水滸伝に登場する四大悪人(四姦)をざっくりと分かりやすく紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水滸伝って何? 書類や本

 

水滸伝(すいこでん)』は(みん)(1368年~1644年)の時代に作られた小説です。中国では『三国志演義(さんごくしえんぎ)』に匹敵する人気を誇っております。

モチーフは北宋(ほくそう)(960年~1127年)末期の小規模な反乱です。

 

水滸伝の宋江

 

リーダーの宋江(そうこう)も実在しています。この『水滸伝(すいこでん)』には悪人が登場します。

 

こいつらが悪役達だ!

 

有名なのは高俅(こうきゅう)童貫(どうかん)楊戩(ようせん)蔡京(さいけい)の4人です。

この4人は非常に有名であり、『水滸伝』の〝四姦〟と呼ばれています。

そこで今回は高俅・童貫・楊戩・蔡京を紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「水滸伝 登場人物」
「水滸伝 四大悪人」
「水滸伝 四姦」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!

 


 

高俅

高キュウ(高俅)

 

高俅(こうきゅう)は四姦で最初に登場します。

特技は蹴鞠(けまり)・・・・・・現在のサッカーとバレーを組み合わせた遊びです。

 

林冲

 

物語の中心的な悪党であり108星(ひゃくはっせい)林冲(りんちゅう)楊志(ようし)は彼のせいで罪に落とされます。

水滸伝(すいこでん)』ではヤ〇ザ出身という設定になっていますが、これは嘘ではないようです。

 

高キュウ(高俅)

 

史料(しりょう)にも彼がヤ〇ザと繋がりがあったことが記されています。ただし、特技が蹴鞠(けまり)だったのかは不明です。

ちなみに、高俅(こうきゅう)は4人の中で最も史料が少ない人物です。

 

高キュウ(高俅)

 

そのため、実際の彼がどれくらいの悪党だったのかは分からないのです。

行っていた悪行も分かっているだけで金銭着服をして、それを私用に使った程度らしいです。

 


 

童貫と蔡京

童貫

 

童貫(どうかん)は宦官です。

宦官は男性器を切り落として後宮に仕える役職です。男性器を切り落としたら髭が生えなくなるのが特徴ですが、童貫(どうかん)は髭が生えていたようです。

また、軍事に精通していたので軍を率いて戦うこともしていました。

 

童貫

 

特殊な宦官なのかと思うかもしれませんがそんな事はありません。

宋には童貫以外にも軍を率いる宦官はいたので、大して珍しいことではないのです。

 

蔡京(水滸伝)

 

さて、この童貫は後述する蔡京(さいけい)が地方官だった時に知り合った人物です。

趣味が蔡京と一緒で書画・骨董収集だったのですぐに意気投合しました。

 

徽宗は北宋の第8代皇帝

 

都に戻った蔡京は童貫と一緒に、北宋(ほくそう)第8代皇帝徽宗(きそう)に媚びを売りました。徽宗(きそう)の趣味も書画・骨董収集なので2人は、トントン拍子に出世しました。

当時の人々は蔡京を〝(じじい)宰相〟、童貫を〝(ばばあ)宰相〟と呼びました。ところが、権力を握った2人もやがて終わりがきます。

 

「金」の国旗をバックとした兵士

 

北方の(りょう)(916年~1125年)が衰退したので、北宋(ほくそう)は新興勢力の(きん)(1115年~1234年)と同盟を結びました。

同盟の結果、長年の宿敵だった(りょう)を滅ぼすことに成功します。ところが、金との約束になっていた金銭の話になると北宋は態度が変わりました。

怒った金は北宋に攻撃を仕掛けて都を包囲しました。

 

童貫

 

徽宗は謝罪して引退する決意を固めました。

次に責任者の処分です。蔡京(水滸伝)

 

蔡京(さいけい)は80歳以上の高齢なので流刑にしましたが護送中に亡くなりました。

童貫(どうかん)は死刑になりました。最期は首が太くて斬りにくかったようです。

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋


 

楊戩

楊ゼン(楊戩)

楊戩(ようせん)宦官(かんがん)です。4人の中では影が薄い人です。

しかし極悪レベルは、高俅より上です。

楊戩(ようせん)は副業として不動産経営を行っていたようです。

 

楊ゼン(楊戩)

 

これがとんでもない商売であり、所有権のはっきりしない曖昧な土地はすぐに政府のものとして没収していたようです。

面白いことに楊戩は梁山泊(りょうざんぱく)近くの湖水にも税金をかけました。

 

魚・藻・岩・・・・・・とにかく手当たり次第です。

 

三国時代の船(先登)

 

しかし、実際はそんなものから税金はとれません。なので、船を登録している漁師からとっていました。

ここまで行った悪党なので当然、最期は死刑と読者の皆さんは思うはずです。

 

ですが、世の中はそんなに甘くありません。楊戩は宣和(せんな)3年(1121年)に病死しています。

こんな悪人ほど普通に死ぬものです。


  

 

 

宋代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

今回は『水滸伝(すいこでん)』の悪人たちについて解説しました。

この4人以外にも悪人はたくさんいるのですが、他のキャラクターについてはまた別の機会に紹介します。

 

※参考文献

・宮崎市定『水滸伝 虚構の中の史実』(初出1972年 後に『宮崎市定全集12 水滸伝』(岩波書店 1992年所収)

 

関連記事:ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

関連記事:宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 


 

関連記事

  1. 史進(水滸伝)
  2. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  3. 燕青(水滸伝)
  4. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  5. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  6. 宋江(水滸伝)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP