ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは?

上杉謙信


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

上杉謙信

 

今回は上杉謙信(うえすぎけんしん)の戦い方である車懸りの陣について取り上げます。上杉謙信は戦でほとんど負けなかったことで有名です。第四次川中島の戦いでは、車懸りの陣で武田信玄(たけだしんげん)の軍にかなりの損害を与えました。この記事の前半で車係りの陣の特徴について、後半で第四次川中島の戦いの経過について話を進めます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「上杉謙信 戦術」
「上杉謙信 車懸りの陣」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:上杉謙信はもしかして暗殺されたのかもしれない?暗殺説を解説!

関連記事:上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大名だった?

 


 

上杉謙信の「車係りの陣」とは?

上杉謙信

 

車係りの陣とは車の車輪が回転するように攻撃する陣形です。車輪が回転するように攻撃するため次から次へと新しい部隊が攻撃します。この記事の読者の中には2007年の大河ドラマ『風林火山(ふうりんかざん)』の川中島の戦いで、霧が晴れて上杉謙信の軍勢が見えたとき、車の車輪が回転するように部隊が動いているシーンを思い出す人がいるかもしれません。

 


 

第四次川中島の戦い―車懸りの陣vs鶴翼の陣―

武田信玄-vs-上杉謙信

 

川中島の戦いは第一次から第五次までありますが、この戦いの中でも第四次川中島の戦いは戦死者が最も多かったという点で激しい戦いだったといわれています。

 

真田丸 武田信玄

 

第四次川中島の戦いは武田信玄が海津城に籠城し、上杉謙信は妻女山に陣を構え、にらみ合う形で始まりました。武田信玄の軍は2万の兵で、上杉謙信の軍は1万3千の兵で、数の上では武田信玄の軍が優勢でした。先に、武田信玄が動きます。上杉謙信を奇襲するために2万のうち1万2千を妻女山に向かわせます。一方で、上杉謙信は海津城から煙が上がっているのを見て、妻女山を駆け下りました。

 

武田軍は鶴翼の陣で上杉軍の攻撃に備えていました。鶴翼の陣とは左右広くとってせり出した形の陣形で、鶴が羽を広げたように見えることから鶴翼の陣と呼ばれています。しかし、霧が晴れると上杉謙信が先に八幡原にいたことが分かり、本陣にいた武田軍は動揺しました。上杉謙信は動揺している武田軍の本陣に車懸りの陣で波状攻撃をしかけます。上杉謙信は武田信玄の弟の武田信繁(たけだのぶしげ
)
や家臣の両角虎定(もろずみとらみつ
)
軍師山本勘助(やまもとかんすけ
)
を討ち取るなど武田軍に大打撃を与え、武田信玄の本陣まであと一歩というところまで迫りました。

 

上杉謙信と武田信玄の一騎打ちが有名ですが、江戸時代に作られた創作であるという説が有力のようです。ただ、戦いの展開によっては一騎打ちに近い状況になっていた可能性があります。

 

妻女山に向かった武田軍の別動隊が八幡原に戻ると、上杉謙信の軍は武田軍の本陣と別動隊に包囲され、戦況が不利になったことから善光寺に向けて引き上げました。

 

第四次川中島の戦いでは、上杉軍の死者が3千、武田軍の死者が4千という大きな被害が出ましたが、どちらが勝者か敗者かという決着はつきませんでした。その後、第五次川中島の戦いもありましたが、膠着した状態が続いただけで終わりました。


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は上杉謙信の戦術として有名な車懸りの陣について述べました。上杉謙信の数多くの戦いの中から第四次川中島の戦いに着目し、第四次川中島の戦いの経過を考察しました。

 

第四次川中島の戦いについては第一次から第五次まであった川中島の戦いの中で死者が最も多かったことで有名ですが、決着つきませんでした。この戦いにおいて、上杉謙信の車懸りの戦いの威力を発揮できたことや武田信玄の弟・武田信繁など家臣が戦死したという点で、前半は上杉謙信が優位に進めたといえるのかもしれません。

 

車懸りの陣に対して、武田信玄の戦術は鶴翼の陣でした。鶴翼の陣は武田信玄だけでなく様々な戦いでも見られる陣形です。代表的なものでは関ヶ原の戦いが挙げられます。西軍の石田三成が鶴翼の陣をとったことで有名です。

 

最後に、上杉謙信や武田信玄の戦術だけでなく、他の著名な戦国大名や戦いでの陣形にも注目したいと思います。

 

関連記事:上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選

関連記事:【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦い?

 

【激動の時代を駆け抜けた上杉謙信の野望と夢】
上杉謙信特集

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 真田丸 武田信玄 武田信玄に謎が多すぎる!肖像画や信玄の軍師、死因などの謎を紹介
  2. 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触
  3. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 【明智光秀 vs 豊臣秀吉】山崎の戦いのゆかりの地をめぐる
  4. 真田丸 武田信玄 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る
  5. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の年齢は信長より若かった!
  6. 燃える本能寺 明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?
  7. おんな城主 直虎 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  8. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 亡くなる黄忠
  3. 李牧
  4. 孔明と司馬懿
  5. 何儀(かぎ)
  6. 劉備 ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 司馬懿と曹爽
  2. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! 蜀の劉備
  4. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  5. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? オカルト小説を書いている曹丕
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7

三國志雑学

  1. 徐晃
  2. 蜀の姜維
  3. 劉姫


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 岳飛伝(一) amazon
  2. 騎兵を率いる夏侯尚
  3. 春申君
  4. 東京五輪のボランティア いだてん
  5. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  6. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  7. 源義経 鎌倉時代

おすすめ記事

孫権 劉備 対立 暴走する劉備、計る孫権!荊州を取ったのはどっち? 趙匡胤は北宋の初代皇帝 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝 阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡 桓騎 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選 孔明 諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか キングダム休載ネタバレ予想575話「王賁vs堯雲、亜花錦vs馬南慈」W一騎打ちか! 劉備の黒歴史 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP