キングダム最新628話ネタバレ「命の火」レビュー考察


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

二週間ぶりの掲載となるキングダム628話。序盤は思った通り死を迎えた龐煖(ほうけん)の走馬灯から始まります。こちらについては予想通りお涙頂戴(ちょうだい)なので割愛して、問題なのは信の方でした。霊とフランクに会話するなど、やばい描写が多くなっていた信ですが、龐煖を倒しても動く事が出来ず、その場に倒れてしまったのです。もしや主人公死亡でキングダム完?早速レビュー考察をしてみましょう。

 

※こちらの記事はキングダム628話のネタバレが含まれる記事なのでご注意下さい。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新628話休載SP vol3「どうして中華は七雄に分裂したの?」

関連記事:キングダム628話休載spvol2「項燕大将軍のキャラクターを考える」


キングダム最新628話ネタバレ「平和な村を襲った悲劇」

黄巾賊

 

キングダム628話の冒頭は、のどかな村から始まります。そこには気功(きこう)の力を操る若い夫婦がいて、足が悪い男の足を治療したり、肩があがらなくなった老人の肩を治療し肩をブンブン振り回せるくらいまで回復させています。そして、幸せそうな夫婦の傍らには籠の中で笑っている赤ん坊が一人、どうやらこの赤ん坊が後の龐煖であるようです。

 

ホウ煖(龐煖)

 

しかし、次の瞬間、龐煖と同様の曲がった矛を持つ先代の武神が平和な村に出現、その場に居合わせた若い夫婦と数名の村人を虐殺してしまいます。そして、籠の中の赤ん坊を籠ごと掴み上げると、山の奥へと消えていきました。結局、龐煖も求道者というクレイジーな連中に人生を狂わされた被害者だったというオチです。

 

kawauso

 

うーん、予想していたとはいえ、一番つまらない形で龐煖が自己完結してしまいました。それまでの道だの人類救済だのは、龐煖が自分で考えた事ではなく、先代の武神に幼い頃からすりこまれた洗脳に過ぎないという事になりましたね、何だ、別に賢くもなかったんだアイツ、、哀れすぎます。まあ、これで、次の龐煖は出てこなくて済むわけですから、それだけが龐煖の善行ですかね。

 

原先生も、なんとか龐煖の救済を考えて工夫を凝らしたのでしょうが、救うつもりが悲惨の極致(きょくち)になりました。龐煖に殺された強者達もこれでは報われません。


キングダム最新628話ネタバレ「飛信隊大喜び」

朝まで三国志2017 観客 モブ

 

龐煖の血走った目が力を失って閉じていき、そのまま巨体はドウと地面に倒れます。その信じがたい光景に、飛信隊全員、限界まで口を開きアングリです。ギャグマンガなら下アゴが地面についているでしょう。やがて、飛信隊の面々に龐煖を信が倒したという事実への喜びが沸き上がります。

 

kawauso

 

「いやったァーーー!これでもうpvが取れない上に辛気(しんき)臭い龐煖ネタを書かなくていいぞーうれp-!」

失礼、これは飛信隊ではなくkawausoの感想でした。

 

飛信隊の歓喜の声は地鳴りになり、李牧の本陣側で戦っている王翦の本隊にまで届きます。その声に、蒙恬(もうてん)王賁(おうほん)は何かが起きた事を察知するのでした。一方、切り裂かれて死体になって転がっている龐煖を見ている李牧は冷静です。

 

剣を持ち戦う李牧

 

「個人の武で人を超越し、人類を争いの世界から救済するという龐煖の思想は、人は人でしかないという現実の前に崩れ去りました。ですが、もう一方の人の思いを束ね集の力で中華を統一するという秦王政(しんおうせい)の思想は生き残った事になります。私達は、この秦の野望をなんとしても阻止せねばなりません」

 

樊城の戦い

 

李牧は、カイネにそう告げると、すでに各部隊には告げてあるとして退却を開始します。目指すのは(ぎょう)、鄴さえ守り抜けば、朱海平原で龐煖が死んだ事も大勢の味方を失った事もチャラになっておつりがくるのです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム最新628話ネタバレ「主人公信死す?」

 

もちろん、李牧の退却を逃がすような秦軍ではありません。亜花錦(あかきん)が背中を見せて逃げ出した李牧軍の後を追います。しかし、趙の馬はハイスペックなので、このままだと振り切られる可能性が大ですね。結局、最後は鄴を挟んで王翦&桓騎と李牧が激突するのでしょうか?

