【西夏】タングート族は塩を巡って北宋と何度も戦争!青白塩問題について解説


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

西夏の旗の兵士

 

西夏(せいか)(1038年~1227年)は現在の中国の甘粛省(かんしゅくしょう
)
寧夏回族自治区(ねいかかいぞくじちく
)
に建国されていた王朝であり、他の名前ではタングート族と呼ばれていました。

 

「宋」の国旗をバックとした兵士

 

北宋(ほくそう)(960年~1127年)の第4代皇帝仁宗(じんそう)の時代には戦争を行うほどの対立関係でした。南宋(なんそう)(1127年~1279年)建国後も対立していますが、北宋ほどの状態ではありません。ところで、タングート族が北宋と争っていたものに「塩」があります。

 

塩は現在はスーパーやコンビニでもお手軽に手に入ります。しかし、昔は国の専売物で簡単に手に入れませんでした。

今回はタングート族必需品の青白塩(せいはくえん)について解説いたします。

 

自称・皇帝
当記事は、
「西夏 タングート族」
「タングート族 青白塩」
「青白塩問題」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:西夏王陵とは何?東宝のピラミッドと呼ばれる9つ西夏の王陵を紹介

関連記事:西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解説

 


 

宋代の塩について

塩 f

 

実は歴代の王朝では塩は国家が管理していました。要するに専売物です。北宋も統一時にそれは定めていました。

ただし、国家が売っていた塩の大半は質の悪いものばかりでした。

 

庶民、村人の家

 

しかも値段が、民にとっては法外な額でした。民にとって嬉しかったのは、闇商人の「闇塩」でした。嘘かもしれないですけど彼らの作る塩の方が質が良かったのです。民はそのため、闇商人を匿って塩を買っていました。

 

水滸伝の宋江

 

水滸伝(すいこでん)』の宋江(そうこう)やその仲間は典型的な闇塩商人です。

北宋やその後の歴代の王朝も、この闇商人の取り締まりにはかなり苦労しました。

 


 

タングート族の青白塩

タングート族

 

さて、話が逸れたのでタングートの塩の話に行きます。タングート族が作っていた塩は青白塩(せいはくえん)と言います。

青白塩は現在の陝西省(せんせいしょう
)
から寧夏回族自治区(ねいかかいぞくじちく
)
でとれていたものです。

 

タングート族にとって重要な貿易品でした。タングート族の生計は、青白塩で成り立っていたのです。ところが、乱世の五代十国(ごだいじっこく
)
(907年~960年)が終了して北宋が統一すると、塩は北宋の専売物にされました。おかげで、タングート族にとっては経営がやりづらくなりました。

 

太宗

 

また、北宋の第2代皇帝太宗(たいそう)の太平興国7年(982年)にタングート族の酋長の李継筠(りけいいん)が亡くなって、弟の李継捧(りけいほう)が後を継ごうとするも反対が出ました。

 

おかげでタングート族は内紛になりました。

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝


 

青白塩の輸入禁止

 

その後、李継捧(りけいせん
)
の族弟の李継遷(りけいせん)が北宋に対して反乱を起こしました。李継遷が反乱を起こした時は、北宋と(りょう)(916年~1125年)が戦っている最中です。北宋は遼と戦うも何度も手痛い目にあって追い返されています。

 

北宋は李継遷に官爵を与える懐柔策を試みますが、またすぐに反乱を起こされるので意味の無い戦いが続きました。李継遷に領土を奪われた北宋は、チベット系の西蕃族に李継遷の討伐を依頼しました。

 

三国志のモブ 反乱

 

西蕃族との戦闘により李継遷は命を落としましたが、タングート族の戦いはまだ終わりませんでした。李継遷存命中に北宋が出した作戦は経済封鎖でした。

タングート族の経営は青白塩で成り立っていることは前述した通りです。

 

北宋は青白塩の輸入を完全に禁止しました。おかげで、李継遷たちは困ったので北宋の作戦は成功しました。

しかし、これには難点もありました。

 

困るのは李継遷たちだけではありません。他のタングート族も一緒です。彼らまで一斉に敵に回ったのです。

おかげで、北宋は不利になり一時は経済封鎖が解禁になりました。

 

ところが、それをすれば李継遷が押し返してくるので意味がありません。

ただのイタチごっこです。

 

李徳明の青白塩交渉

 

李継遷の死後、子の李徳明が後を継ぎました。李徳明は、すぐに北宋に和議を申し入れました。

さらに、李徳明が行ったことは戦争からの復興政策でした。李継遷が行った戦争でタングート族はだいぶ傷ついていました。

 

李徳明は青白塩の輸入禁止の撤回を再三に渡り北宋に求めました。

しかし、北宋は「1度無くした信用を取り戻すのは、最初に信用を作るより大変なんだ。」という感じで絶対に認めませんでした。

 

『闇〇ウシジマくん』のセリフと気付いた読者はどれ位いたことやら・・・・・・


  

 

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

今回はタングート族と青白塩問題について解説しました。李徳明の死後、子の李元晃(りげんこう)が父の北宋への従順政策に反対して立ち上がります。

それはまた別の話です。

 

関連記事:西夏はどんな文化だったの?仏教が西夏で流行っていた?

関連記事:【西夏】タングート族の末裔はどこにいる?北魏の末裔なの?

 

【シルクロードの覇者・西夏王朝】
北宋・南宋

 

 

関連記事

  1. 宋代の公務員試験である科挙
  2. 秦檜(しんかい)
  3. 韓侂冑
  4. 西遊記はどうやって誕生したの
  5. 知貢挙(科挙に合格した人)
  6. 北宋末の政治家・童貫(どうかん)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP