呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹仁の弟である曹純は相当強かった?英雄記をもとに曹純の趣味や戦績を紹介

曹純




曹仁

 

江陵城(こうりょうじょう)攻防戦や樊城(はんじょう)防衛戦などで活躍した曹魏(そうぎ)の名将・曹仁(そうじん)曹仁には弟がいました。弟の名前を曹純(そうじゅん)と言いますが、兄・曹仁のようにチョー強かったのでしょうか。

今回は曹仁の弟・曹純について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹仁 弟」
「曹仁 曹純
「曹純 戦績」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?

関連記事:曹仁の最後と各国の名将達の最期がほとんど同時期な理由とは?

 

 

曹仁の弟・曹純ってどんな人?

曹純

 

曹仁の弟・曹純は一体どんな人なのでしょうか。

 

英雄記(えいゆうき
)
」よれば曹純は14歳の時に父を亡くしてしまいます。曹純は曹仁が家を出ていたこともあり、曹純の父が残した財産と家を受け継ぐことになります。

 

曹純は父が亡くなった時、多くの食客と召使が仕えていましたが、規律正しく彼らを統率。曹純の食客や召使いたちが規律正しい行動を見た、村の人達から「曹純殿は有能な人じゃのぉ」と高い評価を曹純にしていたそうです。

 

有能な人物・曹純には趣味がありました。

 

 

曹純の趣味とは?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

曹純の趣味は一体何でしょうか。それは勉強です。曹純は勉強が好きでいろいろな学者を呼んで、勉学に励んでいたそうです。その結果、曹純は多くの学者から知識を吸収し、学者たちからも敬愛されることになります。

 

そして18歳になった曹純は兄・曹仁が仕えている曹操の元へ行き、仕えることになります。

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

袁家討伐戦で抜群の功績を残す

袁尚と対立する袁譚

 

曹純は曹操(そうそう)へ仕えると袁家討伐戦で、抜群の功績を残しています。曹純は袁紹(えんしょう)の息子・袁譚(えんたん)篭城(ろうじょう)している南皮城(なんひじょう)包囲戦に参加。

曹操軍は袁譚の死に物狂いの反撃を受けてしまい、多数の死者を出してしまいます。曹純は曹操が多数の死者を出したため、南皮城攻撃をこのまま継続して攻撃を行うべきかどうか迷っていることを知ります。

 

曹純は曹操の元へ行き「今私たちはわざわざ遠くの敵地まで来て敵城を囲んでいるのにここで退いてしまっては、今までの勝利が霞んでしまうから退くべきではありません。敵はいま我らに勝利して驕り、我らは慎重になっています。我らは敗北したことで慎重になっているので、驕っている敵に負けるわけがありません。」と励まします。

 

承諾する曹操

 

曹操は曹純の激励を受けて南皮城攻撃を継続。この結果、南皮城は陥落することになります。曹純は南皮城が陥落すると騎兵隊を率いて、南皮城から脱出した袁譚を追撃し、討ち取ることに成功。

 

また曹純は南皮城攻略戦の後、曹操が袁紹の三男・袁尚(えんしょう
)
を討伐する戦にも従軍します。曹純は袁尚討伐戦で、袁尚に協力していた烏桓族(うがんぞく)単于(ぜんう)蹋頓(とうとん)を討ち取る功績を残しています。

 

曹操

 

曹操は曹純が南皮城攻略戦と袁尚討伐戦で挙げた功績を大いに褒めて、彼に領土の加増(かぞう)(こう)の位を与えています。

その後も曹純は各地の戦いで活躍していくのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は曹仁の弟・曹純を紹介しました。

 

曹純は兄・曹仁のように各地の戦いで活躍した武将ですが、果たして曹純が曹仁のようにチョー強い武将だったのでしょうか。レンは曹仁ほど曹純が強い武将では無いと思っていますが、戦においてはかなり強い武将だと思っています。

 

烏桓族

 

その理由は烏桓の単于・蹋頓を討ち取っているからです。烏桓族は騎馬戦においてかなり優れています。

 

蒼天航路

 

蒼天航路の烏桓討伐戦では兵士達のほとんどが馬に乗りながら弓を射たり、馬に乗りながら崖を降りてきたり、とんでもない乗馬術を取得しています。

 

流石に蒼天航路の烏桓族ほどでないにしろ、烏桓族の兵士達が中華の人々よりも優れた乗馬術を習得していたと思われます。曹純は中華の人々よりも優れた乗馬術を習得していた烏桓族の単于を討ち取っています。

 

このことから曹純率いる騎馬隊が烏桓族よりも優れている事と彼の部隊を統率する力が優れていたことが分かるのではないのでしょうか。

 

曹純

 

このことから曹純もかなり強い武将だと思うのですが、みなさまは曹純が強い武将だったと思いますか。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹仁が最強の将軍たる所以とは?チート級の武勇を紹介

関連記事:曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁

 

【はじめての三国志 読者の声】
はじめての三国志読者の声

 

【動画】三国志が日本で人気な理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  3. 魏延からの提案を却下する孔明 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  4. 赤壁の戦いで敗北する曹操 もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  5. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  6. 姜維 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  7. 実は頭がイイ賢い張飛 史実の張飛はどんな人だったの?インテリ層を大切にしていた張飛
  8. 沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周倉
  2. 黄月英
  3. 竹林の七賢
  4. 甘寧 ゆるキャラ 三国志
  5. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  6. 饅頭を作る孔明

おすすめ記事

  1. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  2. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  王莽
  3. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?
  4. 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺へのアクセス方法 本多忠勝
  5. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説
  6. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 藏覇(臧覇)と曹丕

三國志雑学

  1. 王昭儀
  2. 龐統
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  5. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 凌統
  2. 周瑜の魅力
  3. 黒田官兵衛
  4. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能! 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ 秦の旗を掲げる兵士 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第40話「天正の草履番」 篤姫と幾島の本当の関係は? 法正 「龐統と法正」蜀の最強軍師を決めてみた!? 泣く子も張遼 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ) 劉禅と董允 劉禅は凡人?それとも偉人なの?蜀漢2代目皇帝を徹底検証

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP