呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夷陵の戦いで出てくる劉備の陣形の問題点ってなに?陣形は不適格だった?

討ち死にする黄崇




劉邦と項羽

 

戦いにおいて最も重要なのは、まず戦わないようにすること。

そう「孫子(そんし)」では語られています。

 

冒頓単于と劉邦

 

しかしその一方で戦いがどうしても避けられないなら全力でやれ、とも書かれています。その戦いの中で大事なことは色々とありますが、その中で今回注目したいのは夷陵の戦い(いりょうのたたかい)での陣形。

 

朝まで三国志 劉備

 

この陣形には実は大きな問題があった…と言われていますが、一体どこが問題だったのか見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
夷陵の戦い 陣形」
夷陵の戦い 戦略」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

 

 

夷陵の戦いでの陣形は「長蛇の陣」

兵士 朝まで三国志

 

夷陵の戦い(いりょうのたたかい)での蜀軍の陣形は「長蛇の陣(ちょうだのじん)」と言われるものです。これは(しょく)から長く補給路を繋いで戦線が長くなった、というだけでなく、戦術的な面もちゃんとあります。

 

弩(ど)を発射させる蜀兵士達

 

まず前方の部隊が攻撃されたら後方部隊が救援に向かい、中央部分が攻撃されたら前と後ろから救援に、後ろが攻撃されたら前方部隊が救援に向かうという、大まかに言うと三部隊に別れてそれぞれ応じた戦いをするという、幅広く敵に相対するという陣形です。

 

臨機応変に戦える陣形ですね。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

江陵(かんぬん)夷陵(いりょう)夷道(いどう)と多方面の呉軍に相対するための陣形だと言えるでしょう。もちろん補給路もしっかりと後方で確保。ここまでを見ると、この陣形はそこまで悪いとは思えませんよね。

 

 

曹丕はこの陣形の弱点を見抜いていた?

オカルト小説を書いている曹丕

 

しかしこの劉備(りゅうび)の陣形を聞くなり、それ以上は聞く必要なし、と判断した人物がいます。それこそ()曹丕(そうひ)、この時は既に魏皇帝(ぎこうてい)となっていた人物です。

曹丕(そうひ)は部下の報告を聞くなり劉備の敗北を悟って席を立ち、そして劉備は戦を知らぬ」と言ったと言われています。

 

曹丕

 

これはどこまで本当か分からない逸話ですが、曹丕の戦の結果を見るとそこまで見破れるほど曹丕が戦上手だったかどうかは…コホン。

ともあれこれは聡明な人物であればすぐに弱点を見破れるような状態であったと言うことでしょう。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

多方面に広がってしまった陣形、手間取り過ぎた城攻め

二刀流の劉備

 

夷陵の戦いで、蜀軍は夷道にある居城を責めます。この夷道を守っていたのは孫桓(そんかん)。この孫桓もまた名将でありますが、孫桓は呉の武将たちにとってただ味方と言うだけではありません。

 

孫権

 

孫桓は孫一門、つまり呉のトップである孫権(そんけん)の身内なのです。これを万が一にも殺されたり、捕まえられたりしたら一大事です。

 

陸遜

 

しかし陸遜(りくそん)は救援要請を無視。ここで他の武将たちに罵倒されますが、陸遜は「孫桓殿は優秀だから」と涼しいお顔。

 

蜀の劉備

 

ここで孫桓(そんかん)の居城を落とすべく蜀は兵を分けますが、そして戦い続けることなんと4か月。この間ずっと夷道を守り続けていた孫桓はこの時26歳、若いながら優秀な武将であったことが窺い知れます。

 

陸遜

 

動かない戦況に蜀軍はすっかりダレてきてしまいますが…そこに仕掛けられたのが陸遜による奇襲火計。持久戦ですっかり勢いを失い、長い期間遠征で出てきていることからすっかり士気も低下気味。

 

食糧庫を焼かれて慌てる袁紹軍

 

そんな中で補給路が焼かれた、え、明日からのご飯どうなるの?深夜に行われた火計による燃えていく補給拠点は、さぞや蜀軍に良く見えて絶望を与えたことでしょう。そしてここから、蜀軍の絶望は加速していきます。

 

奇襲から各個撃破をされてしまう

劉備

 

劉備(りゅうび)が用いていた陣形は、長蛇の陣。長い蛇のように幅広く臨機応変に敵に当たりますが、逆を言えば幅広すぎる兵は密集しておらず、一つ一つを素早く各個撃破されてしまうと弱いという弱点もあります。

 

別の隊が戦局を見極めて攻撃された時に素早くその攻撃されている陣の位置へと救援に向かう、それこそが長蛇の陣(ちょうだのじん)の目的です。

 

討ち死にする黄崇

 

ですが奇襲によって混乱している状態で、しかも士気も下がってやる気が下がってしまっている状態で、どうして戦局を冷静に見極められたでしょうか。一瞬でも混乱してしまえばそれは伝染し、混乱が混乱を招いて大パニックへと繋がります。

 

そして陣の一部が崩れてしまえば、それはもう既に陣ではないのです。長い蛇は頭を、体を、そして尾と少しずつ体を潰されていってしまいました。

 

劉備の黒歴史

 

しかし心臓、つまり劉備だけはこの状況でも生き残り、白帝城まで撤退します。それでも心臓だけではどうしようもない、動かす肉体はもうありません。こうして劉備の引いた長蛇の陣は、呉軍に破られてしまったのでした。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

夷陵の戦い(いりょうのたたかい)で引かれた陣形、長蛇の陣は決しておかしな陣ではありません。

 

あの状態を維持することができればベストな陣形であると後年言われたでしょう。しかし色々な要因が絡み合い、劉備は夷陵で敗北してしまいました。それでも敗北という結果だけを見て夷陵の戦いの陣形は悪手であったとは言わずに、ではどうしたらを考えて三国志を楽しく考察して下さいね。

 

参考記事:https://ja.wikipedia.org/wiki/夷陵の戦い

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夷陵の戦いで戦死した将軍や主要人物は誰なの?分かりやすく解説

関連記事:法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

【動画】三国志時代の兵士の給料はどれくらい貰えていた?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  2. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  3. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  4. 徐晃と夏侯淵 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?
  5. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  6. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  7. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  8. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大久保利通 幕末
  2. 北伐を結構する孔明
  3. 于禁と兵士
  4. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  5. 藺相如(りんしょうじょ)
  6. 蜀の劉備
  7. 蜀の魏延

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  2. 太古の怪物図鑑山海経とは?普通の人が出てこない怪物図鑑 幕末 魏呉蜀 書物
  3. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  4. 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 周瑜はナルシスト
  5. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  6. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  2. 劉備
  3. 呉夫人
  4. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  5. 城 銅雀台
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 朝まで三国志 袁紹
  3. 漢の顔良(がんりょう)
  4. 坂本龍馬チビ説
  5. キングダム53巻

おすすめ記事

【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術 キングダム587話最新ネタバレ「祈るのみ」レビュー 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」 チンギス・ハン 織田信長はチンギスハンのように世界の覇権を取ることができた? 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケースver2(iPhone/Android対応)近日発売予定

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP