魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介

赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉




周倉

 

架空の人物でありながら高い人気を誇る周倉(しゅう そう)。その人気の秘密はむしろ架空の人物であることにあるのかもしれません。実在する人物については「史実と違う!」などと批判が殺到しやすいものですが、架空の人物にはそのような心配がありません。

 

あらゆる設定を押し付けるのに架空の人物ほど都合の良い存在があるでしょうか?というわけでなんともハイスペックな設定が盛り込まれているのが周倉なのです。なんとこの周倉関羽(かんう)の愛馬・赤兎馬(せきとば)に匹敵するスペックをお持ちなのだとか。

 

今回は、周倉の化け物伝説についてご紹介していきましょう。

 

自称・皇帝
当コンテンツは
「周倉 赤兎馬
「周倉 伝説」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの?

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

 

 

赤兎馬と同じ速度で走り続けた男

周倉と裴元紹

 

「いやいや、人と馬を比べてもしょうがないでしょう。」

 

そんな声が聞こえてくる気がしますが、周倉については別格なのです。

 

なぜなら彼は馬に乗らずに赤兎馬と同じスピードで走ることができたという伝説を持っていたのですから!馬といえば競馬のために品種改良されたサラブレッドで時速60kmほどの速さで走ることができます。

 

千里の馬と呼ばれた赤兎馬のことですから、ここまで速くはないにせよ、この速さに匹敵するスピードで千里を駆け抜けたことでしょう。一方、人間であれば一瞬だけ時速50kmを出すのが限界。

 

長距離ランナーであるマラソン選手は時速20kmほどの速さのようです。これらのことに鑑みれば、人間であるはずの周倉が赤兎馬と同じ速さで走っていたということがどれほど異常なことであるかお分かりいただけると思います。空想の世界とはいえ、超人すぎる周倉に驚かずにはいられませんね。

 

 

馬を担いで赤兎馬に乗った関羽を追いかけた!?

周倉

 

主人である関羽に常に付き従っていたいという思いの強さが周倉の超人的スペックを生み出した…。そう考えるとなんとも微笑ましいこの設定ですが、

明朝末期に馮夢竜(ふう むりゅう)という人物が編んだ『笑府(しょうふ)』という笑話集においてこの設定が更にパワーアップ。

 

 

ますますおかしなことになっています。周倉が馬にも乗らずに戦場を走り回る様子を憐れんだ関羽は赤兎馬並みに走ることができる馬を周倉にプレゼントしようと考えます。

 

しかし、当然ながら千里の馬を駆ける赤兎馬に匹敵する名馬など簡単には見つかりません。そこで関羽は仕方がなく九百里を駆ける馬を周倉にプレゼントすることにしました。周倉はこの九百里を駆ける名馬をありがたく受け取ったのですが、やはり九百里以上の道のりを進むことができません。

 

そのため、

一日走れば百里離され、

二日走れば二百里離され…。

 

とても関羽に追いつくことができないのです。

 

「関羽様に追いつきたい…!

でも、もらった馬も無下に扱えない…!」

 

悩みに悩んだ周倉、とんでもないことを思いつきます。九百里は馬に乗って駆け、残りの百里は馬を担いで自分の脚で駆けたのです。こうして周倉は関羽から片時も離れることなく、関羽からもらった馬も大切にすることができたのでした。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

足の裏の3本の毛に秘密が…!?

呂蒙

 

周倉の足の速さについてはこのようなエピソードも残されています。関羽から荊州(けいしゅう)を奪還しようと考えていた呂蒙(りょもう)

 

しかし、何度関羽に戦いを挑んでも、赤兎馬に乗る関羽に常に付き従い、タイミングよく青龍刀を渡す周倉が邪魔でうまく事が運びません。そんな呂蒙は夢で華雄から周倉の秘密を暴く方法を授けられます。

 

呂蒙はニヤリ。

 

早速その方法を試してみるべく、周倉と同郷の人物を買収して周倉の元を訪ねさせました。久しぶりの友との再会に心を弾ませる周倉。

 

お酒もいい具合に進んだ頃、同郷の人が次のように話を振りました。

 

「君の脚の裏には毛が生えていて、

その毛のおかげで赤兎馬並みに速く走れるんだって?」

 

この言葉を聞いた周倉は土踏まずに生えた三本の毛を得意げに見せ、その素晴らしさを語ります。

 

同郷の人は周倉を褒めそやし、更に酒をすすめて酔わせ、周倉が酔っぱらってひっくり返ったところで

…プチプチプチン!

 

3本の毛を全て抜いてしまったのです…!

 

毛を抜かれた周倉は速く走ることができなくなり、関羽は周倉からタイミングよく青龍刀を受け取ることができず呂蒙に捕まってしまったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

周倉の伝説は面白いものばかりですね。

 

これぞ、

架空の人物の醍醐味ともいえるでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

関連記事:周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説…
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  3. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  4. 陸遜と孫権 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  5. 朱然と陸遜 朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?
  6. 曹操から逃げ回る劉備 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある
  7. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?
  8. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 始皇帝(キングダム)
  2. 荒れる黄河
  3. 岳飛(南宋の軍人)
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 袁紹VS公孫瓚
  6. 司馬懿と曹操

おすすめ記事

  1. 帯来洞主とはどんな人?孟獲の良きパートナーでもあり義理の弟を紹介 帯来洞主(南蛮族)
  2. 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る 夏侯惇
  3. 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介 孔子と儒教
  4. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌
  5. アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー
  6. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 李姫
  3. 奮闘する黄蓋
  4. ロボ関羽
  5. 赤壁の戦いで敗北する曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と羊

おすすめ記事

兀突骨 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 吉田松陰と久坂玄瑞の手紙、「長州白熱教室」君ならどう考える? 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 韓信と劉邦 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年10月28日〜11月5日) 魯粛と周瑜が詐欺を決行 ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる 司馬懿対孔明 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの? 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP