董卓の功績はどれくらいあったのか?暴君の代表格・悪漢董卓を振り返る

2020年2月17日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董卓

 

三国志屈指の暴君として描かれることが多い董卓(とうたく)。筆者もその昔、横山先生の三国志を読んで董卓の所業に恐れを感じたものです。

 

董卓(君主論)

 

しかしたまに「董卓は無能な暴君!」という苛烈な意見を見ると、少々首を傾げてしまうもの。今回は間違いなく暴君ではありますが、その董卓にも功績はある、という面からも董卓という人物を振り返っていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「董卓 功績」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

関連記事:董卓ってどんな政治をしたの?残虐行為だけじゃない!知識人登用に熱心だった董卓

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



暴君ではあるが、無能ではない董卓

董卓に強引に連れられる献帝

 

さて董卓の功績もこまごまと色々なものがありますが、個人的に挙げたい董卓の功績といえば献帝を擁立したことだと思います。

 

十常侍(宦官)

 

十常侍(じゅうじょうじ
)
の乱の際に董卓は宦官(かんがん)に連れ去られた少帝しょうてい)陳留(ちんりゅうおう
)
を保護することになるのですが、この際に二人と会話を行います。この際に少帝は満足に会話できなかったにも関わらず、それより幼い陳留王は乱の経緯などを始めとして、一連の事情を滞りなく話して見せました。董卓はこの際に陳留王の方が少帝よりも賢いと思ったと言います。

 

献帝と董卓

 

もちろん幼い陳留王を皇帝にして自分が実権を握ろうとしたのだとは思いますが、能力のある人物を見極めてそちらを立てた振る舞いは評価されるべき董卓の能力であり、この後の横暴さえなければ功績といっても良い行動だと思われます。こういった董卓の一面はもう少し評価されても良いと思いますね。

 

董卓が嫌われる理由は、暴君故か?

董卓

 

さて董卓ですが、嫌われ者です。董卓に関しては陳寿(ちんじゅ)も物凄く非難していることもあり、三国志演義の演出だけでなく三国志の方でもその凄惨な暴君たる振る舞いは読み取ることができます。捕虜の扱いも酷いもので、残酷すぎる所業で殺し、それを見て笑って酒を飲む董卓という正に暴君!という様が記されています。

 

孫堅と董卓

 

しかし如何に暴君とは言え、董卓が嫌われているのはその暴君さだけなのか?

ということでここで一つ、董卓が嫌われている理由、暴君の悪役として描かれる理由を挙げてみたいと思います。

 

董卓が悪役として描かれる理由の一つ

董卓と呂布

 

董卓以外にも悪役とまでは行きませんが、手ひどく書かれている人物がいます。それは公孫サン(こうそんさん)、また董卓の関連人物でもある呂布(りょふ)です。そして優秀とも書かれ、時に非難もされる曹操(そうそう)もこの関連人物と言えるでしょうか。

 

楊彪を司空に任命させる董卓

 

この人物たちの共通項として、名士、知識人との折り合いの悪さが挙げられます。つまり歴史を書き記す人たちと仲が悪い、もっというとそういう人たちに嫌われた人物たちです。そう言った面もあって、そして元々暴君であったことも相まって董卓は非常に悪く記されているのでは……と思うのです。

 

董卓が「失敗した」理由

袁家をイジメる董卓

 

しかしここで言っておきたいのは、董卓は決して「故意に悪役にされた」ということではありません。筆者は間違いなく董卓は暴君の悪人だと思っています。また残酷なだけでなく、短気で怒りっぽく、人に当たり散らすような人物であったとも読み取れます。

 

呂布と董卓の最強タッグ

 

正史の呂布と董卓の揉めた理由として「昔、呂布が小さなミスをした。その時に董卓は武器を投げつけた」とあります。呂布は避けて謝罪したようですが、小さなミスで武器を投げるほど当たり散らすような人物は、少なくとも折り合いが悪いだけでは片づけられない、人間性に問題があったと言わざるを得ません。

 

牛輔と董卓

 

こう言った対応を呂布以外にも繰り返していて、結果として色々な人間から背かれていったのでは……と思います。これこそ董卓の最大の失敗、きちんと人心を掴んで、少なくとも自分に付いてくれている味方の心くらいは離れないように気を使っていれば、もう少しまともな最期を迎えられたのでは、と思いますね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

個人的にはやはり、董卓の末路は自業自得と言わざるを得ません。しかしその自業自得こそが、董卓という人物だとも同時に思います。董卓は能力もありました、時勢にも恵まれていました、しかし失敗をしました。

 

董卓

 

それは紛れもなく、董卓のやった行いから生まれてしまった失敗です。だからこそ変に美談化する訳ではなく、しかし能力まで卑下することなく、董卓という人物をしっかりと評価したいですね。我が身を振り返りたくなる三国志の人物、それが董卓という人物だと思いました。

 

参考文献:後漢書董卓伝 呂布伝

献帝記

 

関連記事:もしも呂布が悪人・董卓を成敗しなかったら三国志はどうなる?

関連記事:董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学, 董卓
-