【キングダム】王騎は実在する将軍?その偉大な功績とは?

2019年4月19日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

 

キングダムのレジェンド武将王騎(おうき)、当初は筋肉質のデカブツ(くちびる)お化けとして登場し不気味要員として静かな人気を得ていました。

 

 

矛を持った信

 

それが、主人公信の素質を見出し飛信隊という名前と部隊を与えて信の師匠とも言える存在になってからあれよあれよという間に大人気キャラクターになったのです。

 

 

キングダムの王騎

 

何より普段のオカマ口調からは想像もつかない、かつてフィアンセを龐煖(ほうけん)に殺された過去や、戦場では無類の存在感を示し兵士に慕われている様子は、まさにカリスマ。

 

 

その最後のシーンでは、王騎ロスという現象まで起きました。そんな王騎は実在する将軍ですが、史実の王騎はどんな功績を残したのでしょうか?

 

自称・皇帝
当記事は、
「王騎 実在」
「王騎 功績」
「王騎 史実」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



王騎は実在する?モデルになった王齮と王齕

王騎 キングダム

 

キングダムの登場人物には架空の人も多いですが、王騎は実在の人です。

 

司馬遷(しばせん)が編んだ史記には、王騎に比定される人物として王齮(おうき)王齕(おうこつ)が登場します。両者は別人説もありますが、漢字の意味や発音までが似ているので、同一人物であったものが何らかの理由で別人として扱われたという説が1500年以上前の南北朝(なんぼくちょう)時代から存在します。

 

そこで、この記事でも王騎=王齮+王齕として紹介していきます。

 

 

王騎は趙攻略に尽力した実在将軍

劉備の黒歴史

 

では、実在する王騎(おうき)(しん)の歴史でどのような貢献をしたのでしょうか?

 

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

それは二つあり、当時、秦に対抗しうる存在だった(ちょう)を叩き長平の戦い(ちょうへいのたたかい
)
で趙の兵卒40万を穴埋めして殺した点、もう一つは趙を攻略する重要拠点として上党を奪取しその後の王翦の(ぎょう)攻略の布石を造ったという点があります。

 

紀元前260年、王齕は趙を討って上党を取った。趙の反撃に対し秦では内密に白起(はくき)を増援させて上将軍とし王齕をその副将とした。長平の戦いでは趙を大いに破った。

 

白起(春秋戦国時代)

 

このように、王騎は上党を奪取しその後反撃に転じた趙軍に対して名将白起(はくき)を総大将に王騎は副将になり長平の戦いで功績を立てているのです。

 

 

剣を持ち戦う李牧

 

キングダムでは、趙は今でもかなり強大ですが、史実の趙は長平の敗戦でほぼボロボロになり、李牧(りぼく)がやや巻き返すものの再起は叶いませんでした。

 

 

楚の旗と兵士

 

史実の六国で秦に対抗できたのは、僅かに趙と()くらいであり、その一国の趙を瀕死に追い込んだ王騎は名将だと言えるでしょう。

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

王騎実在、始皇帝にとっては鬼?邯鄲を包囲した王騎

兵士 朝まで三国志

 

長平の戦いで趙を壊滅に追い込んだ秦は、さらに勢いを得て紀元前258年に趙の王都である邯鄲(かんたん)を包囲します。しかし、趙としても邯鄲が落ちればオシマイなので頑強に抵抗しました。包囲軍の司令官の王陵(おうりょう)は持て余し、秦は司令官を王齕に変えます。

 

紀元前258年王陵が趙の邯鄲を攻めて増軍もしたが、戦況が思わしくないので王齕が代わって将となる。

 

ところが、それでも邯鄲は落ちず、一年以上の包囲の末に諦めた王騎は、汾城(ふんじょう)郊外の秦軍と合流しました。

 

 

趙で生まれた政

 

面白いのはこの頃、邯鄲には生まれたばかりの秦王政(しんおうせい)が人質としていた事です。当時の秦王にとって政は曾孫(ひまご)に当たりますが、政は百名以上いる王族の一人で幾らでも替わりがいる、殺されても惜しくない存在だったのです。

 

同時に王騎も自分が邯鄲を包囲した結果、人質の政が殺されても仕方ないと考えていたでしょうから、なかなか非情です。

 

 

王騎実在、転んでも無料では起きない

三国志のモブ 反乱

 

邯鄲を落とせなかった王騎ですが、転んでも無料(ただ)では起きません。

 

荒れる黄河

 

行きがけの駄賃(だちん)に魏を攻めて六千人の魏兵を斬首し、さらに二万人の魏兵が敗走して黄河に飛び込んで溺死(できし)しました。さらに王騎は、汾城を攻め落とし次には張唐と組んで寧新中(ねいしんちゅう)を抜いています。

 

紀元前257年邯鄲を攻めたが落とせず汾城郊外の秦軍と合流した。その後、魏を攻め、魏兵の斬首六千、魏軍は敗走し、黄河で二万人が溺死した。汾城も攻め落とし張唐に従って寧新中を抜く。

 

 

このように王騎は経験豊かな将軍らしく、敗戦しても敗戦のままで終らない実に強かな男だったのです。

 

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-春秋戦国時代
-, ,