 

ところが、同じ頃、飛信隊では嫌な空気が流れていました。あれだけ飛信隊が騒いでいるのに、肝心の信がピクリとも動かないのです。たちまちのうちに飛信隊に動揺が広がります。そして、グラっと体勢を崩した信は、糸が切れたように地面に倒れたのです。

 

煽り:龐煖を斬るという大殊勲を挙げた信、しかし、幽霊とフランクに語れるようになった信は、実は冥界に片足を突っ込んでいた。龐煖を斬った事で緊張の糸が切れた信は、抜け殻のようになって地面に転がる。はたしてこのまま死んでしまうのか?

 

そして、来週のyjは合併号なので再びキングダム休載です。


キングダム629話大予想!

君主論18 kawausoさん

 

前号でkawausoは龐煖が死んだ辺りで戦は手打ちと予想しましたが外れました。

 

昌平君

 

こうなると、作者は王翦が出征前に昌平君(しょうへいくん)に頼んでいた事を捨てるつもりはないようです。それはほとんどネタバレで、昌平君が鄴に食糧を運び込んでいて、万全な食糧を備えた桓騎軍と、王翦軍に挟撃されて李牧が敗北せざるを得ないという事かと思います。

 

李牧のアドバンテージは最初から最後まで、我が軍は兵糧満載で秦は餓死寸前キリッ!というものでしたから、兵糧到着で詰みでしょう。

 

亡くなる李牧

 

一方で、目を醒まさない信ですが、ここは巫女でもある羌瘣(きょうかい)が、霊的なパワーで自身も魂を分離して冥界に行き、あの世に行こうとしている信をこの世に引き戻すというスピリチャルな展開があるのではないかと予想します。

 

まるで、カルト的な人気を誇った少年ジャンプの名作、ゴッドサイダーで鬼哭瑠璃子がベルゼバブに冥界に道連れにされそうになった恋人の霊気を救う為に放った冥界逆葬送(めいかいぎゃくそうそう)のようなものでしょうか。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. kawauso
  2. キングダム55巻
  3. キングダム
  4. キングダム

コメント

  • コメント (15)

  • トラックバックは利用できません。

    • 実は李信将軍ではなかったとか・・・?
    • 2020年 1月 19日

    「昔、そういう人がいて、俺はその名をもらったんだそうな・・・」

    「飛信隊の臣」はここで死んで、名をもらった騎士族の若い将軍が李信将軍だった。
    というオチでどうよ!?

    • 匿名
    • 2020年 1月 14日

    あー、実際のところ私はホウケンがここで死ぬとも思えんのですが。
    問題として李牧を救ったパワーで信を救うまではよしとして、体格差と決闘までの経緯をから考慮するとホウケンにはいくらか体力は残ってるんですよね、気力で押し負けたって話で。

    そうなると特殊技能のない信はまだしもある意味「同類」のキョウカイまでわざわざ治す義理がホウケンに発生するのかって話ですわ。

    • 2週休載にまだ立ち直れない通りすがりの金毛
    • 2020年 1月 10日

    信は臨死体験くらいはするかもしれませんが絶対死にませんので全く心配してません。(死んだら連載終わっちゃう)
    ホウケンさんは両断ですので[気功で信を]ってのは無理でしょう、漫画的にはいろんな方法ありますがキョウカイさんが
    チュウ♡して目覚める展開ならドキがムネムネですね(ねエだろうな~)
    李牧はギョウへ向かっても着いた頃には陥落してるでしょう、オウセンの間者はギョウ内にまだ居るかもしれませんから暴動を起こさせるのも可能ですし垣騎が外から煽るのもあるでしょうしね「今スグ降伏して開城しないと住民全部首をはねるぞ」ってね。何十万の民間人がパニックですのでまあオウセンがギョウに垣騎を残した理由はそこでしょう。
    食料を焼かれた時点で詰んでますよね。オウセンあったまイイ!勿論オウセンは李牧を追わないでしょうね、狙いはアツヨでしょうから。李牧は何考えての行動かいまいち分からん。

      • 僕の予想
      • 2020年 2月 05日

      僕は信を蘇らすのはホウケンではなくキョウカイだと思います。550話夜のシーンでボロボロになった信とキョウカイがテントで夜語りをするシーンがありました。そこでキョウカイは「シユウ族には色々な技が伝わっている」といって信と手を繋ぎ「命の力を少しだけ分けて相手に与えるんだ」と言っています。結局おちゃらけた感じで終わったあのシーンが実は今回の伏線となっており、キョウカイには自らの命を削り信に命の力を与えるのではないかと思います。ナルトの千代婆が我愛羅を蘇らせ命を落としたように、現在満身創痍のキョウカイが命の力を分け与える事は自らの死を近づける形になると思います。ホウケンの回想のハンドパワー的な力を両親が使っていたシーンは、そのような力を使える者がいると言う今回の伏線ではないでしょうか。いやー、キョウカイとヨウタンワだけは死なないで欲しいものです。

    • 去亥@故人
    • 2020年 1月 10日

    龐煖が絶命する前に信へ命を託すんでしょうな
    それがせめての償いって事でしょうか

    まぁそんな事より原先生はまたしても摩訶不思議な事を言い出した
    李牧は声高らかに南下し鄴を開放しに行きますと叫んでますがそれがままならないから朱海平原で戦ったんでしょ?
    そう李牧軍は鄴に向かいたかったのですが『行けなかった』んです
    桓騎軍が囲んでる鄴に王翦軍を引き連れて南下するなんて勝ち目をただ下げるだけの愚策だった筈なんですよ
    おまけに李牧軍はどれだけの将軍を失いました?龐煖・尭雲・趙峩龍・岳嬰・金毛・共伯と軒並み討ち取られ壊滅状態
    舜水樹と公孫龍は遠くは列尾の地です
    全軍健在の時にできなかった事が潰走寸前の軍がどうやったら王翦軍を出し抜いて鄴に辿り着けるのさ
    信が動けなくて飛信隊が追えないから?もう馬鹿馬鹿しくて突っ込む気もしない

    • 羽仙になった通りすがりの金毛
    • 2020年 1月 09日

    休載の報に金毛は回った(クルクルっと)連続の休に満つ悲喜の炎
    悲憤の雫 雷轟の中 やはり人は前へゆく
    嗚呼金毛はうねり大声で泣いたマジかよ?と30日かよ?とあっ遅くなったけどキングダムアニメ3期おめ!

      • kawauso編集長
      • 2020年 1月 09日

      羽仙になった通りすがりの金毛 さん

      残念、来週、再びキングダムは休載です。
      でも、アニメ3期目おめでとう

    • パンピー
    • 2020年 1月 09日

    信を復活させるのは龐煖ではないでしょうか?
    斬られたとて手をかざす位の精神力は持ち合わせてるでしょう。
    最後はいいヤツで退場させるのではないですか?
    冒頭に伏線らしき一言がありましたが、どうでしょう?

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    兵站が繋がってないんで、昌平君の兵糧がギョウ直で到着は無いかと。
    史実だとアツヨ取るはずなんで、王セン軍でアツヨ攻めか、黒羊側から昌平君がアツヨ取って合流か、かなー

      • ひとふたさん
      • 2020年 1月 09日

      予想屋さんの言う通りだと思います。元々人外設定だった龐蕿が最後の力をふりしぼり両親のように思いを託し信を助けます。今回の回想は前フリです。そのまま龐蕿も復活して山に帰って行くまでありえます。

    • 予想屋
    • 2020年 1月 09日

    信は龐煖のハンドパワーで復活し、龐煖の思いも背負っていくと思います。龐煖の回想シーンは、そのためのフリではないでしょか?

      • 龐煖死んでるのに?
      • 2020年 1月 09日

      信をハンドパワーで復活させる前に龐煖を蘇らせなきゃならんけどね、、

      • kawauso編集長
      • 2020年 1月 09日

      予想屋さん

      そうか!実は死んだと思っていた龐煖が一時蘇生し信をハンドパワーで蘇らせて再度死ぬ。
      或いは、信の魂と龐煖の魂が冥界を旅し、なんだかんだで両者が打ち解けた末に
      龐煖が信を突き飛ばして(地味な王騎オマージュ)現世に返し自分だけは多くの人間を殺戮した業を背負い
      魂さえも消し飛ぶ最凶の地獄へ自ら落ちていくという戸愚呂弟のようなオチかも・・

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    武神様が信の夢枕で闘魂注入して、お前の気持ちも背負っていくぜ!的なことで起床すると予想しますが。

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 1月 09日

    休載明けいきなり信のピンチ、復活はブログ主の予想どおり
    キョウカイによる加持祈祷か?超絶技巧による医療行為により王賁復活のように死線をさまよい現世へ戻り更なる変身を遂げるストーリーでは?もう一方のギョウ包囲戦の結末は?
    ブログ主の予想ではカンキの元に本国の補給部隊が?足の遅い荷台隊が熊昇天時どこにいるかが鍵かと思います。(李牧の哨戒網にひっかかれば一番の標的ですね)ギョウへ急行する李牧を長時間追跡する余力は王翦軍にないので休養充分の山の民が李牧軍の横腹を突くか?既にギョウはカンキによって陥落している可能性も大だと思います。もし陥落していたら?王翦の次の一手をブログ主はどう予想するか?(当方は王都邯鄲を囲むギョウの難民の反乱を鎮圧せよと大王から下されると予想します?)


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP