架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

この記事の所要時間: 66




韓信 項羽

 

現代社会において、勤める会社や仕事を変える「転職」は何かしらのきっかけがあってやるものです。

例えば、「今の仕事向いていないんじゃないかな」というように悶々と悩んだ挙句にする場合があります。

また、一方では上司から「君この仕事向いていないんじゃないの?」と真顔で言われたり、

ある日唐突に肩叩き、等々突発的に必要が生じる場合もあります。




青天の霹靂!決断をしなければならない分岐点

韓信 はじめての三国志

 

その時初めて、目の前に「転職」という選択肢が現われ、人は「分岐点」に立たされることになります。

それらは「正解」はありません。

それでいて「不正解」はあります。

ここでいう「不正解」とは、生きていけなくなることです。

とはいえ、水と安全はタダで買えるような日本では、選択を誤ったとしてもすぐに死に直面する事は滅多にありません。

三国志の時代では、人の命を分ける分岐点は現代よりも遥かに多くありました。

命令を忠実にこなせなかった、自身が招いた失敗が自軍に多くの損害を与えてしまった、

仲間に失敗の責任を押し付けられた、

大将の機嫌を損ねてしまった、上官に粗相をしてしまった、等の理由で、

あっさりと打ち首にされることはいくらでもありました。

自身の命がかかった選択を迫られた時に、正しく正解を導き出せる人はなかなかいないでしょう。

三国志の時代で生き抜くには、そういう「分岐点で正しく選択できる才能」が必要とされていました。




まさに変化自在! 野心家 孟達(もうたつ)の分岐点 その1

張任と劉璋

 

孟達(もうたつ)は元々劉璋(りゅうしょう)の臣下でした。

しかし、彼は野心家で王としての器の無い劉璋(りゅうしょう)は仕えるべき主ではないと考えておりました。

孟達(もうたつ)は、法正(ほうせい)張松(ちょうしょう)とともに、劉備(りゅうび)を蜀に迎え入れようとしていました。

彼は初めにこの現状を「分岐点」と見ました。

頼りなく公正に内政を行えない劉璋(りゅうしょう)を見限らねば、自身の出世はあり得ないと考え、

劉備(りゅうび)に降るという選択をしました。

 

陸遜 劉備

 

劉璋(りゅうしょう)から降った孟達(もうたつ)は、蜀の地理や内情にも詳しく、また彼自身の弁舌も優れておりました。

劉備(りゅうび)の下でもその手腕を見込まれ、結果的に孟達(もうたつ)は宜都太守に任命されました。

また、その後も劉備(りゅうび)の下で活躍することになります。

 

間一髪! 孟達(もうたつ)の分岐点 その2

関羽 死

 

孟達(もうたつ)はその後、劉備(りゅうび)の下で、劉封(りゅうほう)とともに上庸(じょうよう)を治めました。

その時、樊城の戦いにて関羽(かんう)に援軍を出すよう求めましたが、孟達(もうたつ)は了解しませんでした。

孟達(もうたつ)「まだここの治安も危うい。援軍に兵を割くことはできない。それにここにいる数千の兵だけで援軍に行っても何の意味も無いぞ。」

劉封(りゅうほう)「しかし、関羽(かんう)殿は我が父の義兄弟、私の叔父にあたります。見殺しにはできません。」

孟達(もうたつ)「関羽(かんう)は、劉備(りゅうび)に後継ぎは劉禅(りゅうぜん)にするようにいっていたぞ。」

何かもはや全く関係の無い話まで持ち出して劉封(りゅうほう)を惑わす孟達(もうたつ)、実際彼らは別の命を劉備(りゅうび)から受けているので、

教科書どおりに考えれば、劉備(りゅうび)の許可を得ずに勝手なことはできません。

こうして、援軍を得られなかった関羽(かんう)は命を落としました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見…
  2. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  3. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  4. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  5. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  6. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」…
  7. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  8. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  2. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  3. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  4. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  6. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの? 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ! はじめての三国志 4コマ劇場 その1

おすすめ記事

  1. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  2. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  3. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  4. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった
  5. Webサイトリニューアルのお知らせ
  6. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  7. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない
  8. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP