朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)

この記事の所要時間: 444




 

黄祖(こうそ)は荊州の劉表(りゅうひょう)の配下の将軍です。

彼には個人の伝はありませんが、三国志呉志にやたらに名前が出るので

その影響で三国志演義でも出てきますが、残忍で狭量な人物でハッキリ言って

孫権(そんけん)に仇を討たれる為に出てくると言うべき扱いです。

史実での彼は、孫堅(そんけん)を討ち取るという功積を挙げますが、その為に、

孫家及び、呉の面子に激しく恨まれ執拗に狙われるようになるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




切っ掛けは襄陽の戦いだった

 

反董卓(とうたく)連合軍の崩壊後、劉虞(りゅうぐ)擁立のごたごたもあり、

袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)の対立は決定的になりました。

袁術は遠交近攻策を取って、袁紹の背後の公孫瓚(こうそんさん)と結び、

それに対抗した袁紹は袁術の本拠地の南陽の下の劉表(りゅうひょう)と結びます。

 

そこで、中国南部から袁紹の勢力排除を狙う袁術は

荊州南部の襄陽攻略を配下の孫堅に命じました。

劉表は、ここで江夏城の黄祖を呼び出して樊城で防戦を指示します。

樊城と襄陽の間には長江の支流の漢水があって樊城と襄陽は

連携して敵と応戦する形になっていました。

 

しかし、この戦いが黄祖の人生のケチのつき始めになります。




破竹の孫堅軍、樊城を落して襄陽を包囲する

 

孫堅軍は、樊城に猛烈な勢いで襲い掛かります。

実は、孫堅は年齢こそ、曹操(そうそう)と変わりませんが

戦争のキャリアは10年以上長く経験豊富です。

ましてや戦慣れしていない黄祖など相手にならず、あっと言う間に

樊城は陥落、黄祖は漢水を渡って襄陽城に逃げ込みます。

 

追撃した孫堅は簡単に漢水を渡ると、襄陽城を包囲しました。

ピンチになった劉表は黄祖を呼び出し「夜陰に乗じて兵を集めてこい」と

かなり危険な任務を出します。

 

しかし、それはすでに孫堅に読まれていました。

追撃された黄祖は、襄陽城に入る事も出来ず峴山(けんざん)のひそみに隠れました。

このままだと襄陽城は孤立無援で落城するパターンです。

 

孫堅、率先して山狩りを開始、そして悲劇が・・

 

「がっはっは!黄祖め、俺様にブルって山に逃げ込みおったわ!

よーし!山狩りじゃあ、黄祖を生け捕りバラして劉表に見せてやれ」

 

勢いに乗る孫堅、こうしてよせばいいのに

見通しの効かない山に自ら率先して入りこんでしまいます。

 

はい、孫堅アホです、余りにもアホ過ぎます。

見通しが効かない山に伏兵は常識ではないですか?

こう言う時は、別の将を派遣して自分は安全な場所で

報告を待つというのが常識というものです。

 

案の定というか当然というか、黄祖は伏兵を配置していました。

そして名もなき弓兵の伏兵エリアに踏み込んだ孫堅は山のような矢に射られ

為す術も無く絶命してしまうのです。

一説では、呂公(りょこう)が落した岩に押しつぶされ即死したとも言われます。

 

関連記事:孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

 

孫堅が死に、軍は引き上げる・・

 

孫堅が死んで、形勢は逆転、戦争は劉表の勝利に終わります。

戦死者は劉表側が圧倒的に多いのですが、大将を討たれた孫堅軍には

戦争を続ける気力が残っていませんでした。

この時、孫堅軍の桓階(かんかい)が危険を承知で襄陽城に行き、孫堅の遺体を

引き取りたいと願い出て、劉表はその心意気を評価して遺体を返却しています。

いずれにせよ、この時から、孫家にとって黄祖は孫堅の仇になりました。

 

孫策、孫権と受け継がれる恨み・・

 

孫堅の後を孫賁(そんほん)から受け継いだ孫策(そんさく)

黄祖を討ち取り劉表を破って父の仇を討とうと決意していました。

弟の孫権も、孫策から恨みを吹き込まれたと見え、常に箱を持ち歩き

「黄祖を討ったら首を箱の中にいれて父上の墓前に備える」

とまで言っていたようです。

 

おまけに黄祖が守る江夏城は、孫呉の土地に近く真っ先に狙われます。

黄祖にしてみれば、孫堅が侵略してきたから撃退しただけで、

こんなに恨まれる覚えはないでしょうが、仕方ないのです。

呉の人々は一度恨むと、なかなか一般常識が通りません・・

 

関連記事:孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

関連記事:もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!

 

西暦199年、孫策の来襲を黄祖は受け止める

 

西暦199年、孫策の攻撃を受けて、晥城を放棄した劉勲(りゅうくん)

西塞山に陣を敷いて、黄祖に援軍を求めたので、黄祖は息子の黄射(こうしゃ)に

五千を与えて救援します。

 

ですが、孫策は援軍が来る前に西塞山を落し、劉勲は黄祖の下へ逃げ、

黄射の援軍は空振りに終わりました。

 

その後、孫策は大軍を擁して、憎っくき黄祖を討ち取ろうと江夏城を攻めます。

黄祖は劉表に救援を求め劉虎(りゅうこ)と韓唏(かんき)が五千の兵を率いて

援軍としてやってきます。

 

黄祖は援軍を前面に出して戦いますが、孫策は周瑜(しゅうゆ)

呂範(りょはん)、程普(ていふ)、孫権、韓当(かんとう)黄蓋(こうがい)という

オールスターで攻撃し、劉虎と韓唏は戦死、黄祖は二万という軍勢を失い、

さらに後退して夏口に陣を敷きます。

 

大ピンチになった黄祖ですが、孫策はそれ以上は攻めず、

豫章(よしょう)平定に向かい黄祖は命拾いします。

 

西暦203年、208年と孫権に攻められ黄祖死す

 

孫策が刺客に襲われて死に、しばらくは安泰だった黄祖ですが、

西暦203年、孫呉の3代目(孫賁を入れると4代目)孫権は国を安定させてから

軍を興して、再び「父の仇~!」とばかりに江夏城を攻めます。

しかし、この頃の高祖の配下には甘寧(かんねい)という水戦の名手がいました。

 

この江夏城は文字通り川の側なので船の戦いが主になります。

水軍が未整備だった孫呉の軍は甘寧の操船術の前になす術なく倒れ、

校尉の凌燥(りょうそう)が戦死しました。

 

ところが奇跡が起きます、甘寧が孫呉に降伏したのです。

理由は大活躍したのに、何の恩賞も黄祖から貰えない事でした。

 

西暦208年、二度目の黄祖との戦いが開始されます。

黄祖は川幅の狭い場所に軍艦を二隻、碇で川底に固定して、

そこに千名の弓兵を配置、孫呉の軍勢に雨あられと矢を浴びせ掛けます。

 

ですが、今度は孫権も考えていました、董襲(とうしゅう)と凌統(りょうとう)

鎧を二重に着込んだ決死隊二百名で川に飛び込み、碇の綱を切って軍艦を流したのです。

そこへ水軍が殺到し、黄祖は敗北、逃げようとする所を孫権軍の騎兵、

馮則(ふうそく)なる人物に追いつかれ首を刎ねられました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

黄祖というと、禰衡(でいこう)を殺したり、甘寧を粗末に扱い裏切られる等、

粗暴で悪役の側面が強いですが、よく考えると、孫堅の死は不用意に山に入った

自業自得であり、黄祖がこうまで恨まれる理由はありません。

 

西暦199年、203年、208年と三度も攻められた黄祖は、

「俺以外にも恨む相手がいるだろ?」と理不尽な想いをしたでしょうね。

しかし、黄祖が頑張ったお陰で孫堅迎撃を命じた真の黒幕、劉表は天寿を全うし

ついに復讐の刃を受ける事はありませんでした。

それもそれで、戦争の理不尽さを感じずにはいられません。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

関連記事:顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  2. 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編…
  3. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  4. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  5. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きと…
  6. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…
  7. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  8. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  2. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  3. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  4. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  5. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」
  6. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった? 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編

おすすめ記事

  1. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!
  2. 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  4. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  5. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  6. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  7. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  8. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP