キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム53巻

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、597話では藺相如(りんそうじょ)王騎(おうき)のまさかの邂逅(かいこう)が描かれました。

遠い昔から中華は一つになる事を夢見ていると知悉(ちしつ)していた藺相如ですが、同時に統一は趙によって為されると強い信念を持っていました。

「中華を統一する剣は断じて強靭(きょうじん)でなければならぬ、だからこそ他国がその剣を持っていたらなら全力で殺せ」

最期の遺言でそう予言した藺相如、趙峩龍(ちょうがりゅう)はその予言を遂行するべく逃げる事を止め信の首を狙います。

いよいよ今回、信と趙峩龍の一騎打ちに決着がつきます!!

 

※この記事はキングダム598話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

自称・皇帝
当記事は、
「キングダム 598話」
「キングダム 紡ぐ者」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム598話ネタバレ予想ガチリアルに漫画の流れを予想する

関連記事:キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦場は?」

 


 

キングダム最新ネタバレ598話 馬南慈を振り回せギャギャギャ!

ボロボロになりながらも戦う信

 

趙峩龍と信が渾身の戦いを繰り広げている時、亜光(あこう)軍と馬南慈(ばなんじ)軍の戦場では馬南慈が矛を振り回し亜光軍を圧倒します。

しかし、そこでただ一人、亜花錦(あかきん)だけが悪い流れを打ち切るように周辺を攪乱(かくらん)していました。

それにしても、亜光軍は弱い、亜光将軍一人いないだけでこうも違うのか、それとも段茶(だんさ)将軍が無能なのか・・

 

馬南慈軍の将兵は、蠅のようにまとわりつく亜花錦に苛立ち、先に亜花錦を潰そうとします。

 

「放っておけ、この場の敵をもう少し葬れば、あの蠅に何もできるものではないわ」

 

馬南慈は亜花錦が、攪乱により時間稼ぎを考えている事を察知しその挑発に乗らないのです。

それよりも亜光軍を全滅させて趙峩龍の本陣に向かい、信の首を刎ねようと企んでいました。

 

計略を見抜かれて亜花錦は焦ります。

(馬南慈軍の足止めも限界に近い、急げよ、飛信隊、信)

 


 

キングダム最新ネタバレ598話 玉鳳隊vs堯雲軍の激闘

王賁

 

ここで場面は転換し王賁(おうほん)関常(かんじょう)が不在の玉鳳隊(ぎょくほうたい)vs堯雲軍(ぎょううんぐん)の戦いが続いています。

普段なら五分五分で対抗できそうな玉鳳隊ですが、王賁と関常がリタイア状態で番陽(ばんよう)が指揮官では無理があり、

槍が刺さってヘッジホッグのようになった番陽が頑張るも、とうとう包囲網を堯雲軍の騎兵が抜けます。

 

横一列になった玉鳳隊の隙間から堯雲の騎兵が次々と飛び出します。

このままでは総崩れ、その時、番陽は声をあげて周囲に呼びかけました。

「一人でも多くの敵の足を止めるのだ、そうすれば飛信隊信が趙峩龍を討つ」

 

ここでも、困った時の信頼みが発生しています。

中央軍の本営でボーッと李牧(りぼく)と対峙する王翦は一体何をしているのでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム最新ネタバレ598話 河了貂も信頼み!

 

亜光軍と玉鳳隊が敵に抜かれていく様子は軍師の河了貂も目撃していました。

さらに伝令によると飛信隊本陣を狙っている敵の小隊まで存在するようです。

 

やっと出てきました趙峩龍が放った別動隊、、しかし小隊、、小隊って趙峩龍言っていました?

 

何にしても備えが無い本陣は急襲されたら捨てないといけません。

「それよりも信からの報告は!」

急報を届けにきた仲間に確認しますが、仲間は「まだ来てない」とつれない返事です。

やばす!このままでは秦軍右翼の崩壊が間近いです。

 

(信、頑張って!!)

河了貂、岡村孝子状態で、趙峩龍と激闘している信に心の中でエールを送ります。


  

 

 

キングダム最新ネタバレ598話 趙峩龍の一撃が信に炸裂

羌瘣

 

森の中では信と趙峩龍の直接対決が続いていました。

しかし、自軍の大将が一騎打ちをしているのを趙兵が見過ごすわけはなく信の前に群がり出ます。

それに対し、出撃する飛信隊、羌瘣(きょうかい)も再び巫舞(みぶ)を舞おうとしますがやはり吐血します。

さらにその隙を突かれて趙兵によって馬から叩き落とされてしまいます。

それを救出する我呂(がろ)、しかし疲れているのは羌瘣だけではありませんでした。

信も背中の傷と疲労から、趙峩龍に押されまくっていたのです。

 

「そんなバカな、あんな軍師のような男に信が・・」

 

信じられないような顔をしている飛信隊に、律義な趙峩龍が反応します。

「弱いわけがなかろうが!!」

 

藺相如が王騎に言ったように思いを紡いでいくのが人ならば趙峩龍の肩にも、先に死んだ藺家十傑(りんけじっけつ)と病気で早死にした主君がいます。

 

「わしは、こんな所で負けるわけにはいかぬのだ!砕け散れ、飛信隊信」

 

そこで趙峩龍渾身の一撃が信に直撃しました。

 

白目になり意識が薄れていく中で信は無意識で手綱を掴み落馬を防いでいました。

王賁とは違います、信はまだ倒れません。

 

キングダム最新ネタバレ598話紡ぐ者

 

そんな趙峩龍の言葉を我呂に支えながら聴いていた羌瘣

 

「だったら、あいつも負けない、あいつも全員の思いを余さず紡いでいる全ての思いを・・・」

 

走馬灯のように記憶が甦り、薄れる意識の中で信の中にこれまで倒れてきた沢山の仲間とライバルの顔がよぎります。

 

(まだ、ここで終われねェ・・)

 

信は意識が薄れる中で矛を振り上げていました。

目の錯覚か趙峩龍には、それが王騎そのものに見えたのです。

 

「ルアアッ!!」

 

渾身(こんしん)の一撃が趙峩龍の体に突き刺さり、血飛沫(ちしぶき)が吹き出しました。

いよいよ、決着の時が近づいています。

 

キングダム最新ネタバレ598話 天下の大将軍

 

勝負はつきました、大量出血で趙峩龍のパワーは大きく削がれています。

しかし、こんな状態でも趙峩龍は藺相如の言葉を思い出していました。

 

(伝えておきたい主との二つの約束)

 

趙峩龍は藺相如との約束を果たすべく信と戦ったが、もうひとつの二つ目の約束は果たせない

だからこそ、同じく主の遺言を聞いていた堯雲に託します。

 

(二つ目は堯雲、、お前が)

 

その時、堯雲は盟友の死を感じ取り無言で虚空を見上げていました。

 

半死半生の趙峩龍に再び、信が王騎の矛を叩き込みます。

「中華を統一する王、嬴政(えいせい)金剛(こんごう)の剣だ!そして俺は、俺は、天下の大将軍になる男だっ!!」

 

信の矛は趙峩龍を貫きます、勝負はあったのです。

 

 

煽り:意識朦朧(いしきもうろう)ネタは、犬戎王ロゾを討った(へき)に続いて二例目と言ったら感動半減か?

ついに趙軍左翼の中枢、趙峩龍を討ち取った信、次に出てくるのは堯雲か?

趙峩龍が逆襲の為に飛信隊本陣に送り込んだ土雀隊は間に合うのか?

以下は、混沌のキングダム599話につづく

 

キングダム599話予想

 

今後の展開ですが、おそらくこうでしょう・・

趙峩龍に後を託された堯雲が玉鳳隊と交戦している部隊を引き上げて弔い合戦の為に飛信隊に再度戦いを挑む、、

それにより、堯雲軍の重圧から解放された玉鳳隊は亜光軍と連合しオラオラ状態の馬南慈軍を挟撃し、馬南慈は本陣に戻る所ではなくなる。

飛信隊本陣を狙った趙峩龍の小部隊は、回復した関常と王賁に滅殺される。

こうしてあらかたガヤが片付いた所で信vs堯雲のリターンマッチが起こりまたしても意識朦朧アタックで信が堯雲を討ち取る。

おそらく十五日目はないと思います。

 

いくらなんでも(ぎょう)から兵糧焼けましたの情報が届くでしょうし、2日間、絶食状態で戦える軍隊なんてギネスブックものです。

なので、堯雲が討たれた辺りで日没鄴から陥落の知らせが届き、鄴攻めはゲームオーバーだと思います。

 

追記:キングダム599話が5月9日に発売されました。

予想に反して、戦いは十五日目に突入します。秦軍の絶食状態は続くようです。

趙峩龍は戦死しましたが、堯雲と馬南慈は討ち取れずに日没になりました。

しかし、十四日目の深夜に、キングダム読者から忘れさられたあいつが

朱海平原の左翼軍に出現します。一体ソイツは何者なのか!

詳しくは↓こちらから読めます。

キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー

 

キングダム(春秋戦国時代ライター)kawausoの独り言

 

弱い、卑怯、ズルいの三拍子揃った趙峩龍がようやく討ち取られました。

こんなに時間がかかると予想した人は恐らく一人もいないでしょう。

次の堯雲は何週間かかるのでしょうか・・

 

前回記事:キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい?」

関連記事:キングダム597話ネタバレ予想「趙峩龍は予言で死ぬ!藺相如の言葉とは?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. キングダム53巻
  3. キングダム
  4. 三国志のモブ 反乱

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP