【徐庶が改名した理由】ケガの功名か?それともワザと?徐庶の名前雑学


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

西遊記 孫悟空

 

以下は、作者と創作キャラクターとの不思議なカンケイのお話です。

 

小説にせよ漫画にせよ映画にせよ、キャラクターなるものを扱う創作の世界では、よく起こること。すなわち、「想定外のキャラ立ち」という不思議な現象の、お話です。

 

西遊記 孫悟空

 

作者はさっさと殺すつもりでいたキャラクターが、やけに読者に愛されて、想定外のメインキャラに昇格してしまったり。本当はたいした役割はなかったはずのキャラが、読者の人気を集めた為に、当初は主人公がやるはずだった役割を代行することになったり。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

長らく中国の庶民の間で親しまれてきた三国志のキャラクターにも、そのような、「想定外のふくらみ」が、いろいろと起こりました。

 

徐庶

 

たとえば、けっきょく本名は単福(たんふく)なのか単福(ぜんふく)なのか徐福(じょふく)なのか、作者も混乱して使っているうちに、むしろキャラとしては神秘性が高まってしまった、徐庶(じょしょ)のように!

 

というわけで今回は、「千の名前を持つ男」ならぬ徐庶と、作者の羅漢中(らかんちゅう)の関係についての、お話です!

 

自称・皇帝
当記事は、
「徐庶 改名」
「徐庶 名前」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】

関連記事:趙雲隊500騎で「八門禁鎖の陣」を破った徐庶の作戦指導の功績を考察

 


 

忘れがたいキャラクター、三国志演義の徐庶のインパクト!

羅漢中

 

よく知られているように、日本で読まれている「三国志」の漫画や小説の多くは、実際の歴史書(正史)ではなく、それをいろいろと脚色して物語性を高めた、羅漢中の小説、『三国志演義(さんごくしえんぎ)』を原作にしています。

 

それゆえ、日本の三国志ファンには、徐庶といえば、以下の、三国志演義で描かれたイメージが、定着しているのではないでしょうか?

 

曹操から逃げ回る劉備

 

徐庶とは、曹操(そうそう)に追われて、荊州(けいしゅう)で小さくなっていたところの劉備の前に、颯爽(さっそう
)
と登場する、お助けキャラである。徐庶とは、仲間になった途端、曹操軍の大軍を二連続で撃破するというミラクルを遂げた男である。

 

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

徐庶とは、それまでは関羽(かんう)張飛(ちょうひ)といった勇猛な将軍に頼っていた劉備軍に、頭で戦うスマートさを教えてくれた、「劉備軍が初めて雇った軍師」である。

 

劉備

 

徐庶とは、劉備玄徳の頭の中だけでなく、読者の頭の中にも、「優秀な軍師というものを雇うと、こんなにいいことがあるのか!」という印象を植え付けておきながら、

 

曹操にヘッドハンティングされる徐庶

 

あっけなく曹操軍の計略に落ちて去っていった、消化不良感にあふれる男である。

 

孔明

 

ところが、その別れぎわに、「劉備様、がっかりしないでください、私よりも優秀な軍師がこの国におります」と、諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)を紹介してくれる、いささか回りくどいカマセでもある。

 

 

3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

 

こういう物語の流れになっているので、読者としては、「この徐庶よりもすごい軍師って、どんな人だろう?」と、孔明登場に期待を寄せてしまうわけです。

実に、うまい構成です!

 


 

意外?!正史における徐庶の扱いは、けっこう「フツウ」な感じだった

剣を持って戦う徐庶

 

ところで、この徐庶という人物、正史のほうでは、こんな扱いではありません。

 

蜀の劉備

 

劉備軍に加わっていた人材ではあるのですが、数倍の兵力差を覆して曹操軍を二連敗させるなどという鬼神のような働きはしていない。

だいいち、孔明と入れ替わりで劉備軍を去ったわけではない(たぶん、時期としては、孔明と一緒に働いていた人だった)。

 

劉備の元から離れたくない徐庶

 

演義では、曹操軍の計略に嵌まり、やむを得ず寝返ったことになっているが、実際は戦時の混乱の中で逃げ場をなくし、やむをえず曹操軍に投降した模様。という次第で、決して悪い人材というわけではないのですが、あくまでも有能な仕事人という印象。

 

郭嘉

 

演義のようなスーパーマンではありません。

この人物が、どうして、三国志演義では、あのような神秘キャラになったのか。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

名前をめぐるミステリー。ともかく、本名は「徐福(じょふく)」らしい

羅漢中と関羽

 

三国志演義の作者、羅漢中が、この徐庶という人物を重要な役割に使ったのは、どうやら、名前をめぐる混乱が原因のようです。

 

三国志演義の徐庶は、最初は「単福」と名乗って登場し、あとから「実は単福というのは偽名でした」「本当は徐庶です」「でも、徐福ともいいます」「なんかややこしくてすいません」みたいな、謎めいた発言をする。単福という、妙においしそうな名前、どこから出てきたのか?

 

 

金文京の『三国志演義の世界』という本において、以下のような解説がされています。

正史には、徐庶は「もとは単家の子で、庶と名乗る前は、福という名前だった」とあります。

 

この記述から、「単福」という名前が出てきたというわけですが、金文京さんの指摘によると、この「単家の子」という表現は、名前ではなくて、「身寄りのない貧乏な家の子」という意味。

 

古代中国の慣用表現で、羅漢中の時代にはない表現だったため、羅漢中が「単家の出で、福と名乗ったのなら、この人の名前は単福ってことか」と誤解してしまったらしい、というわけです。

 

しかし、これは「羅漢中のミスだった」で済ますわけにも、いかない問題です。

というのも、この名前のややこしさが、「複数の名前を使い分けて生きてきた風来の軍略家」という、強烈なキャラ立ちを、徐庶に与えることに、成功しているからです。

 

「間違いで済ますには、なんか、ワザとらしくない?」と、思いませんか?


  

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

私個人は、羅漢中は間違えたのではなく、なかば確信犯的に「単福」という名前を導入したのではないか、と推測しています。これは創作テクニックだ、とみているわけです。

 

彼の名前が単福なのか徐福なのか徐庶なのか、というのは、羅漢中の時代の民間伝承でも話題となっていた「ネタ」だったのではないでしょうか。羅漢中はその民間伝承上の混乱を、自分の作品に取り入れて、「偽名を使って生きる男」として徐庶のキャラクターを膨らませてみたのではないでしょうか。

 

いずれにせよ、この「名前をめぐる混乱」のおかげで、三国志演義に登場する徐庶も、その影響下に書かれた現代日本の漫画や小説の徐庶も、風のように颯爽としたオーラをまとった神秘キャラとして、生き生きと活躍できているのでした。

 

作者の想定外?

間違いが生んだ、ケガの功名?

 

いえいえ、個人的には、これはワザとだった、と信じております!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徐庶ってもしかしたらヤンデレだった!三国志演義でのヤンデレぶりを紹介

関連記事:孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

 

【動画】三国志演義が見下される理由


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

関連記事

  1. 太史慈
  2. 費禕
  3. 于禁、曹操、青州兵
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 劉備と4人の妻


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP