呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

南北宋

渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)




丸木舟(弥生時代)

 

渤海国(ぼっかいこく)(698年~926年)とは朝鮮方面にあった王国です。日本とも交易(こうえき)した形跡(けいせき)が史料に残されています。

 

耶律阿保機

 

ところが、西暦926年に契丹(きったん)(後の(りょう))の初代皇帝の耶律阿保機(やりつあぼき)により滅亡させられました。その際に、様々な記録や遺物が失われたので、今日では渤海国は謎の王国とされています。

 

今回は謎の渤海国について解説致します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「渤海国とは」
「渤海国 建国」
「渤海 (国)」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宋代の文学作品『宋名臣言行録』とは?分かりやすく解説

関連記事:貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説

 

 

高句麗が滅びる

高句麗まで攻めるカン丘倹

 

(とう)(618年~907年)の第3代皇帝高宗(こうそう)総章元年(そうしょうがんねん)(668年)に朝鮮に君臨していた大国の高句麗(こうくり
)
(前37年~668年)滅亡しました。高句麗(ずい)(581年~618年)の第2代皇帝煬帝(ようだい)が3回に渡り遠征を行いましたが全て失敗しました。

 

また、隋が滅んで唐に代わっても遠征軍は派遣されていますが、その時も失敗しています。中国にとっては常にやっかいな存在でした。しかし、何度も遠征軍を跳ね返すうちに国力が尽きてきたようです。

 

さらに、唐の龍朔(りゅうさく)3年(663年)に唐と新羅(しらぎ)(前57年~935年)が連合して、日本と百済(くだら)(前18年~660年)の残党政権の連合を打ち破った「白村江の戦い(はくすきのえのたたかい
)
」で高句麗はますます追い詰められたのです。

 

結局、どうすることも出来ずに高句麗は白村江の戦から5年後に滅ぼされたのです。

 

 

流刑地の反乱

三国志のモブ 反乱

 

しかし、高句麗が滅んでも唐はやはり不安です。いつ、残党が王族の1人を担ぎ出して反乱を企てるか分かりません。そこで唐は高句麗の王族出身者を営州(えいしゅう
)
(現在の熱河省(ねっかしょう
)
)に行かせました。

 

これで一安心です。ところが、実はこの営州という土地は高句麗の人だけではなく、様々な罪人がいました。要するに流刑地です。

 

住んでいる人々は唐に対して不満を持ちながら過ごしていました。やがて時は流れて、唐は則天武后(そくてんぶこう)により中断されて「(しゅう)」という王朝になっていました。反乱はその周の時代に起きました。

 

周の万歳通天(ばんざいつうてん)元年(696年)に契丹人(きったんじん
)
李尽忠(りじんちゅう)が反乱を起こしました。それに呼応して乞々仲象(きつきつちゅうしょう)も反乱に加わりました。

乞々仲象・・・・・・凄い名前ですね。

 

まさか、キラキラネームですか?

 

実は違うのです。どうやら名前に当てはまる漢字が分からないので、適当に書いたらしいです。漢字の発音をそのまま中国語で読んでも「チーチーチェンシィーアーン」です。

 

意味不明です。

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋

 

振の建国

 

さて、周は反乱が起きて参ったので早速討伐軍を派遣しました。討伐軍により李尽忠や他の反乱軍は討たれましたが、乞々仲象の軍だけは無敵でした。

 

何回軍を派遣しても乞々仲象には勝てないので、周も放っておくことにしました。その後、反乱軍は建国を決めました。

国号は「(しん)」と決めました。ただし、初代国王は乞々仲象(きつきつ ちゅうしょう)ではありません。

 

乞々仲象はどうしたのでしょうか。彼は周の聖歴(せいれき)2年(699年)にはこの世を去っていました。王になったのは息子の大祚栄(だいそえい)でした。頑張ったのに王になれなかったのは可哀そうな気もします。大祚栄が建国した振こそ、後の渤海国です。

 

周はその後も大祚栄に対して、軍事的圧力や経済封鎖等の対策を打って出ます。だが、どれも効果は出ませんでした。やがて、則天武后が死んだことにより周は1代で消滅して唐が再び復活しました。

 

玄宗皇帝

 

唐の第6代皇帝玄宗(げんそう)開元元年(かいげんがんねん
)
(713年)に唐は大祚栄の独立を正式に認めました。これにより、振は渤海国と名称を改めました。渤海国という名称は、唐と振の妥協の産物と言えるでしょう。

 

宋代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が渤海国建国までの流れです。

渤海国に関しては他にも謎に包まれた内容があるのですが、それに関してはいずれお話します。

 

※参考文献

渤海国の謎―知られざる東アジアの古代王国 (講談社現代新書)

 

関連記事:契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは?

関連記事:【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの?

 

【草原の王朝 契丹の魅力】
北宋・南宋

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 西夏の旗の兵士 西夏はどんな文化だったの?仏教が西夏で流行っていた?
  2. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟はどんな内容なの?澶淵の盟はどうやって結んだの?
  3. 岳飛(南宋の軍人) 岳飛の死後の南宋官界の状況はどうなったの?岳飛の死に影響はあった…
  4. 幕末 魏呉蜀 書物 科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介
  5. 「宋」の国旗をバックとした兵士 靖康の変とはどんな事件?北宋の哀れなる末路を分かりやすく解説
  6. 寧宗 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯
  7. 女真族は辮髪 女真族は強かったの?条約の裏に隠された完顔阿骨打の頭脳プレイとは…
  8. 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛故事とは】岳飛の背中の入れ墨や名前の由来を解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 羅貫中と関羽
  2. 車に乗る諸葛亮
  3. 眠る于禁
  4. 岡田以蔵(人斬り以蔵)
  5. 魯粛

おすすめ記事

  1. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  2. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった! 郭嘉
  3. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  4. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その3「疎開の旅」 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】
  6. 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議

三國志雑学

  1. 顔良と関羽
  2. 孔明
  3. 遅れて来た孫権 英雄
  4. 蜀の劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志の地図(州)
  2. おとぼけ
  3. 陸遜
  4. 劉備孔明と出会う?

おすすめ記事

魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 嬴政(始皇帝) キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに? はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏 王翦 キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか? 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP