キングダム「信の背後霊に龐煖はどうでる?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ホウ煖(龐煖)

 

キングダム625話のラスト2ページはキングダム史上に残る名シーンでした。

やっと立ち上がった信の背後に尾到(びとう)(ひょう)王騎(おうき)麃公(ひょうこう)輪虎(りんこ)万極(まんごく)成蟜(せいきょう)のようなすでに亡くなった味方や敵が北斗神拳究極奥義無想転生(ほくとしんけんきゅうきょくおうぎむそうてんせい)のように(たたず)んでいるのです。これは龐煖には衝撃的でした。たらこくちびるおばけ一人でも錯乱したのか思う程の雄たけびを上げていたのに、これだけ大勢の背後霊が見えるとなると、発狂するんじゃないでしょうか?

それはさておき、これで完全に形成逆転、ここから龐煖はどうするのでしょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新625話ネタバレ「矛盾の答え」レビュー考察

関連記事:キングダム最新625話ネタバレ雑学「信はベットの上で飯を食ってた?」リアル考察


龐煖が無想転生に怯える理由

曹操の頭痛の原因は関羽?

 

しかし、どうして無双の武力をもつ武神龐煖が、信の無想転生に怯えているのでしょうか?

これはよくよく考えると龐煖が肉体は滅んでも霊魂は不滅という概念を信じてないからです。人は死んだら土くれと同じで死者の遺志を生者が継ぐのは自己満とうそぶいていた龐煖から見れば信の背後に、存在しないハズの自分が殺した連中が見えるのは怖いでしょう。

曹操

 

「武神、武神、言って調子乗ってたけど、俺祟り殺されるんちゃうん?」と思って震えがきたのかも知れません。龐煖なんて今まで巻き添えでどれだけの人を殺してきたか分かりません。あの世があるならただでは済まない、自分が無慈悲に殺してきた連中に襲い掛かられ復讐されるのではないかと恐怖したのかも知れません。

 

つーか、、万極、お前、一応趙の人間の癖に、何で龐煖の前に化けてでるんだ。

そうなれば龐煖の取る道は一つで何が何でも信を殺して生き延び、死者の復讐を少しでも先に延ばすしかありません。


龐煖は己を追い詰めて逆転を図る

李牧

 

ここまでの経緯を見るに、個として武を極めた龐煖は李牧のコメントが正しければ、19年前に武を極めてしまい、そこから強くなってはいないと考えられます。龐煖の武とは個人の武であり、それは19年前に打ち止めになっているのです。逆に李牧が、もう一つの人の代表とのたまわった信は、個人の武では龐煖に及ばないにしても、人の思いを繋げる事で、恐らくは無限に強くなると推測します。

矛を持った信

 

それは相対的には(さい)の戦いで龐煖と対峙した時より信の成長が龐煖を上回っているという意味になるでしょう。さらに625話では、龐煖は信の攻撃で膝をつく醜態を曝しており、このまま戦いを続けると、信に敗れる可能性もあります。

しかし、龐煖が今さら信を真似して、人の思いをエネルギーとして戦うのは不可能です。彼は己が殺した相手に何の友情も感じていなければ、死者の思いを継ぐなんて器用な事は考えた事もないからです。

 

では、どうするか?これはもう信の真逆しかありません。武神としての矜持をかなぐり捨て、殺されるかも知れないという恐怖で己を追い詰めて死にたくないという闘争心に火をつける事です。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


己の目を潰し最強モードになる龐煖

 

龐煖にとって、今一番の雑音は信の背後に見える守護霊みたいな連中です。しかし、信と対峙(たいじ)する以上は、どうしてもこの連中を見てしまい心が乱れてしまいます。そこで龐煖は、己の心の甘えを完璧に遮断する為に、自分の両目を突いて潰してしまいます。

※あるいは北斗の拳のシュウのように、両目を指で引っ掻く形で潰す方法でも可です。

 

こうして暗闇の世界にあれば、龐煖は信の守護霊の幻に惑わされる事はありませんし、同時に視力以外の五感を研ぎ澄ます事で、己の力を100%振り絞れると思います。信は、他人の思いを繋ぐ事で強くなるのに対し、龐煖はどこまでも己の力のみを絞り出す事で個人の武を炸裂させる事になります。


すでに矛を振る力もなくし殴り合う二人

 

目を潰し総力を懸けて信に襲い掛かる龐煖、自らの目を潰してまで最強の武を示そうとする龐煖に信は理解はできないにしても、一種の感動を覚えます。それでも信も思いを託された以上は負けるわけにはいきません。全力で矛をぶつけ合う間に二人は疲労の極致に達し、すでに矛を振る力もなく、相手に縋るようにして殴り合いを開始します。

kawauso

 

ぶざまです!武神龐煖ぶざまの極致、なんたるぶざま、天下万民を救済すると上から目線の男が膝をついたまま、技巧も何もなく、ひたすら殴り合うだけ、、しかし、殴り合いの中で龐煖は初めて戦いというものに心が躍動するのを感じます。

 

(そうか、、これがお前達の言う思いというものか・・)

 

光を失った龐煖が両目から涙を流します。それを見て、趙の人々がまるで漫画激烈バカのように、目と鼻から体液を流して感動します。それを見て飛信隊の面々も顔中から体液を噴出します。なんだこいつら!(爆

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. キングダム54巻amazon
  3. 兵士 朝まで三国志
  4. kawauso

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • レンガ
    • 2019年 12月 15日

    しかしまぁ。
    合従戦では5カ国雁首揃えさせ負け、
    朱海では真っ向勝負の会戦でフツーに完敗、
    鄴もろとも趙半国を失い亡国の危機を招く。
    李牧さん、
    王が愚かとか近臣の調略とかじゃなくて、
    とんでもなく無能な家臣の斬首に充分すぎるでしょ、これ。

    • 邯鄲の夢
    • 2019年 12月 14日

    熊が死地を超えたミラクル信に討たれて戦闘不能で敗退か仇討ちされるかは原作者のさじ加減一つなのでわかりませんが、李牧が高見の見物し続けて合いの手解説を部下に延々と
    しているのが腑に落ちないです。この対戦で李牧軍が壊滅しても王翦軍に糧秣さえ与えなければ、王翦軍は餓死もしくは自壊して雲散霧消(仮に趙軍捕虜を大量に取れば長平の大虐殺の二の舞に)。そうすれば他の2軍も孤立していずれ餓死か降伏です。李牧は自分を囮にして部下や王翦軍に悟られないように自軍の糧秣を焼かせているのか?キングダム的には秦本国から補給部隊がどこぞの武将に守られて李牧離脱後に到着と予想します。(ファルファル伝説剣の旧王騎軍に来てほしいですね?)

      • 咸陽の夢
      • 2019年 12月 15日

      キングダム的には秦本国から補給部隊がどこぞの武将に守られて李牧離脱後に到着との予想、共感します!
      ファルファル伝説剣や旧王騎軍残党の皆さん、及び蒙武さんは対魏国や対楚国の国境守備のため無理なような気がします、、

    • Ryu☆Gensoku
    • 2019年 12月 14日

    kawauso様の投稿をいつも楽しく拝見しています。主様はワレブ龐煖が背後霊やスタンド(幽波紋)に恐れを抱いているとの仮説を元に執筆なさっていますが、私はこの仮説に違和感を覚えています。言葉による答えを求めていない〝求道者〟龐煖にとって信の背中に見える幻影は〝恐怖が見せる幻影〟ではなく〝求道者として求めている姿〟のように思います。
    10数年前のワレブ龐煖であれば王騎の強さの原因が分からず、〝分からないこと〟〝未知のもの〟に対して恐怖していたように思いますが、現在の龐煖は戦場を嫌いながらも燕国劇辛に挑み、秦国ヒョウコウに挑み、そして今度は主人公信に挑んでいますから未知のものへの〝恐怖〟というよりは答えを知るための〝挑戦〟のように思います。なので信の後ろに見える幻影は〝求道者〟龐煖が心の底から欲している〝答え〟の片鱗のように思います。

    • 匿名
    • 2019年 12月 14日

    マカロニほうれん荘。キンドー 日曜さん。

    • 匿名
    • 2019年 12月 14日

    松佐さんと去亥さんはどこにいったん・・・
    実はまだ、息はあって復活フラグ?

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP