ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

七縦七擒とは何?孟獲は不死の術を使って諸葛亮と対決した?

ゾンビ化した孟獲


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陳羣

 

一石二鳥(いっせきにちょう)二律背反(にりつはいはん
)
三々五々(さんさんごご)など数字を使った四字熟語(よじじゅくご
)
があります。しかし、「七縦七擒(しちしょうしちきん)」の意味を理解している三国志ファンは少ないでしょう。

理由は漢字が後漢時代(ごかんじだい)のままだからです。

 

陳羣

 

現在の漢字と異なる用法なので古語を勉強しているようなイメージ。

それでは孟獲目線(もうかくめせん)七縦七擒(しちしょうしちきん)のストーリーを紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
七縦七擒とは」
孟獲 不死の術」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

 


 

孟獲って、どこの人?

孟獲

 

名前からして漢王朝(かんおうこふ)の人物ではありません。孟獲(もうかく)の生まれは益州(えきしゅう)建寧郡(けんねいぐん)、現在の雲南省(うんなんしょう
)
辺りです。現在ではコーヒーの栽培ができるほど南にある暖かい地域ですから、朝廷の支配は及んでいても緩いものでした。

 

祝融

 

妻は祝融(しゅくゆう)と言い、彼女は架空の人物です。

 

朶思大王と孟獲

 

孟獲は大柄なキャラで描かれ、少数民族が多い山間部であったことから、ゲーム『三國無双』では羽飾りをかぶっていたりします。実在した人物で三国志演義(さんごくしえんぎ)にも登場します。

 


 

レジスタンス運動をした孟獲

孟獲キャッチコピー

 

孟獲は地元の豪族でしたから、劉備(りゅうび)孫権(そんけん)の力が及ばないような山あいでも権力を奮っていました。諸葛亮(しょかつりょう)が南方を攻めることは20世紀のヴェトナム戦争のような状況だったのです。当時、中国の南方には「雍闓(ようがい)」という権力者がいました。彼は劉備の死後、蜀に従うのを嫌がり、抵抗してきました。

 

呉の孫権

 

そんな折り、呉の孫権から雍闓(ようがい)永昌太守(えいしょうたいしゅ)に任命されます。彼の心の中で呉への仲間意識が芽生えるのです。ほどなく高定とともに永昌の地を攻撃。ところが、郷土の勇士・呂凱(りょがい
)
に阻止されてしまいます。

 

孔明

 

ここでチャンスとばかりにしゃしゃり出てきたのが諸葛亮です。劉備の後を継ぎ、蜀の実権を握っていました。勇み足で雍闓討伐へと向かいます。

 

そこで事件は起こります。リーダー格の雍闓が部下に殺されてしまうのです。まもなく孟獲が彼の後を継ぎます。諸葛亮の進軍に対し、地の利を生かしてレジスタンス運動を始めるのです。

 

朶思大王

 

原住民をはじめ、朶思大王(だしだいおう
)
木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
兀突骨(ごつとつこつ
)
が孟獲に賛同します。

 

孔明退治を妄想する朶思大王

 

かくして南方軍事同盟が結成され、諸葛亮撃退へと南方の地が奮い立つのです。

 

【劉備と蜀漢に忠誠を誓った闘将・魏延】
魏延特集


 

孟獲が使った不死の術とは?

ゾンビ化した孟獲

 

現在も先住民の間で語り継がれる逸話に孟獲の「不死の術」があります。孟獲は諸葛亮に斬首された後も首だけでぴょんぴょん移動し、軍師・諸葛亮を五回も捕まえたと言われています。中にはゾンビになったという説もあるほどです。それぐらい少数民族の抱く怨念が強かったのでしょう。

 

なぜ孟獲は七回も捕まったのか?

7回捕まり孔明にボコボコにされる孟獲

 

七縦七擒という言葉は、孟獲と諸葛亮との戦闘で登場します。七回従って、七回放たれるという意味です。

 

「縦」の字は漢音読みのため、現代風にいうと従うという意味の「従」に近いです。「擒」は手で鳥などの家禽を捕まえるという意味です。家禽とは家畜のニワトリ版のようなものです。使われている字を見ても分かるように蜀は孟獲を下に見ていたことが分かります。

 

実は孟獲が戦う前から蜀と南方との関係は悪化していました。むしろ呉との関係の方が良好でした。

 

劉備

 

それは劉備が死んだことに起因し、南方戦線で反乱が起きたためです。そのため、七回捕まえたというより七回戦ったという方が実際のイメージに近いでしょう。

 

朶思大王、孟獲

 

そして、抵抗する孟獲は、なんとしても蜀の支配から逃れたいという強い思いで七回も脱走を試みたのです。知略で上回る諸葛亮に最後は敗北を認めるレジスタンスですが、かの諸葛亮も一筋縄ではいかなかったようです。

 

蜀軍をボコボコにする祝融

 

また、五回目の脱走の際、孟獲(もうかく)の妻である祝融(しゅくゆう)が助けに来たという話もあります。祝融は夫のあまりの頑丈さに関心し、心を動かされたそうです。

 

罪人(囚人)

 

アメリカのドラマでも刑務所から脱獄するのは数回でしょう。しかも孟獲は脱獄した後もたびたび捕まってしまうところに三国志の面白さがあります。

一般人ならば3回目ぐらいであきらめてしまうところを決死の覚悟で脱獄した上に、もう一度戦おうとするのですから、根性のある豪族(ごうぞく)です。

 

挑発する諸葛亮孔明

 

結局、七回も捕まったのは諸葛亮の策の一つで、武力ではなく人心を動かして服従させる方法をとっていたことが判明します。


  

 

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

七回も捕まった孟獲ですが、蜀に捕らわれた後は出世し、官位(かんい)も授かっています。こうした懐柔(かいじゅう
)
がなければ、また雲南(うんなん)一帯で反乱が起きると蜀の重臣たちは考えたのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 

【動画】三国志が日本で人気な理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚し…
  3. 本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実
  4. 趙雲子龍 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  5. 司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  6. 孔明 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  7. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ?
  8. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ 【赤壁の戦いの結末】劉備・曹操・孫権はどんな事があったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 新選組の土方歳三
  3. 三国志のモブ 反乱
  4. 蜀の外交官・鄧芝
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 劉姫
  7. 呂布の英雄石像
  8. 曹操
  9. 曹操のお墓(曹操高陵)
  10. 藏覇(臧覇)と孫権

おすすめ記事

  1. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 曹操50万の兵
  2. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  3. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  4. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 袁紹と曹操
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2 はじめての三国志 画像準備中
  6. 漢と楚、軍配が上がるのはどっち?色々な面で両者を比べてみた 劉邦と項羽

三國志雑学

  1. 車に乗る諸葛亮
  2. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  3. 徐晃と許チョと曹操
  4. 袁術と孫策


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹仁と曹操
  2. 呉蜀赤壁の戦い
  3. はじめての三国志
  4. 立花宗茂
  5. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

おすすめ記事

後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 曹操 まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操 京劇の格好をした関羽 なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している? 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 はじめての三国志 画像準備中 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 王元姫 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP