ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓はやり手な覇王だった?あの始皇帝も恐れていた匈奴・羌族との深い関係

董卓


董卓

 

デブで醜くて残忍非道。どこまでが実像なのかはわかりませんが、後世の歴史家たちのおかげでこんなイメージがすっかり定着してしまったのが、董卓(とうたく)三国志きっての悪役として名高い存在となってしまいました。

 

司馬朗と董卓

 

ですが一度は中国の実権を握ることに成功した手腕の持ち主です。冷静に彼の事績を見ていくと、その手腕には確かに非凡なものを感じます。

 

陳寿(晋)

 

だいいち彼のイメージの悪さは後世の歴史家の印象操作によるところも大きいとか。そこで一度は冷静に、彼の「覇王としての手腕」を、その事跡からできるだけ客観的に見てみたいと思います。

 

董卓

 

すると古今の中国史の統治者たちと比較して、彼には確かに鋭い特徴があることに気づきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
董卓 覇王」
「匈奴 董卓
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓の魅力的な部分は一体いくつあるのか数えるよ!

関連記事:董卓の武勇はすごかった!短命とはいえトップに上り詰めた男の手腕を再考

 


 

たびたび中国史を揺るがす「北方の騎馬民族」たちと、董卓は良い関係を築けていた!

羽林騎時代の若き董卓

 

洛陽(らくよう)を制圧する前の董卓がその勢力を蓄えていたのは、涼州(りょうしゅう
)
においてでした。涼州といえば、のちに馬騰(ばとう)馬超(ばちょう)が拠点とする、中国本土から見て北西に位置する辺境の地。ここにおいて董卓は、匈奴(きょうど
)
羌族(きょうぞく)といった異民族に対する警戒と鎮圧の役割を期待されていました。

 

始皇帝(キングダム)

 

何せ北方の騎馬民族といえば、かの秦の始皇帝も警戒対象とし、万里の長城建築の理由ともなった相手です。始皇帝の後の漢帝国にとっても、その後の中国の歴代王朝にとっても、匈奴や羌族の侵入をどのように阻むかが重要なテーマとなったのでした。

 

小帝と董卓

 

董卓はこれを見張り対抗することが役目だったわけですが。

 


 

意外な展開!董卓は異民族たちと良い関係を構築していた!

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

ところが『後漢書』の『董卓伝』を読むと、意外な記述に出会います。

 

・董卓は異民族たちの土地を歴訪し、族長たちを訪問して、良い関係を築くことに成功していた

・族長たちのほうから董卓を訪ねてきたときは、家畜をつぶしてご馳走をふるまい、彼らの感激を得た

 

などなど。

 

もちろん、軍事的に対決をしなければいけない時には董卓は容赦ない攻撃を行い、「その出撃回数は百回を超えた」との勇ましい記載もあるから、単純な友好一辺倒だったわけではありません。ですが、異民族側の有力者と連絡を取り、彼らの心を掴んでいたというのは、後年の残虐一本の董卓からすると意外に思えます。


 

董卓の豪放さはむしろ匈奴や羌族と波長が合っていた?

異民族に好かれる董卓

 

あくまで想像ですが、後に中央ではあれほど嫌悪される董卓の豪放磊落な性格は、少なくとも匈奴や羌族と付き合う際にはプラスに働いた、といえるのではないでしょうか。族長が訪ねてきた時に躊躇なく家畜を殺して料理した、というのも、何か深謀遠慮があってやっているというよりは、もともとそういう豪快なふるまいが好きな人、という見方もできます。

 

後世の歴史書では、悪逆な面ばかりが強調されている董卓ですが、波長が合う人には、豪快で頼もしい親分肌の男として見えたのかもしれません。

 


  

 

 

まとめ:若いころの董卓の異民族親善は、見えないところで権力奪取を助けていたかもしれない

牛輔と董卓

 

「遠交近攻」という言葉がある通り、直接の利害が少ない遠方の勢力を味方につけておくことは、戦略の要諦。ましてや、歴史的に中国の中央政権に恐怖感を与えてきた匈奴や羌族と「若いころにつるんでいた」という事跡は、董卓が中央政権を牛耳った際にはおおいにプラスに働いたのではないでしょうか?

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

よしんばそれが、異民族からの具体的な物理支援ではなかったにせよ、「あいつの後ろには異民族の大軍がついているらしい」というウワサのレベルだけでも、相当な心理的効果になっていたのではないでしょうか。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

反董卓連合軍のようなおおがかりな同盟が成立するまでは、誰も董卓に手が出せない雰囲気だったのも、そのような背景があってのことだったかもしれません。だとすると董卓は、「遠交近攻」を地で行くような人生を歩んでいたことになります。

 

覇王としての手腕については、董卓はかなりのやり手であったといえるのではないでしょうか。それが深い智謀からきている行動というよりは、本人の素の性格で「できていた」とすると、なおさら、敵対者にとっては「てごわい」存在に見えていたことでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が行った長安遷都とはどんなこと?長安遷都の意図は?

関連記事:袁紹と何進はなぜ董卓を都へ招集したの?後漢王朝の命運を絶った大愚挙

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの…
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  3. 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは?
  4. 馬超の兜にフォーカス 馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに…
  5. 君主論 董卓 董卓の武勇はすごかった!短命とはいえトップに上り詰めた男の手腕を…
  6. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  7. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮の逸話から堅実に一歩一歩進む生き方を学んでみよう!
  8. 呂布 呂布の身長はどれくらい??三国志の豪傑たちと比較してみた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  3. 馬で高速移動する王翦
  4. 于禁と兵士
  5. 孔明
  6. 盤古 中国神話
  7. 連幹の計 呂布 貂蝉
  8. 土いじりをする劉備
  9. 鎌倉時代の侍

おすすめ記事

  1. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!
  2. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  3. 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦戦
  4. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦 豊臣秀吉 戦国時代
  5. 【新企画】本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年』5/19(土)配信決定! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)

三國志雑学

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 後継者争い 劉協と劉弁
  3. 袁紹VS袁術(犬猿)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 賈詡(賈ク)
  3. 陸遜
  4. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  5. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙

おすすめ記事

李姫 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える キングダム54巻amazon キングダム604話ネタバレ雑学「朱海平原は排泄物だらけ?」 鄧艾 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの? 阿会喃(あかいなん)と猛獲 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 程昱(ていいく) 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!? 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟はどんな内容なの?澶淵の盟はどうやって結んだの? 官渡の戦い 曹操 勝利 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP