ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の特徴である羽扇は、日本でも中国でも軍師の必須アイテムだった!?

悪い顔をしている諸葛亮孔明


悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)の特徴と言えば、皆さんはどんなイメージ像を描くでしょうか?

 

蜀の孔明

 

やはり白い服を着て、何だか丸まったような帽子をかぶり、そして最大の特徴として「羽扇(うせん)」を持っていると想像する人が多いでしょう。今回はその諸葛亮の特徴の一つである羽扇について色々なことをお教えしたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
諸葛亮 特徴」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

関連記事:諸葛亮孔明はどんな人物像を考察してみた。正史と三国志演義では違う?

 


 

諸葛亮の見た目の特徴である羽扇

孔明

 

さて諸葛亮の見た目の特徴は、『初学記(しょがくき
)
』にまず乗せられています。それによると諸葛亮は「白い輿に載って頭巾をかぶり羽扇を手に持って軍を指揮した」とあります。

 

孔明南東の風

 

これを更に膨らませて描写したのが三国志演義で、綸巾をかぶって羽扇を手にしている姿が描かれることになりました。また四輪車に載っているイメージは諸葛亮の発明の一つとも言われる運搬アイテム木牛、流馬に起因するものと思われます。

 

北伐を結構する孔明

 

ここで気になるのがこの羽扇、諸葛亮のイメージとも言える羽扇は他の人たちは使っていなかったのでしょうか?もしかしてオンリーワンアイテム?と思われるかもしれませんが、この羽扇に近いものは実は日本にもあったのです。

 


 

羽扇は日本にもあったのか?

日本に目指さした孫権

 

どうやら調べてみたところ、この羽扇は諸葛亮を始めとする策士たちの間では良く持たれていたようです。この羽扇は軍配羽扇とも呼ばれ、指揮の際に用いられるだけでなく、儀式や祈願、占いなどに幅広く使われているアイテムだったようですね。

 

そしてこの軍配は、今の日本にも存在しています。相撲で行司が使うのがそれですね。あれは判定指示に使われていますが、元々は戦の場で使用されていました。これを使用している人物は軍配者とも呼ばれ、方角・日時を見極め、天文を読んで軍陣を適切に配置する仕事を担っていたのです。

 

武田信玄

 

因みに有名な武将、武田信玄もこれを使用していて、一人で軍深くまで乗り込んできた上杉謙信の一撃をこの軍配で受け止めたシーンが有名ですね。


 

中国と日本の軍配の違いと、諸葛亮の羽扇の伝説

 

日本の軍配の多くは木材、鉄などを利用して作られていました。革を利用したり、木材に漆を塗って作られたものもあります。対して中国の軍配は軍配羽扇の呼ばれ方通り、鳥の羽を利用して作られています。

 

曹仁

 

特にガチョウの羽を使って作られた「鹅毛扇」が一般的なものだったようです。

 

しかし諸葛亮の羽扇は一味違います。なんと諸葛亮の羽扇は巨大な怪鳥を退治して作られたものだという伝説があるのです。この快朝を退治したことにより諸葛亮は未来を見通す力を授かったという……まぁ、こちらはあくまで伝説でしょう。

 

諸葛孔明を自分のもとに入れたくて堪らない劉備

 

それでもこんな伝説が生まれるほど諸葛亮が人間離れしたような才能を持っていた、そしてその羽扇は諸葛亮にとってのトレードマークでもあるというイメージなのでしょう。


  

 

大きく爪痕を残した孫呉の虎たち

黒田官兵衛

 

最後にちょっと、とある成語を紹介しましょう。羽扇と言えばガチョウの羽を使った鹅毛扇が一般的でした。そして羽扇は諸葛亮だけでなく、軍師たちのトレードマークでもあったと思われます。

 

竹中半兵衛(軍師

 

それを裏付けるのが「摇鹅毛扇(鹅毛扇を揺らす)」という成語です。これは「策士の陰謀」という意味です。

 

軍師が羽扇を揺らしているその様が何やら企んでいるように思われたのか、それとも羽扇で口元を隠し上司に耳打ちをする……その際に怪しく揺れはためいている羽扇を陰謀とイメージしたのか……真相までは定かではありませんが、確かに想像してみると何やら陰謀渦巻くダークな雰囲気が漂っていますね。

 

もしかしたら策士の愛用している羽扇は、それだけでただ物でない雰囲気を醸し出しているアイテムだったのかもしれません。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

なお、現代でも諸葛亮に憧れる人が多いのか、この羽扇を手に入れることができます。

 

スマホを操作する陸遜

 

それこそ大手通販サイトでも取り扱っているので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか?羽扇を手に持って不敵に微笑み、諸葛亮になったつもりで策略を巡らせてみるのも面白いかもしれませんよ。

 

参考文献:

三国志外伝―民間説話にみる素顔の英雄たち」立間祥介・岡崎由美共訳

 

参考記事:

https://ja.wikipedia.org/wiki/軍配

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか?

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 馬超をフルボッコする閻行 まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…
  2. 魏を破る朱然 徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!?
  3. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  4. 孫権に煽られて憤死する陸遜 陸遜はどんな最期を迎えたの?悲劇の英雄、その全貌を解説!
  5. 周瑜 周瑜は諸葛亮のピエロに過ぎなかった!?孔明と周瑜の関係性を考察
  6. 怒る陳宮 陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりで…
  7. 曹操と羊と蚊 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  8. 馬謖を斬り悲しむ孔明 ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

王朝交代の背景には中国の五行思想があった!? 篤姫 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介! 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】 元明天皇 奈良時代はフェミニズムの時代だったの?女帝は太陽だった? 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶 劉禅を説得する張嶷 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える 嬴政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP