ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

凌統は三国志随一の人好きだった?凌統の人好き逸話を集会

凌統


凌統

 

()の将軍で孫権(そんけん)に可愛がられた凌統(りょうとう
)
凌統は孫呉の将軍として武勇に優れた人物ですが、武勇に優れていただけでなく、人が大好きな人物でした。

今回は凌統がどれくらい人好きだったのか紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「凌統 三国志
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:凌統は怪我が原因で亡くなった?凌統の死因に迫る!

関連記事:甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解説

 


 

夜中でも人を迎える人好きな凌統

甘寧と呂蒙と凌統

 

凌統の人好きが伺えるエピソードが残っているので紹介したいと思います。孫権は凌統と同郷で優れているとの噂されていた人物を配下として登用。この人物は凌統が孫権の配下とつかえていたので、淩統の家へ挨拶に伺ったそうです。

 

しかしこの人が凌統の家へ挨拶に行ったのが、真夜中で普通の人ならぐっすり眠っている時間でした。もちろん凌統も普通の人と同じように家で爆睡。家の使用人は淩統の同郷の人物があいさつに来たこと事を知り「凌統様。先日孫権様に仕えた同郷の方があいさつに来ていますけどどうしますか」と凌統を起こして尋ねます。

 

すると凌統は「ありがとう。すぐに起きて彼にあいさつするよ」と言ってその人物と会うと嫌な顔一つしないで、彼をもてなしたそうです。また凌統にはこのような逸話が残っています。

 


 

異民族達を吸収するための政策を実行

戦で活躍する凌統

 

孫呉が領土としている江東(中国の南の地域)には多くの異民族達が存在。異民族達は孫呉の支配を嫌って何度も反乱を起こし、孫呉を困らせていました。孫呉は反乱を起こす異民族を討伐するために何度も軍勢を送って反乱を鎮圧し、凌統も異民族討伐戦に参加。

 

淩統は異民族を討伐して反乱を鎮圧するのではなく、異民族達を仲間にしてしまえばいいんじゃないかという発想をひらめきます。凌統は自分のひらめきを実行するため、異民族達へ色々な施しを行って、彼らが保有している兵士たちを吸収することに成功。

 

このように凌統は有名人だけでなく、異民族にも興味を持っていた人物でした。


 

故郷の人々にも優しく接する凌統

 

凌統は精鋭部隊を率いていると故郷の近くを通過することがありました。その際凌統は故郷に立ち寄って、知り合いの役人たちがいると丁寧にあいさつをして再会を喜び合っていたそうです。

 

さらに凌統は民衆の中で知り合いを見つけると歓迎し、手厚くその人物をねぎらっていたそうです。そのため凌統の故郷の人々は彼を慕っていました。凌統は優秀な人物だけでなく、異民族や民衆にも優しく接しており、政治家としても優秀な人材だったと思われます。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

凌統と言えば合肥の戦いで、孫権を守るため張遼軍の兵士たちと激闘を繰り広げた武勇に優れた人物として知っている方が多いと思います。しかし凌統はここで紹介したように人がとっても好きで、政治家としても優秀な人だったのかもしれません。どうして人が好きな方が政治家として優秀なのか。

 

それは人が好きであるならば、相手の気持ちを汲むことができ、どのような政策が効果的なのか考えることができるからです。三国時代の民衆は政治家が行った政策に不満がれば、反乱を起こしてしまいます。そのためその土地を治めるには、統治する民衆の気持ちになって行わなければならず、人が好きな人物が政治家として成功している場合が多くあります。

 

たとえば合肥城を統治していた劉馥は、何もないところから始めていますが、民衆の気持ちになって、教育制度、農業制度などの政策を行った結果、多くの民衆が合肥城に集まることになります。凌統も劉馥(りゅうふく)のように政治家として県や国を治めていれば、政治家として実績を残したかもしれません。また淩統は有能な人材と付き合っていたため、彼が率いていた部隊には多くの優秀な部隊長がいたと思われ、黄祖(こうそ)討伐戦などで戦功を挙げることができたのではないでしょうか。

 

凌統

 

凌統は49歳という若さで亡くなってしまいますが、もし彼が50後半まで生きていれば、孫呉の重鎮として呂蒙(りょもう)陸遜(りくそん)と肩を並べて大きな戦でも活躍していたことを想像するとかれの若すぎる死にショック受けた孫権の気持ちも少しはわかるかもしれませね。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

関連記事:凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  2. 曹丕 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ
  3. 公孫康 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  4. 貂蝉と呂布 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ
  5. 司馬懿と公孫淵 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なること…
  6. 秦明 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?
  7. 曹操女性の敵3 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  8. 曹純 曹仁の弟である曹純は相当強かった?英雄記をもとに曹純の趣味や戦績…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 高杉晋作
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 藏覇(臧覇)と曹丕
  5. google home youtubeから引用
  6. 衝立の向こうから周瑜と話をしている孔明と魯粛に悪態をつく小喬
  7. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  8. 魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)

おすすめ記事

  1. 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった! 黒船(ミシシッピ号)
  2. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの? 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 朱治とはどんな人?孫呉三代に仕え、戦三昧だった呉の将軍 朱治
  4. もしも、三国志の蜀に採用されたら働きたい? 蜀の姜維
  5. 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった? 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  6. 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった 徳川家を守った篤姫

三國志雑学

  1. 張飛の虎髭
  2. 孔明
  3. 怒る孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 酒乱の徳川慶喜
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  5. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

おすすめ記事

はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志10月号」10月5日(土)に出版決定 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 秦明 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ? 呂布に暗殺される董卓 これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果? 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志 【バーサーカー/呂布奉先】Fate/EXTELLA LINK だるーんラバーストラップコレクション Vol.2 引用 呂布がfateのサーヴァントとして登場したのはいつ頃なの? 鎌倉時代の侍 アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP