キングダム598話ネタバレ予想ガチリアルに漫画の流れを予想する


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

いやぁキングダム、長いよ、長すぎますよ話が全然先に進まない。

この先の展開はほぼ見えているのに、遅々として話が進まないのはかなりのストレスです。

空腹の飛信隊の面子も、そろそろご飯を食べたいでしょうに・・

そこで、今回は気晴らしに(ぎょう)攻略後の漫画の展開を予想してみますね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー

関連記事:キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい?」

 


 

キングダム598話ネタバレ予想 鄴で桓騎が大殺戮及び悼襄王の死去

 

まず、朱海平原の戦いの終わりをつげるハイライトとして鄴の陥落が起きるでしょう。

しかも、無血開城の約束を反故にした桓騎軍が城内に殺到して住民の殺戮(さつりく)略奪(りゃくだつ)を引き起こします。

それに時を合わせて邯鄲ではオフ王が死去、新しい幽繆王(ゆうぼくおう)が即位して李牧に停戦を命令、(ぎょう)における秦軍の蛮行に李牧は激怒しますが、

王命となれば逆らえず、涼しい顔をしている桓騎を睨みつけながら北へと帰還していきます。

 


 

キングダム598話ネタバレ予想 李牧の失脚と信の大将軍就任

矛を持った信

 

邯鄲(かんたん)に帰還した李牧に待っていたのは、鄴失陥の責任を取っての死罪でした。

これは郭開(かくかい)が強く主張しますが、このような混乱期に大将軍を処刑するのは、秦を図に乗らせてさらなる侵略を招くと反対も多く、

幽繆王の采配で、李牧は再び雁門(がんもん)で守備隊長として活動する事になります。

 

一方で勝利した秦では、華々しく論功行賞が行われ、王翦(おうせん)、桓騎、楊端和(ようたんわ)王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)、そして信の六人が新しく六大将軍に任じられます。

いよいよ、大将軍に封じられた事で信と(ひょう)の願いが叶います。

 

信「今度はお前の夢だな政、中華統一」

政「ああ、困難な道だがきっとやり遂げる。だが、それにはお前という剣が必要だ」

信「へっ、任しとけって」

 

こんなやり取りが論功行賞が終った後の咸陽の片隅で行われます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム598話ネタバレ予想 幕間、逐客令の夜

ネズミで人生を変えた李斯

 

紀元前235年、毐国(あいこく)の乱に関係して失脚していた呂不韋(りょふい)が死去します。

秦王政は、その亡骸(なきがら)を密かに葬るように命じます。

ここで、秦国内では秦人ではない余所者(よそもの)を国から追い出せという逐客令(ちくかくれい)の議論が起きます。

呂不韋や嫪毐(ろうあい)のような余所者が秦の政治に介入し混乱させないように外国人は全て排除すべきと言うのです。

この為に、山の民である揚端和(ようたんわ)も謂れのない批判を受けました。

多くの犠牲を払い、秦に尽くした山の民の間でも不満が広がります。

 

再び、ギクシャクしだした秦ですが、ここでは李斯(りし)が真っ向から反論し(李斯も楚人)秦王政も李斯を強く支持したので収まりました。

さらに秦王政は、毐国の乱でしこりが生まれた秦国の結束を強める為に、斬首した嫪毐の一族を流刑にした蜀から呼び戻して、

中華統一の為には、まず秦が恩讐(おんしゅう)を捨てて結束せねばならぬと訴えて大きな支持を得ます。

 

逐客令の時、流れ者である羌瘣(きょうかい)も槍玉に挙げられます。

こういう時には、少しも反論しない羌瘣は言われた通りに秦を去ろうとします。

それを知った信は、激しく動揺し、どうしていつも羌瘣が仲間である自分の前を離れようとするのか分からなくなり、河了貂(かりょうてん)愚痴(ぐち)を漏らします。

 

河了貂「どうして羌瘣が無茶をして飛信隊に尽くすのか、わかんないのかよ鈍感!

信が好きだからだよ、羌瘣は飛信隊の仲間としてじゃなく、ずっと信の傍に居たいんだよ

お前に連れ戻して欲しいんだよ、行くな!俺のそばにいろって言って欲しいんだよ!」

 

信「テン、お前、何で泣いて・・」

 

河了貂「いいから早く追いかけろ、バカ信!本当に羌瘣が消えてしまうまえに!」

 

涙声になりながらの河了貂の言葉に、信は自分の動揺が仲間ではなく、最愛の人を失おうとしているためのものである事に気がつきます。

そして、無我夢中で馬を飛ばし、函谷関を越えようとする羌瘣に追いつきます。

 

羌瘣「私は余所者なのだ、お前が庇っても私が余所者である事は死ぬまで変わらない」

信「そんな事ねえ!羌瘣、お前が俺の妻になればいい、それでずっと一緒だ」

 

こうして強引に信が羌瘣の唇を奪い、その日の夜、信の小屋でウヒョ!があり二人は目出度く結婚します。


  

 

 

キングダム598話ネタバレ予想 桓騎の快進撃

 

論功行賞で、その功績が最も認められたのは桓騎でした。

秦始皇本紀にも、紀元前236年の項に桓齮将たりとあります。

こちらを漫画では、桓騎が六大将軍の一人に任命された根拠にするでしょう。

紀元前234年、桓騎は趙の平陽を攻め李牧に代わり総大将になった扈輒(こちょう)を斬りついでに趙兵10万人を斬首します。

絶頂期を迎える桓騎ですが、この年の正月、不気味な彗星が出現します。

紀元前233年、10月、桓騎はさらに趙を攻めました。

しかし、ここで趙では一度雁門に左遷(させん)された李牧が復帰していました。

度重なる桓騎の残虐行為が腹に据えかねていた李牧は、桓騎という狼を罠にかける為に、入念な蜘蛛(くも)の糸を張り巡らします。

 

キングダム598話ネタバレ予想 天才韓非の予言

 

まさに桓騎が李牧の罠にかからんとしている時、韓から韓非(かんぴ)という男がやってきます。

一見して身なりに拘らないこの人物は、自分こそは李牧を超える軍師と言い

秦王政に対して、自分を軍師として中華統一の事業に携わらせるように要求します。

 

「中華は急いでいる、俺は韓の王族だが、そんな事は大した事ではない。

俺は中華の臣であり、秦王、あんたは中華の王を目指す者だ」

 

そして、自分の頭には、六国切り取りの計略がすでにあると宣言するのです。

 

しかし、あまりにも高飛車で無遠慮な韓非の態度に群臣のガヤが反対すると韓非は、自身の有能さの証拠に、

今、まさに秦将桓騎が見舞われる悲劇を咸陽から予言すると言います。

 

「桓騎は、肥に籠城する李牧をおびき出す為に周辺の城で得意の残虐行為を為すだろう。

しかし、李牧はそれを織り込み済みで決して挑発には乗らぬその間に、桓騎が兵糧を置く宜安では士気が緩み切るだろう。

李牧はそこを突き、宜安を陥落させて兵糧を全て吸収する。

依拠する兵糧を失った桓騎は、一かバチかの宜安の再奪回を試み、李牧の伏兵によって、完全なる全滅の運命を迎える」

 

韓非の予言は、昌平君や秦王政、王翦が密かに危惧していた事でした。

そして、その予言は飛び込んできた伝令により的中する事になるのです。

李牧を凌駕する恐るべき天才軍師、韓非の鮮烈のデビューです。

一方の桓騎は敗戦の責任を取らされる事を恐れて秦に還らずいずこともなく姿を消します。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

以上、キングダムの鄴攻め以後の2~3巻分を大予想してみました。根拠としては、秦始皇本紀や趙世家を根拠にしています。

韓非は、史実では始皇帝に思想面で影響を与えたものの、実際には、活躍を李斯に疎まれ嫌疑を掛けられ獄死した可哀想な人ですが、

そこは始皇帝に強烈なインパクトを与える人物なので、漫画では脚色が加えられて李牧を凌駕する天才軍師という性格を与えてみました。

もちろん、歴史を無視できないので、キングダムの韓非も非業の最期を迎えるとは思いますが、

そこには、なかなかな感動的なドラマがあるのではないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい?」

関連記事:【キングダム】王賁の最期は?どんな死を迎えたの?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. kawauso
  2. キングダム55巻
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム54巻amazon
  5. キングダム55巻
  6. 炎上する城b(モブ)


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP