インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

三国志世界でも、特にワイルドな人々が住む南蛮王国、それだけ聞くと、

みーんな脳筋武将だけのように聞こえますが、決してそのような事はありません。

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)に敗れた孟獲(もうかく)

弟、孟優(もうゆう)の紹介で頼った禿竜洞(とくりゅうどう)の

朶思(だし)大王は、南蛮随一と謳われた知者であり、まさに南蛮版の諸葛亮孔明だったのです。

こうして、インテリ対インテリの知力の限りを尽くした激闘が始まります。

 

※朶思大王は三国志演義のみに登場する架空の人物です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件


孔明相手に四度も負けた孟獲は、弟の紹介で南蛮武将、朶思大王を頼る

 

孟獲は、調子こいて孔明に挑んでは、負けて捕まり釈放されるという事を繰り返し

ついに、四度目の釈放となります。

この頃になると、孟獲に従う部下もいなくなり、捕まった時の負け惜しみにも

苦しくなってきたのですが、一緒に逃げていた孟優が

 

「兄貴、禿竜洞の朶思大王は南蛮一の知恵者と聞くぞ!あいつを頼ろう」

 

と言ってきたので、これは渡りに船と使者を出して朶思大王に協力を願います。

朶思大王は、南蛮を荒らし回る蜀軍を止める為に孟獲を受け入れました。


戦慄!南蛮随一の知者 朶思大王の知力とは!

 

孟獲と孟優を受け入れた朶思大王は、盛大な酒宴を開きます。

そこで、孟獲は朶思大王が、どんな計略を持って孔明を迎え撃つのか聞きます。

 

「ふふん、わが領地には4つの毒泉がある、ひとつは飲むと口が利けなくなり

10日間では死に至る唖(あ)泉、毒気に触れるだけで肉が爛れ骨が露出する滅泉。

手足が黒くなり死ぬ黒泉、そして、体が綿のようにふやけて死ぬ、柔泉ダシ。

この禿竜洞に辿りつく道は二本あるが、そのうち、東北の道を封鎖すれば、

通過できるのは毒泉の道のみ、蜀軍は毒にもだえ苦しみ死ぬのダシ!」

 

・・・・・あり?それって知略、、いえいえ、地形や毒泉を使うのも立派な

兵法だと言えるでしょう。

単純な孟獲と孟優はスゲーの一言で朶思大王の知略に感心します。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

苦戦する蜀軍だが、孟獲の兄が解毒してあっさり通過

 

そうとは知らない蜀軍は、禿竜洞への道を進み、毒泉エリアに差し掛かると、

たちまち兵士が毒に苦しみ、うめき始めました。

 

「なんという事だ、これが朶思大王の計略、、どうすればいいんだ!」

 

窮地に陥る孔明ですが、そこに孟節(もうせつ)という人物が通りかかり

兵士に解毒剤を与え、あっと言う間に治療してしまいました。

孔明がお礼を言うと、孟節は自分の身の上話を語ります。

 

「私は、あなたが戦っている孟獲の兄です、弟は物欲の塊で嫌気が差した私は

地位を捨て、ここで毒泉にやられた人々の治療を行っています」

 

このように淡々と語ると、薤葉芸香(かいようげいこう)という口に含むだけで

毒を避けられる薬草を与えて去っていきました。

孟獲は身から出た錆で朶思大王の計略をブチ壊してしまうのです。


知将、朶思大王、孔明の計略であっさり捕まる

 

蜀軍に、あっさり毒泉を通り抜けられた朶思大王は大慌てになります。

まさか、あの毒泉を抜けられるとは思っておらず、次の計略の用意もないのです。

しかし、天は、朶思大王を見捨てませんでした。

銀治洞二十一洞の洞主だった楊鋒(ようほう)が5人の屈強な息子と、

3万人という大軍を引き連れて援軍にやってきたのです。

 

楊鋒「孔明めは、我々が討伐いたそう、心配には及ばぬ」

 

朶思大王と、孟獲、孟優は大喜びし、早速、楊鋒を招いて大宴会をします。

そこで、楊鋒は、折角呼んでもらって何の余興もないのは寂しいと女達を舞わせ

盛んに、朶思大王と孟獲、孟優に酒を勧めます。

こうして、3名が泥酔した所を楊鋒は、5人の息子と共に、とっ捕まえて、

孔明に引き渡してしまいました。

すでに、楊鋒は蜀軍に敗れ降伏し寝返っていたのです。

禿竜洞は陥落しますが、孔明は再び、孟獲と朶思大王を開放します。


  

 

孟獲が帯来洞主の助言で木鹿大王を呼びにいく・・

 

孔明に開放された孟獲と、本拠地の禿竜洞を追われた朶思大王は、

行動を共にし、孟獲は銀抗洞という所で精兵を集めはじめます。

そこで孟獲の妻、祝融(しゅくゆう)の弟、帯来(たいらい)洞主がアドバイスをします。

 

帯来洞主「孔明は手ごわいヤツ、これだけでは足りません

さらに南に、木鹿(もくろく)大王という猛獣を使う男がいますから

そこまで行ってさらなる援軍を請いましょう」

 

朶思大王「孟獲、行くんだダシ!孔明はワシが城で喰い止めるダシ」

 

こうして朶思大王が残り、三江城に籠城して蜀軍を迎え撃って止める事にします。

その間に孟獲の一行をさらに南に逃がす計画でした。

 

朶思大王、三江城で計略を発動する!

 

朶思大王の立て籠もる三江城は、高い城壁を持っていました。

蜀軍は、一息に攻め落とそうと魏延(ぎえん)と趙雲(ちょううん)に

三江城を攻めさせますが、ここで、朶思大王の計略が炸裂します。

 

そう、それは毒矢です、、ちょっと、ちょっと何ですか?

また、毒かよって、毒を扱うのは今でも特別な資格がいるんですよ。

これだって立派な知略というものです、ぷんすか!

 

朶思大王の毒矢部隊は強力で戦死者が続出した蜀軍は一度撤退します。

流石は知将、朶思大王、ついに趙雲と魏延のメジャーどころを破りました。

 

孔明の計略の前に朶思大王、敗れ去る・・

 

しかし、相手は天才軍師孔明、すぐに兵士達に砂袋で土嚢を積ませます。

こうして毒矢攻撃は、土嚢によって阻止され、命中しなくなっていきます。

 

sp_title01

 

 

インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!


 

関連記事

  1. 袁術
  2. 曹操 詩
  3. 残忍な曹丕
  4. 郭嘉の本
  5. 曹丕
  6. 龐統と的盧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP