呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

織田信長の作品の元になっている『信長公記』とルイスフロイスの『日本史』を紹介

南蛮胴を身に着けた織田信長




織田信長

織田信長

 

織田信長(おだのぶなが)は戦国時代の歴史上の人物の中で最も人気のある人のうちの1人です。信長は現在において小説・マンガ・ドラマになっています。小説やドラマなどの題材になっている織田信長については自ら直接書いた日記や作品がありません。

 

詳細な記録が残されていることからドラマなどの題材になりやすいと考えられます。この記事では、織田信長について史料として信憑性があると評価されている作品の中から太田牛一(おおた ぎゅういち)の『信長公記(しんちょうこうき)』とルイスフロイスの『日本史』を取り上げます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「織田信長 作品」
「織田信長 ルイス・フロイス」
「織田信長 太田牛一」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:戦国時代最初の天下人は織田信長ではなかった?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

太田牛一『信長公記』とは?

 

太田牛一は1527年尾張国(おわりのくに
)
に生まれました。

出家していましたが、織田信長から弓の名人として認められ、以降信長の家臣となりました。

 

牛一は戦いにも参加していますが、信長の近習の書記として活動します。書記になると、信長の戦い方や日常生活に至るまでまで詳細に記録しています。詳細な記録には年号や日付・時間などが入っていることから、織田信長を知る重要な史料となっています。また、戦国時代や安土桃山時代(あづちももやまじだい
)
の中で最も信憑性が高いと評価されています。

 

豊臣秀吉 戦国時代

 

1583年に本能寺の変で信長が自害すると、太田牛一は豊臣秀吉(とよとみひでよし)の家臣となりました。秀吉の家臣になると、牛一は『信長公記』を仕上げます。歴史秘話ヒストリアでは、太田牛一のことをメモ魔として紹介し、そのメモが歴史史料になったその時を取り上げました。本能寺の変後、牛一は信長の最期を知りたいという思いが強くなり、当時本能寺にいた女中らから話を聞き取りました。その最期の言葉が「是非に及ばず」だったと言われています。

 

太田牛一は1610年に病気で死去しました。信長公記は写本で後世に伝えられ、現在では文庫本で出版されています。

 

 

ルイスフロイス『日本史』

宣教師 ルイスフロイス

 

もう1つ織田信長を知るときに重要な史料となるのはルイスフロイスの『日本史』です。ルイスフロイスは1532年にリスボンに生まれました。1563年頃から九州に上陸、室町幕府13代将軍足利義輝の頃に京で布教を許されました。京でキリスト教の布教活動をしていたとき、13代将軍足利義輝が松永久秀に暗殺されます。

 

足利義輝が暗殺されると、フロイスたちは堺に避難しました。織田信長が15代将軍足利義昭を奉じて上洛した頃、フロイスは信長に会うことができました。この時に京での布教を許されました。

 

地球平面説 天動説

 

ルイスフロイスは著書の『日本史』で信長を次のように評価しています。信長は理路整然とした話を好む性格で「地球は丸い」ということを理解していたということです。当時、ヨーロッパで地球は丸いと主張すると宗教裁判にかけられていました。

 

燃える本能寺

 

本能寺の変が起こりました。本能寺の変後もフロイスは日本にとどまり、『日本史』の執筆に専念していました。本能寺の変で明智光秀に従軍していた兵士から聞き取ることができました。

 

明智光秀 麒麟がくる

 

当時、明智光秀らから何も知らされず、毛利攻めから急遽京都に進軍しました。明智光秀に従軍していた兵士のほとんどが当時堺にいた徳川家康を討つと思っていたようで、信長を討つということを知りませんでした。本能寺の門が簡単に開いたことから不意打ちだったということを知ることができます。

 

【日本史最大のミステリーを暴く】
本能寺の変の特集

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は小説・マンガ・ドラマの題材になっている織田信長について取り上げました。小説など様々な作品の題材になっていることから、織田信長の詳細な記録が残され、かつ信憑性が高いと評価される史料・作品の中から太田牛一の『信長公記』やルイスフロイスの『日本史』を紹介しました。

 

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で、本能寺の変のシーンにおいて、明智光秀に従軍していた兵士のほとんどが本能寺を攻めることを知らされていたのか注目したいと思います。

 

■参考文献 信長公記を読む (歴史と古典)など

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

【動画】織田信長がつけた抜群のセンスを感じる あだ名8選

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 細川ガラシャ 明智光秀の家臣にはどんな人がいたの?
  2. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?…
  3. 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の魅力がビンビン伝わる!麒麟がくるの主人公の魅力を紹介
  4. 亡くなる上杉謙信 上杉謙信の墓はどこにある?林泉寺と林泉寺へのアクセス方法と歴史雑…
  5. 廃仏毀釈 織田信長はどうして焼き討ちをしたの?それは○○○だから!
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  7. 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている!
  8. 真田丸 真田幸村 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 愛馬に乗る張遼
  3. キングダム45
  4. 三国志時代の牢獄
  5. 曹操と機密保持
  6. キングダムの王騎
  7. おんな城主 直虎
  8. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

  1. 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 陸遜
  2. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う
  3. 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  4. キングダム最新603話ネタバレ「十五日目の異変」レビュー キングダム54巻amazon
  5. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? 陸遜
  6. 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は? 丁奉(ていほう)

三國志雑学

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 関羽
  3. 呂布に従う陳宮
  4. 愛馬に乗る張遼
  5. 呪われている太史慈
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 劉備に降伏する劉璋
  4. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)
  5. 張角は歴史の表舞台に登場
  6. 曹操

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!? 『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき! 張飛、劉備、曹操 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは? 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP