ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解説

三国志に出てくる海賊達と甘寧


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

解煩督 呉

 

夷陵の戦い(いりょうのたたかい)三国志(さんごくし)の中でも壮絶な戦いの一つです。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

(しょく)の終焉をひしひしと感じる重要なシーンであり、数多くの武将たちが戦死します。

しかしここで戦死する武将たちには、三国志の正史と演義でかなり違いがあります。

 

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

今回はその中の一人でもある、呉の武将甘寧(かんねい)夷陵の戦いを見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
甘寧 夷陵の戦い
甘寧 正史三国志
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

 


 

呉の武将甘寧に至るまで

三国志に出てくる海賊達と甘寧

 

甘寧は若い頃、現代で言う処の「不良」でした。

同じ不良たちを集めて大将として行動して、時は流れに流れて甘寧自身は30代も半ば。

 

後継者を決めるのに困っている劉表

 

そろそろしっかりしようと思って向かったのが荊州(けいしゅう)劉表(りゅうひょう)。しかし重用されずにその劉表の部下の江夏太守(こうかたいしゅ
)
黄祖(こうそ)の元に向かいます。

ですがそこでも扱いが悪く、色々あって孫権(そんけん)の元でその武勇を奮うことになります。

 

甘寧に殺されかける料理人

 

甘寧は気性が激しく、他の武将たちと衝突することも多かったのですが、それでも呉のために最終的には理解しあって何とか上手くやっていったようです。

そしてまた時が流れて、運命の夷陵の戦いがやってきます。

 


 

三国志演義では無理を押して出陣

甘寧 ゆるキャラ 三国志

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、夷陵の戦いで甘寧は既に病床の身ですが、呉のために無理を押して出陣します。

根無し草だった自分を受け入れてくれた、そしてその身分まで引き立ててくれた孫権(そんけん)のために、蜀との激しい戦いに身を置きます。

 

沙摩柯

 

病の身でありながらも壮絶な戦いを繰り広げますが、蜀の援軍沙摩柯(しゃまか)の矢を受け倒れ、孫呉(そんご)の勝利を最後まで見届けること叶わず、この世を去ります。

討ち死にのような形ではありますが、病床の身を押して国のために戦い戦場で散ったその姿は、どこまでも武人らしく晴れやかなものです。

 

しかしこれが正史になると、少々違ってきます。

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー


 

対して正史では…甘寧は出陣していない?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

では正史の甘寧はどうなっているかというと、まず夷陵の戦いには出陣していません。そしてもう少し言うなら、正史での甘寧の没年は記載されていないのです。

 

しかし呉の他の武将である孫皎(そんこうでん)潘璋(はんしょうでん)丁奉(ていほうでん)の記述から多少は読み取ることができて、どうやら217年までは生存しているようです。そして219年に行われた関羽(かんう)討伐戦の時点では既に戦陣に名前が見られないようです。

 

なのでこの時点で甘寧は既に亡くなっている、もしくは病床の身で戦には出られなくなっている状態にあると思われます。夷陵の戦いは221年に始まりますから、やはり甘寧は夷陵の戦い出ることはできなかったのでしょう。

 

正史と演義では武将の扱いだけでなくその死など色々な違いがありますが、甘寧もその違いがある人物の一人なのです。

 

関連記事:【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!

関連記事:よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統


  

 

 

蜀にとってターニングポイントである夷陵の戦いを彩る

劉備の黒歴史

 

正史に比べて演義の方は良く「蜀寄りに書かれている」なんて言われています。

しかし甘寧の演義での夷陵の戦いでの討ち死には、決して扱いを悪くしたものではないと思います。

 

甘寧と呂蒙と凌統

 

夷陵の戦いは蜀にとってある意味とても大切な戦い、その中で名前も知らないような武将が蜀の援軍に打ち取られたとあっては、少し盛り上がりに欠けますよね。

 

そこで呉でも名のある、そして勇猛果敢な武将である甘寧が打ち取られる、しかも病の身で戦に出るという忠義心を表しながら…それは、夷陵の戦いを彩る大切な人物として書かれたのではないかと筆者は思いますね。

 

ただ華を添えると言っても名もしれない武将が討ち死にしたと言ってもそこにドラマを感じる人は少ないでしょう。呉の甘寧という偉大な武将だからこそ、夷陵の戦いの華々しさと苛烈さを表せる人間として相応しかったのではないでしょうか。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

三国志演義での夷陵の戦いでの甘寧は、無理をして呉と孫権のために戦い、壮絶な討ち死にをしてしまう武将として描かれています。対して正史を見ると既に病死をしているという、正史と演義の違いを色濃く見ることができる武将の一人です。

 

このように武将たちの扱いが違うのが正史と演義の違いの面白さ。

ぜひ皆さんも三国志演義、そして正史を見比べながらその違いを見つけて見て下さいね。

 

参考文献:正史 三国志 呉書(ちくま学芸文庫)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧

関連記事:【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  2. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…
  3. 楊儀と魏延 もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる?
  4. 袁術 はちみつ皇帝袁術の領土拡大政策を一挙公開!
  5. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件
  6. 法正が亡くなり悲しむ劉備 法正の功績ってどれくらい?性格に非常に難あり、法正の功績を考えて…
  7. 袁紹を説得しようとする田豊 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語
  8. 典韋にボコボコにされる成廉 大食漢!曹操を命がけで守った魏の典韋のエピソード

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 聖徳太子の地球儀
  2. 胡亥
  3. 桓公(かんこう)
  4. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  5. 成廉、魏越、呂布
  6. 城 銅雀台
  7. 韓信
  8. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜

おすすめ記事

  1. 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介 孔子と儒教
  2. 秦漢って一括りにされることが多いけど違いは?【秦漢帝国】 秦の旗を掲げる兵士
  3. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  4. 張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強?
  5. 諸葛亮の幼い日はどんなだった? 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  6. 公孫瓚はクズ野郎だった?北の英傑公孫サンの実像があまりにも酷い件 公孫サンは英雄劉備が真似した人物

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  2. 読書する劉備
  3. 解煩督 呉
  4. 五斗米道の教祖・張魯
  5. 騙し合う呂布と袁術


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 甄氏(しんし)
  2. 西郷隆盛像
  3. 袁紹と曹操
  4. 明治天皇
  5. 華雄(かゆう)

おすすめ記事

読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 藺相如(りんしょうじょ) 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった? 鄧艾 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】 五斗米道(はじめての三国志) もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの? 問題を解決する楊脩 もしも、楊脩が殺害されず曹操の軍師になっていたら三国志はどうなる? 劉禅 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 悩む司馬炎 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP