キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬懿はよく考えると主人公レベルにかっこいい!?孔明との戦い「以外」の功績だけを並べて見てみましょう!

孔明と司馬懿




司馬師と司馬懿

 

長い三国時代を経て、最終的に中国を統一することに成功したのは、司馬懿(しばい)の子孫たちでした。

 

司馬懿

 

三国統一に成功した「(しん)」は、司馬懿を「高祖(こうそ)」と呼び尊敬しました。

 

劉邦

 

高祖という呼称で思い出される人といえば、漢王朝(かんおうちょう)を起こした劉邦(りゅうほう)がダントツで有名です。しかし司馬懿も同じ呼称を子孫たちから与えられていたのですね。

 

孔明と司馬懿

 

見方によっては三国時代の陰の主人公とも言える司馬懿とその一族ですが、諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)のライバルという立場から、どうしても「悪役」「カタキ役」というイメージが付きまとっています。

 

しかしそのような悪玉イメージも、ここ数年でずいぶん変わってきています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬懿 かっこいい」
「司馬懿 主人公クラス」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿渾身の迷作?「讌飲詩」について徹底分析!

関連記事:諸葛亮と司馬懿って結局どっちが優れているの?

 

 

ついに中国の大河ドラマが描いた、主人公が「かっこいい司馬懿」である三国時代!

司馬懿

 

中国では『軍師連盟(ぐんしれんめい)』という壮大な大河ドラマが制作され、日本でも衛星チャンネルで放送されましたが、この主人公が司馬懿でした。

 

司馬懿と曹操

 

たしかに、曹操(そうそう)に才能を見いだされたというキャリアのスタートから、三国時代の成立をその目で見ながら大成し、英雄中の英雄である諸葛亮孔明と何度も対決し、最後には天下統一の礎石を築いて息子たちの世代につないだ人物としてみると、司馬懿の視点から三国志を描けば一通りの重大事件が描けますよね。

 

司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負

 

古今の作家たちにとってこんなに便利なはずのキャラクターがなぜこれまでなかなか主役格に取り上げられてこなかったのか?

「悪役」のイメージが強すぎたから、としか言いようがありません。

 

孔明と司馬懿

 

いまだに日本の三国志ファンでも、「かっこよく描かれる司馬懿」というものにはどこか違和感が残ってしまうのではないでしょうか?

 

 

よくよく考えると司馬懿は主人公クラスのヒーローでもおかしくない?!

孟達を討伐する司馬懿

 

でも振り返り見ると、この司馬懿の功績、とても華やかなものなのですよね。

 

孔明と司馬懿

 

諸葛亮孔明にだけは、あと一歩、及ばなかったというイメージが強いのですが、その孔明とだいたい引き分けている(長生きすることも「勝負のうち」とみるなら、むしろ寿命で勝っている!)というのはじゅうぶん、凄いことです。

 

チビってしまう司馬懿と孔明

 

ためしに、諸葛亮孔明との戦いを除外して、彼の戦績を並べてみたら、どうでしょう?

凄くかっこいい、主人公格に見えてくるのではないでしょうか?

 

 

孔明「以外」の敵と戦った記録だけを並べてみると、圧巻のかっこよさ!

司馬懿

 

さっそく、やってみましょう!「対孔明戦以外」のものだけを並べると、以下のようになります。

 

孟達(もうたつ)の裏切りを鋭敏にキャッチし、秒殺した

遼東(りょうとう)の地で独立した公孫淵(こうそんえん)を文字通りボコボコにした

・その際、公孫淵の籠城の仕方を「ああいうふうにやるものではない」と部下にレクチャーするという余裕を見せた

・魏で発生した権力争いを電撃クーデターで制し、権勢を誇っていたはずの曹爽(そうそう)一派を粛清して実権を握った

 

司馬懿と公孫淵

 

とくに公孫淵を倒す時の手際のよさは鬼気迫るものでした。

 

司馬懿

 

「行軍で100日、戦いで100日、休養で60日、帰りで100日をかけるので、360日すなわち一年で公孫淵をやっつけてきます」と報告してから出発し、そのスケジュール通りに公孫淵を破っています。

 

会社のプロジェクトでも、学園祭の準備でも、「なにかと物事は計画通りに進まない」ものですが、この人は完璧に計画通りに軍事を遂行してしまったわけです。

 

司馬懿と公孫淵

 

あまりにもこの時の手際がよかったせいで、なんだか公孫淵は「ザコ」という印象になってしまった有様なのでした。

 

 

でも、孟達にせよ公孫淵にせよ曹爽にせよ、司馬懿とやりあったキャラクターはことごとく「ザコ」解釈になってしまっているというのは、ひょっとしたら司馬懿が凄すぎたからなのかもしれません!

 

 

まとめ:かっこいい司馬懿というのも、なかなか悪くない!

司馬懿

 

諸葛亮孔明のライバル、という印象をすりこまれてきた人にとっては、「司馬懿がかっこいい」などというのは最初は抵抗があるかもしれません。

 

司馬懿

 

しかし上記のように「孔明戦以外」の戦績が超人的であるところを見ると、司馬懿は本来ならばじゅうぶんに歴史物語の主人公の役回りをこなせる、ヒーロー級の人材だったのではないでしょうか?

 

司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く

 

これがどうして、近年になるまで、なかなか主役格に抜擢されなかったのか?孔明が善で司馬懿が悪、というすりこみの強力さもありますが、もうひとつ、大事な理由がありそうですね。

 

年を取った司馬懿

 

司馬懿が、最終的には(本人の生きている間ではなかったにせよ)天下を統一してしまっていることでしょう。

 

司馬懿と司馬師

 

三国志の英雄といえば「夢にやぶれてナンボ」なところがあるのに、出世街道をしっかりとこなして、成功まで収めてしまった司馬懿は、いまいち、この時代の物語の雰囲気にあわないのかもしれません。

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO 孫悟空 f

 

もっとも、肝心の「(しん)」王朝が、そのあと100年200年も続く大王朝になっていれば、劉邦(りゅうほう)くらいに尊敬される「高祖」になれていたのかもしれませんね。実際の晋王朝の治世が短すぎたために、そういう扱いにはなりませんでしたが。

 

チンギス・ハン

 

でも、これもイメージのすりこみのせいなのかもしれませんが、「劉邦」とか「チンギスハーン」とかいったビッグネームと一緒に世界史の教科書に載っている「司馬懿」って、やっぱりイメージと違いすぎて、想像できない…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:牛金とはどんな人?司馬懿に恐れられて間違って殺害されてしまった残念な人

関連記事:クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 




YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 曹仁と曹操 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所!
  2. 龐統 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  3. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  4. 華佗 【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者
  5. 甘寧に殺されかける料理人 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  6. 諸葛孔明 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  7. 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  8. 五虎大将軍の趙雲 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の夏侯淵
  2. 荀彧(はじめての三国志)
  3. 陸遜
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  6. 呂布に暗殺される董卓
  7. 天下三分の計

おすすめ記事

  1. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説!
  2. 孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族 孟節(南蛮討伐)
  3. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士 夏侯玄
  4. キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」 キングダム
  5. 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る! 亡くなる卑弥呼
  6. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 旅馬 三国志
  2. 今川義元
  3. 孫権と張昭
  4. 君主論 董卓
  5. 三国志 麻雀
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操から逃げ回る劉備
  2. 徐庶
  3. 徳川家康
  4. 蔡琰
  5. 鼎(かなえ)

おすすめ記事

【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ) 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣 呂不韋 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 太史慈 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介 全世界3000万DLを突破!本格戦略ゲーム『三国天武』の魅力と攻略のコツ 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった? 耶律阿保機 契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは? 東京五輪のボランティア いだてん 【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP