孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孟節(南蛮討伐)

 

南蛮(なんばん)の王者・孟獲(もうかく)を弟に持つ孟節(もうせつ)三国志演義(さんごくしえんぎ)にのみ登場する人物です。

孟節(もうせつ)は、(しょく)の南蛮制圧に抵抗するどころか、蜀軍の兵士を助けています。

 

南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)

 

孟節を南蛮の裏切り者と捉える節もありますが、はたしてそれは真実だったのでしょうか。

解毒に使った植物もあわせて、孟節の人生観に迫ってみましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「孟節 人物像」
「孟節 南蛮制圧」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭

関連記事:木鹿大王とはどんな人?白い象を操る南蛮のウィザードが色々カオス

 


 

孟獲たちと袂を分かつ孟節

孔明君のジャングル探検

 

南蛮に暮らす民族にとって蜀軍の侵攻は、ただの植民地政策に他なりません。一般感情からすると対抗心を燃やす孟獲たちの方が正しいように感じます。

しかし、兵を率いて戦うということは権力の争いに巻き込まれることを意味します。

 

祁山、街亭

 

権力や政治闘争に関わりたくないと思った孟節は町を離れ、山奥で自由気ままな生活を送ります。さらに、氏素性がばれないように名前まで変えます。

 

西遊記の孫悟空

例えるならば、都会での暮らしに嫌気が差した若者が田舎で新たな事業を立ち上げるようなものです。BMWを乗り回したり、六本木ヒルズには住めませんが、のどかでゆったりとした時間を得られます。満員電車からは解放され、起きたいときに起き、食べたいときに食べればいいのです。

 


 

南蛮討伐で兵士が話せなくなった!?

朶思大王

 

ある日、蜀軍は孟獲との戦いで毒の泉によって進路を阻まれます。その泉の水を飲んだ兵士たちが話せなくなってしまったのです。

 

病死する張羨

 

泉に限らず古代中国では毒によって敵兵を話せなくさせる策が用いられています。軍による攻撃は情報戦です。迅速に口頭で伝達できなければ、兵士として戦況を報告できず使い物になりません。字の書ける兵士などほぼゼロに等しく、書けたとしても時間がかかります。

 

 

また、権力者が口封じのために目撃者に話せなくなる毒を盛ることがあります。主に王宮と関係のない庶民などに使われます。

王妃のスキャンダルや暗殺シーンなど、その場に偶然居合わせてしまった庶民にこっそり盛ります。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

万安渓の仙人とは?

王平は四龍将

 

部下が毒にやられて困っていた王平(おうへい)。軍師・諸葛亮(しょかつりょう)の到着を待ちます。

 

孔明君のジャングル探検

 

すると諸葛亮は万安渓(ばんあんけい)にいると噂の仙人を訪ねます。地元の人から彼なら兵士の毒を直せるかもしれないと聞いたからです。

 

孟節(南蛮討伐)

 

王平を連れて、諸葛亮は万安渓(ばんあんけい)へと入っていきます。そこで諸葛亮は、足元まである白くて長い衣に緑色の目、黄色いの髪をした仙人らしき人物に遭遇します。

 

すると向こうから諸葛亮に話しかけてきました。

「もしかして、諸葛亮様では?」

「いかにも。どうして私のことを?」

諸葛亮は驚いて訊き返します。

「諸葛亮様の名は、ここ南蛮の地にまで知れ渡っています。

知らない人はいません。」

 

孔明

 

期せずして仙人に出会った諸葛亮、事情を話すと解毒剤を調合してくれました。丁寧な対応に軍師・諸葛亮は去り際に名前を尋ねます。

「孟獲の兄の孟節です。

両親は私、次男の孟獲、三男の孟優を生み、すでに亡くなっています。

そして、二人の弟は蜀に反抗し、戦を起こしたのです。

どうかお許しください。」

諸葛亮はため息交じりに言いました。

「ええ、彼らの抵抗は依然として続いています。

蜀の皇帝にお願いして、あなたを南蛮の王にして差し上げしましょう。」

「富と名誉を逃れて、この地に参ったのです。どうしてお受けできましょうか。」

そういうと孟節は諸葛亮の申し出を丁重に断ったそうです。


  

 

 

孟節はどんな解毒剤を使ったの?

朶思大王、孟獲

 

孟節の解毒剤によって、蜀軍の兵士の毒は回復し、孟獲たちを捕らえることができました。

さて、孟節は一体どんな薬草を煎じたのでしょうか。

 

劉雄鳴は三国志の仙人

 

それは薤叶芸香です。

金花茶(きんかちゃ
)
と言えば知っている読者もいるでしょう。数は少なく、古代中国では神様の植物と言われるほどレアな薬草でした。

 

スーパーDr華佗07 尹正

 

現代中国でも肝機能の改善にもっとも効果のある薬草に認定され、植物界のパンダ、茶葉の皇后(こうごう)と称されるほどです。

 

頭痛に悩む曹操

 

実際に解毒作用もあり、脳を休め、がんや二日酔いにも効果のある優れた薬草です。

 

 

広西(こうせい)チワン族自治区で人工栽培され、ヴェトナムでも生育されています。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

諸葛亮が南蛮の王にしてあげようとした孟節。蜀の南蛮制圧の真の勝利者は孟節なのかもしれません。三国志演義の架空の人物ですが、薬草に詳しく、ストレスのない暮らしをして、仙人のように長い寿命を全うしたことでしょう。

 

三国志は中国を平定する以外にもさまざまな人生観を伝えているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. ヒゲが美しい関羽
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 朝まで三国志 劉備
  4. 白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)
  5. ボロボロになった馬超
  6. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP