董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董荼那(南蛮族)

 

諸葛亮(しょかつりょう)南蛮討伐(なんばんとうばつ)に対抗するため、孟獲(もうかく
)
が放った族長のひとり「董荼那(とうとな
)
」。

董荼那(とうとな
)
三国志演義(さんごくしえんぎ)に登場する人物です。

 

孔明君のジャングル探検

 

董荼那(とうとな
)
は戦いを通じて、諸葛亮(しょかつりょう)軍と孟獲(もうかく)軍の板挟みに遭います。それは企業の中間管理職のような苦しみでした。

ここでは董荼那(とうとな
)
の優柔不断な人生を孟獲とともに追っていきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「董荼那 人物像」
「董荼那 三国志」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:忙牙長とはどんな人?水牛を使っても諸葛亮に勝てなかった南蛮副長

関連記事:木鹿大王とはどんな人?白い象を操る南蛮のウィザードが色々カオス

 


 

仲間といやいや出兵する董荼那

孟獲とラブラブな祝融

 

諸葛亮の南蛮討伐というとボスは孟獲(もうかく)という印象を受けます。

しかし、南蛮は現在の中国・雲南省(うんなんしょう
)
やミャンマー付近の総称。

 

 

現地の人から言わせれば、南蛮(なんばん)などと十把一絡げ(じっぱひとからげ)にされては、たまったものではありません。

 

その証拠に孟獲兄弟とは別に董荼那を含む五溪洞人が登場します。

五溪洞は3つの地区に分割統治され、その第二洞の地区を担当していたのが董荼那(とうとな)でした。

 

阿会喃(あかいなん)

 

ほかに2つあり、阿会喃(あかいなん
)
金環三結(きんかんさんけつ
)
が治めていました。

 

阿会喃(あかいなん)

 

近くに住む孟獲兄弟は彼らを仲間に引き入れ、諸葛亮討伐に向かわせます。

しかし、それほど乗り気でなかった董荼那の三人。勝利した者には五溪洞すべてを統治する権限を与えると言った孟獲の言葉を受け、出陣します。

 


 

敵からお説教をくらう董荼那

阿会喃(あかいなん)と孔明

 

しぶしぶ戦地へと向かう董荼那隊ですが、諸葛亮軍は予想以上に手強く、リーダー格の金環三結(きんかんさんけつ
)
が殺されたことから、あっさり捕まってしまいます。

 

阿会喃(あかいなん)と孔明

 

そして、諸葛亮は七縦七擒(しちしょうしちきん)プロジェクトに従い、董荼那と阿会喃(あかいなん)を解放します。

兵糧を運ぶ兵士

 

首を垂れて本陣へと戻ってきた董荼那らは、孟獲兄弟にけしかけられ、再び出兵。

補給路を絶っていた馬岱(ばたい
)
をやっつけるよう命令されます。

 

馬岱

 

ところが、馬岱(ばたい)馬超(ばちょう)の秘書としても働いていた頭が切れる人物。

諸葛亮が恩情(おんじょう
)
でもって解放してやったのに、もう一度攻めてくるとは、なんと薄情な輩だとののしられます。

 

善人になる董荼那(南蛮族)

 

こうして董荼那(とうとな
)
の心に天使の心が芽生えます。

 

孔明に惚れる阿会喃(あかいなん)

 

それは同じ村の阿会喃(あかいなん)も同じでした。

 

【劉備と蜀漢に忠誠を誓った闘将・魏延】
魏延特集


 

ボスの孟獲を100回も叩く董荼那

朶思大王、孟獲

 

敵に諭された董荼那と阿会喃。本陣に戻ると孟獲兄弟こそ奸賊であるとして、血眼でボスを探します。

すると彼らは見つけるや否やこん棒で100回も叩き、民族の恨みとばかりに徹底的にこらしめると縄でしばって、そのまま諸葛亮の元へ送りつけるのです。

 

孟獲は村を一つ潰した!?

7回捕まり孔明にボコボコにされる孟獲

 

さて、諸葛亮の南蛮討伐の策は相手の心を揺り動かして、服従させるという七縦七擒(しちしょうしちきん
)
です

縄で縛られた諸葛亮が取った行動は孟獲の縄をそっとほどいてやり、村へ帰してやることでした。

 

自分だけでなく、ボスの孟獲まで解放されるとは予想だになかった董荼那(とうとな)

内心、焦ったことでしょう。自分たちの村に帰ってくるわけですから、逃げるに逃げられません。

 

諸葛亮の元へ行って、寝返ったとなれば再び馬岱(ばたい)にののしられ、民族としての誇りを失います。

 

阿会喃(あかいなん)と猛獲

 

ほどなく手に斧を持って、鬼の形相で董荼那(とうとな)阿会喃(あかいなん)に襲いかかる孟獲。彼ら二人だけでなく、村中の人を皆殺しにします。

 

金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)

 

金環三結(きんかんさんけつ
)
は最初の討伐で趙雲(ちょううん)の手で命を落としていますから、孟獲(もうかく)はたった一人で五溪洞の村ひとつを壊滅させたことになります。

 

孟獲キャッチコピー

 

 

村長がだらしないと住民まで命を奪われる世界。これは現代日本にも通じています。超高齢化社会で過疎化した村では運営が成り立ちません。

村長が移住政策などの措置を講じなければ、村として機能しなくなります。

 

朶思大王と孟獲

 

孟獲のように戦車に乗って県知事が攻撃をしてくることはありませんが、条例によって合併させられたり、移住を余儀なくされる可能性は大いにあります。

そのためにも董荼那のような人物ではなく、諸葛亮のように先見性があり、頭が切れるトップのいる町に住むべきでしょう。


  

 

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

 

董荼那は孟獲によって殺されますが、それは諸葛亮の指示によるものでした。

 

戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)

 

これは統治のもっとも効率的な方法で地元の人間同士をいがみ合う状態にさせ、現地の住民どうしで戦わせるというストラテジーです。

 

挑発する諸葛亮孔明

 

その諸葛亮の真意を見抜けなかった董荼那(とうとな)は、諸葛亮に解放された時点で蜀に寝返るか、はるか遠くの町へと逃亡するべきでした。

二回目に攻めてきた董荼那を説得しようとした馬岱の気持ちが手に取るようにわかります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 

【動画】三国志演義が見下される理由


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 北伐する孔明

    はじめての変

    孔明の北伐の目標はどこだったの?

    蜀の威信と存在意義を賭けた北伐は、…

  2. 陳震
  3. 劉禅
  4. 劉備に褒められる趙雲
  5. 腐れ儒者気質な孔融


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP