コメント機能リリース
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

邪馬台国

邪馬台国VS狗奴国の戦乱後、 狗奴国の存在は?スサノオはどうなったの?

スサノオノミコト(日本神話)




 

卑弥呼(ひみこ)率いる、邪馬台国(やまたいこく)との壮絶な戦の後、狗奴国(くなこく)はどうなったのか?と気になるところでしょう。

探っていきましょう!

 

魏志倭人伝(ぎしわじんでん
)
』にはそのことは一切書かれていません。

また、邪馬台国が滅亡に追い込まれたとされる、「神武東征」の時も、狗奴国の存在は出てきませんでしたね。

 

参考記事⇛⇛邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇)

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

 

 

和睦した?根拠その1

卑弥呼 HMK48

 

結論から言って、和睦(わぼく)したということではないでしょうか。

 

根拠は、『魏志倭人伝』などの中国の歴史書には、邪馬台国VS狗奴国の戦争の結果が書かれていないということです。

しかし、はっきりしているのは、邪馬台国は勝ってはいない、ということなのです。

 

邪馬台国が勝っていたなら、勝ったと『魏志倭人伝』に書かれているはずです。

 

前に話しましたように『魏志倭人伝』は、()とその後継者の西晋(せいしん)を持ち上げる意図があったのです。

ですから、その魏に臣従の意を示した、邪馬台国も持ち上げられて、書かれるはずです。

 

ですから、勝ったなら、勝ったと書かれるでしょう。

 

逆に、弱く、敗北した国とは書けないですね。

 

しかし、

 

『魏志倭人伝』の記述を見ると、邪馬台国は継続したと書かれていますから、負けてはない可能性が高いですね。そうすると、和睦したという選択肢が有力になるのです。

 

 

和睦した?根拠その2

ニギハヤヒ(日本神話)

 

その後の邪馬台国、大和地域がどうなったか(の歴史)を見ると、見えてくるのです。

 

出雲(いずも)系のニギハヤヒノミコトが王位を継ぎ、

出雲系の葛城氏が邪馬台国軍の中で強い勢力となったのです。

 

これらのことを併せて考察すると、狗奴国のスサノオ(卑弥弓呼(ひみここ))とも繋がりのあった出雲系が邪馬台国の王権を握るような形になったのです。つまり、最後は、狗奴国が邪馬台国を取り込んだと言えるのでしょうか?

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

スサノオ(卑弥弓呼)の行方は?

スサノオノミコト(日本神話)

 

卑弥呼(アマテラス)との交戦中あたりに死去したと考えられるでしょうか。

 

根拠その1は、

後に邪馬台国と狗奴国が和睦したからです。

これまで好戦的な姿勢を見せてきた、スサノオの存命中の和睦は考えられなかったのではないでしょうか?

 

根拠その2は、

 

(邪馬台国VS狗奴国戦争の)戦後となると、卑弥呼の死後ということになるでしょう。

卑弥呼の死去の時期は、247年~248年あたりと伝わっています

その頃には、卑弥呼もスサノオも、共に90歳前後に達していたと考えられるでしょう。

 

いつ人生を終えてもおかしくない老年期です。

 

卑弥呼は、表には顔を出さずに、表へは全て王弟を通して、言伝てしていたと言います。

かなりの高齢だったことを想像できます。

 

(また、この王弟の存在が気になりますか、血縁関係があったかどうかという問題も含め、別の機会に探っていきたいところです。)

 

スサノオも、政治・軍事の第一線から退いていた可能性は高いでしょうし、男性のスサノオの方が、一般的に考えると、女性よりも短命に終わることが多いため、卑弥呼よりも、早く死去した可能性が高いでしょう。

スサノオは、卑弥呼=アマテラスの弟になりますが、双子とも伝わっているくらいですから、歳の差は僅かだったと考えられるでしょうか。

 

邪馬台国VS狗奴国戦争の後半には、狗奴国軍の統率はスサノオの手から離れていたでしょうか。

 

もしかしたら、その時の狗奴国軍の統率は、天孫降臨の際に、諏訪に謹慎させられていたとされる、出雲王・オオクニヌシの次男、タケミナカタ(建御名方神)の手にあったかもしれません。現在でも、諏訪大社や諏訪明神の神様として、崇められている訳ですから、狗奴国の王や総大将の立場なっていたとも考えても不思議ではありません。

 

 

スサノオと卑弥呼の墓標

アマテラスVSスサノオ(古事記)

 

スサノオの死後は、どこに葬られたでしょうか?やはり、狗奴国の根拠地とされる熱田あたりでしょうか。熱田近くにある津島神社(愛知県津島市)の主祭神はスサノオと伝わっているので、その可能性も高いと考えられるでしょう。

 

一方で、卑弥呼の墓は、大和の箸墓古墳(はしはかこふん)であったとしますと、加えて、アマテラス=卑弥呼だったとすると、なぜ、卑弥呼(アマテラス)は伊勢で祀られているのか?という疑問も出てきます。

 

なぜ、スサノオの領域の東海へ?ということなのです。

 

おそらく、卑弥呼の死後、数年の時を経て、卑弥呼はアマテラスとして、伊勢へ祀られたのではないでしょうか!それは、邪馬台国の王位を出雲系のニギハヤヒノミコトが継いだためでしょう。

 

ニギハヤヒが、アマテラスとして伊勢に祀ることを始めたとも考えられます。ニギハヤヒが邪馬台国の王位を継いだ頃は、狗奴国とは和睦をしていて、一層の強い結びつきの必要があったからではないでしょうか?

 

邪馬台国と狗奴国の抗争の遺恨を消し去る必要があったのです。そこで、卑弥呼は、アマテラスとして伊勢へ、海を挟んで向かい側の熱田には、 スサノオが祀られました。姉と弟が仲良く向かい合わせに、という意味合いもあったかもしれません。

 

連携したのは、新たなる敵の影に備えて?

カムヤマト(日本神話)

 

そして、その狗奴国と邪馬台国の連携は、迫り来る勢力に備えて、団結する必要があったのでは?とも考えられそうです。その迫り来る勢力こそ、カムヤマト(神武天皇)だったのではないでしょうか?

 

【参考資料】

天白紀行 増補改訂版 (日本の古層1)

神殺し・縄文 (人間社文庫―日本の古層)

出雲と大和――古代国家の原像をたずねて (岩波新書)

新書821伊勢と出雲 (平凡社新書)

新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (岩波文庫)

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】

関連記事:卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

 




コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. 狗奴国は邪馬台国と対立 卑弥呼を苦しめた狗奴国の勢力はどのくらいだったの?
  2. 難斗米(なしめ) 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  3. 邪馬台国と卑弥呼軍 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの?
  4. コーノヒロ(はじめての三国志ライター) 「壬申の乱」が古代日本のフェミニズム時代をもたらした?持統帝の存…
  5. 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られ…
  6. 狗奴国は邪馬台国と対立 狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解…
  7. 卑弥呼 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!
  8. コーノヒロさん(はじめての三国志ライター) 【壬申の乱の謎】天武帝は新羅と同盟を結んでいた?大海人皇子が予測…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 敵対勢力を殺害する賈南風
  3. 呂布VS劉備三兄弟
  4. キングダム
  5. 玉乗りをしている阿部正弘
  6. 宦官

おすすめ記事

  1. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  2. 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介 太史慈
  3. 夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの?? 曹操と夏侯惇
  4. 岳飛の死後の南宋官界の状況はどうなったの?岳飛の死に影響はあった? 岳飛(南宋の軍人)
  5. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  6. 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母 燃える本能寺

三國志雑学

  1. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  2. 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 曹操50万の兵
  4. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん
  2. 劉備と酒を交わす曹操
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  4. 現実主義曹操
  5. 側室の女性達を励ます甄氏

おすすめ記事

後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!??? 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた 日本に目指さした孫権 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP