ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉琮は荊州全土を挙げて曹操へ降伏する気は無かった?

曹操に降伏する劉琮


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉琮

 

荊州の主として長期間統治していた劉表(りゅうひょう)の跡を継いだ劉琮(りゅうそう)劉琮劉表の死後、中原から河北まで統治していた大勢力・曹操(そうそう)に抵抗することなく、降伏してしまいます。

 

曹操に降伏する劉琮

 

このことは『はじめての三国志』の読者の方ならご存知かと思います。ですが、劉琮曹操へ初めから降伏しようと考えていたわけではありません。

本当でしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「劉琮 荊州」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

関連記事:劉琦を劉表が後継者にしなかったから○○になった!?

 

 

荊州の主として君臨

後継者を決めるのに困っている劉表

 

劉表は荊州の主として州都・襄陽に住んでいましたが、亡くなる間際、可愛がっていた次男・劉琮を自分の後継者にしようと考えていました。そのため劉表は長男・劉琦を江夏へ追い出し、劉琮を後継者に決定。

 

劉表死す

 

その後劉表は病のために亡くなってしまいます。こうして劉表の跡を継いで荊州の主として君臨した劉琮ですが、情勢は難しい状況でした。

 

 

曹操の大軍がやってくる!?

曹操と機密保持

 

曹操は袁家を打倒した事で、今まで領土として保有していた中原に加えて、河北全域を手中に収めることに成功します。その結果曹操の領土は中国の半分以上を手にした大勢力として成長。

 

曹操

 

次なる曹操の目標は天下統一の為、荊州を併合する事です。このような状況の中、劉琮は荊州の主へ就任。劉琮は近い将来、大軍を率いて荊州へやってくるであろう曹操軍に対してどうすればいいか思案をすることになります。


側近達からの進言

蒯越(カイ越)

 

劉表の側近として活躍していた蒯越(かいえつ)韓嵩(かんすう)傅巽(ふそん
)
らは協議。その結果彼らは「このまま曹操軍と荊州全土を挙げて戦っても勝てる見込みが少ないから、戦いが行われる前に曹操へ降伏する方がいい」と結論を出します。ですが、劉琮の考えは彼ら側近達とは違っていました。


荊州の主の考えは

劉琮

 

蒯越達が今後の展望について結論を出した頃、荊州の主は違う考えを持っていました。荊州の主・劉琮は「私は先君の意志を引き継いで荊州の主となったが、このまま形勢を静観しよう」と考えます。

 

このことから劉琮は荊州の主として君臨したころは、曹操へ降伏する考えを持っていなかったと思われます。さて劉琮は側近であった傅巽へ自分の考えを述べると全然違う言葉が返ってくることになります。

 

降伏論へ傾く

 

傅巽は荊州を降伏させないで、形勢を傍観することに終始したいとの考えを聞かされて驚いてしまいます。すぐに傅巽は劉琮へ「物事には道理があるのはご存知かと思います。現在天子を擁している曹操へ逆らうのは物事の道理から外れています。

 

また荊州が国家に対抗するのは情勢に鑑みても、不可能だと言えるでしょう。更に先君の客人・劉備が曹操に対抗して、勝利を得るのは難しいと思われます。この三点すべてにおいて、荊州が劣っている状況で国家に逆らうのは滅亡へ向かうことになると言えるでしょう。」と劉琮を説得。

 

ですが、劉琮は傅巽の意見を聞いても納得できない表情をしていました。そこで傅巽は「殿は劉備とご自身を比較してどちらが優れていると思いますか」と質問。すると劉琮は「私の方が劣っている」と悲しそうに答えます。

 

傅巽は「劉備の力が曹操に劣っているのに、劉備よりも実力不足の殿が、荊州で独立し続けるのは難しいと言えるでしょう。もし劉備が曹操よりも力を持っていたならば、殿の下風に立つことはありません。

 

ここは曹操へ降伏するのが最善だと思います」と再度曹操へ降伏するように説得します。劉琮は傅巽の進言を受け入れて、曹操へ降伏することに決めます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

もし劉琮が傅巽の進言を退けて、形勢を静観することに徹していれば、どうなっていたのでしょうか。曹操が軍勢を南下させて荊州を奪うかもしれない状況は、揚州を統治していた孫家にとっても気がかりな事でした。

 

魯粛

 

孫家の家臣・魯粛(ろしゅく)は荊州の様子を探るため、荊州の主・劉表の弔問の使者として、襄陽へ向かっていました。劉琮が曹操軍に降伏する道を選ばなければ、もしかしたら弔問の使者として訪れていた魯粛と会談し、孫呉と劉琮の同盟が締結していたかもしれません。

 

孫呉と劉琮が同盟を締結すれば、三国志の時代に劉備が登場するのではなく、劉琮が登場することになったかもしれませんね。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

関連記事:劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 姜維 実は姜維は不本意な降伏をしていた?姜維を考察してみる
  2. ボロボロになった馬超 馬超の活躍は蜀に来るまでがピーク?晩年の錦馬超の抱えていた悩み
  3. 愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  4. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?
  5. 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  6. 法正が亡くなり悲しむ劉備 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  7. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  8. 孔明南東の風 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  2. 曹操と羊と蚊
  3. 餓えた農民(水滸伝)
  4. 光武帝(劉秀)
  5. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  6. 宇佐美定行

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」
  2. キングダム612話ネタバレ予想vol3堯雲&趙峩龍は信にどんな影響を与えたの?
  3. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  4. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 羌族
  5. 楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1
  6. 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!

三國志雑学

  1. 周瑜と陸遜
  2. 双流星を振り回している徐盛
  3. 張コウ 張郃
  4. 于禁、曹操、青州兵


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張昭、孫権、孫策、周瑜
  2. はじめての三国志
  3. 周瑜と孫策
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. 王基に感謝する司馬昭
  6. 長坂の戦い 張飛
  7. キングダム52巻

おすすめ記事

江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム? 李典 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」 張遼・楽進・李典 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介! 岳飛伝(一) amazon 田中芳樹の岳飛伝が人には推薦しづらい理由 劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2 的蘆に乗って逃げる劉備 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP