前3500年頃の遺跡から発見されている

『セネト』というゲームだとされています。

 

アメンホテプ3世の墓から出土したセネト wiki

(アメンホテプ3世の墓から出土したセネト 出典元:wikipedia)

 

これは盤面上のコマを、サイコロ代わりの動物の骨を投げ

移動させて競うゲームでした。

後の『バックギャモン』などのゲームの原点とも考えられます。

 

 

『六博』は謎に満ちたゲームだった。

六博に興ずる人を描いた後漢の陶俑 wiki

(六博に興ずる人を描いた後漢の陶俑 写真出典元:wikipedia)

 

さて、肝心の『六博』ですが、

実はどういうゲームなのか、さっぱりわかりません。

漢から三国時代にかけて流行したとされていますが、

南北朝時代に入るとその人気が廃れ、現代には伝わっていません。

 

漢の時代の歴史学者で、『漢書』を記した班固という人物は、

自身の著作で『六博』と囲碁を比べて、囲碁の方が優れていると

そう書き残しています。

 

『六博』はプレイヤー二人が囲碁や将棋のように対戦するゲームで、

盤上のコマを、サイコロを使って動かして競い合うという意味では

『セネト』や『バックギャモン』と似ていますが、

 

一方、将棋のようにコマを取り合うルールもあったようで、

どうやら『サイコロを使う偶然性のある将棋』

といった感じのゲームであったようです。

 

 

方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)にソックリ

前漢の方格規矩鏡 wiki

(前漢の方格規矩鏡 写真出典元:wikipedia)

 

面白いことに、この『六博』というゲームに使われた盤面は、

漢から晋の時代に多く作られた方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)

という銅鏡の裏面の文様とそっくりとされています。

 

方格規矩鏡には、他にも四神や十二支を意味する文様があり、

占いと関係があることから、『六博』もまた、そもそもは

占いに用いられた道具であったとする説もあるようです。

 

なぜ『六博』は廃れてしまったのか?

 

『六博』が廃れたのは、将棋や囲碁の登場が大きく関係しているようです。

コマを使った対戦、という意味で『六博』は将棋に似ていますが、

将棋のルールが確立すると、サイコロの目の偶然性に依存する

『六博』は嫌われてしまったのかも、しれません。

 

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

 

三國志ライター 石川克世のひとりごと

石川克世

 

『六博』は真面目に勝負するゲームというより、

酒の席の余興など、わりと気軽に騒ぎながら遊ぶゲームだったようです。

三国時代にはまだまだ人気があったという『六博』

 

劉備と曹操

 

曹操劉備と言った英雄たちも酒盃を交わしながら、この『六博』に興じたりしたのでしょうか。

 

それでは、次回もまたお付き合いください。 再見!!

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 





関連記事

  1. 三国志時代の巫女(女性)
  2. 孔明
  3. 袁術を励ます魯粛
  4. 曹操は褒め上手

    はじめての変

    三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

    三国志演義では、劉備(りゅうび)の冷酷なライバルとして、…

  5. 土いじりをする劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP