呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇




韓信 項羽

 

現代社会において、勤める会社や仕事を変える「転職」は何かしらのきっかけがあってやるものです。

例えば、「今の仕事向いていないんじゃないかな」というように悶々と悩んだ挙句にする場合があります。

また、一方では上司から「君この仕事向いていないんじゃないの?」と真顔で言われたり、

ある日唐突に肩叩き、等々突発的に必要が生じる場合もあります。




青天の霹靂!決断をしなければならない分岐点

韓信 はじめての三国志

 

その時初めて、目の前に「転職」という選択肢が現われ、人は「分岐点」に立たされることになります。

それらは「正解」はありません。

それでいて「不正解」はあります。

ここでいう「不正解」とは、生きていけなくなることです。

とはいえ、水と安全はタダで買えるような日本では、選択を誤ったとしてもすぐに死に直面する事は滅多にありません。

三国志の時代では、人の命を分ける分岐点は現代よりも遥かに多くありました。

命令を忠実にこなせなかった、自身が招いた失敗が自軍に多くの損害を与えてしまった、

仲間に失敗の責任を押し付けられた、

大将の機嫌を損ねてしまった、上官に粗相をしてしまった、等の理由で、

あっさりと打ち首にされることはいくらでもありました。

自身の命がかかった選択を迫られた時に、正しく正解を導き出せる人はなかなかいないでしょう。

三国志の時代で生き抜くには、そういう「分岐点で正しく選択できる才能」が必要とされていました。




まさに変化自在! 野心家 孟達(もうたつ)の分岐点 その1

張任と劉璋

 

孟達(もうたつ)は元々劉璋(りゅうしょう)の臣下でした。

しかし、彼は野心家で王としての器の無い劉璋(りゅうしょう)は仕えるべき主ではないと考えておりました。

孟達(もうたつ)は、法正(ほうせい)張松(ちょうしょう)とともに、劉備(りゅうび)を蜀に迎え入れようとしていました。

彼は初めにこの現状を「分岐点」と見ました。

頼りなく公正に内政を行えない劉璋(りゅうしょう)を見限らねば、自身の出世はあり得ないと考え、

劉備(りゅうび)に降るという選択をしました。

 

陸遜 劉備

 

劉璋(りゅうしょう)から降った孟達(もうたつ)は、蜀の地理や内情にも詳しく、また彼自身の弁舌も優れておりました。

劉備(りゅうび)の下でもその手腕を見込まれ、結果的に孟達(もうたつ)は宜都太守に任命されました。

また、その後も劉備(りゅうび)の下で活躍することになります。

 

間一髪! 孟達(もうたつ)の分岐点 その2

関羽 死

 

孟達(もうたつ)はその後、劉備(りゅうび)の下で、劉封(りゅうほう)とともに上庸(じょうよう)を治めました。

その時、樊城の戦いにて関羽(かんう)に援軍を出すよう求めましたが、孟達(もうたつ)は了解しませんでした。

孟達(もうたつ)「まだここの治安も危うい。援軍に兵を割くことはできない。それにここにいる数千の兵だけで援軍に行っても何の意味も無いぞ。」

劉封(りゅうほう)「しかし、関羽(かんう)殿は我が父の義兄弟、私の叔父にあたります。見殺しにはできません。」

孟達(もうたつ)「関羽(かんう)は、劉備(りゅうび)に後継ぎは劉禅(りゅうぜん)にするようにいっていたぞ。」

何かもはや全く関係の無い話まで持ち出して劉封(りゅうほう)を惑わす孟達(もうたつ)、実際彼らは別の命を劉備(りゅうび)から受けているので、

教科書どおりに考えれば、劉備(りゅうび)の許可を得ずに勝手なことはできません。

こうして、援軍を得られなかった関羽(かんう)は命を落としました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  2. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  3. 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  4. パワハラをする張飛 張飛はリーダー向き?三人兄弟の末弟はリーダー向きというアメリカの…
  5. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  6. 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫…
  7. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  8. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 平清盛 鎌倉幕府
  2. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  3. 孔明南東の風
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. 楚の旗と兵士
  6. 三国志ライター黒田レン
  7. 王賁

おすすめ記事

  1. 大奥の規模はどの位あったの? 徳川家を守った篤姫
  2. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  3. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  4. 豊臣秀吉の小田原征伐はギリギリの勝利だった? 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  6. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  2. 朱然によって捕まる関羽
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権
  2. 項羽

おすすめ記事

呉の孫権 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? はじめての三国志 画像準備中 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! 鬼道を使う卑弥呼 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介 孔明南東の風 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!? タングート族 【西夏】タングート族の末裔はどこにいる?北魏の末裔なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP