ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬師の「瘤のせいで死んだ」という描写の壮大な一人歩き!瘤以外にも見てほしいポイント

眼球が取れる司馬師


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

羅貫中

 

三国志については、史実として伝えられていることと、作家である羅貫中(らかんちゅう)が書いた『三国志演義』での設定とで、扱いが変わってしまっている人物がたくさんいます。とりわけ司馬一族の扱いは揺れ幅が大きい箇所となります。

 

羅貫中と関羽

 

というのも羅貫中、「面白くするためには過剰脚色してナンボ」なサービス精神にあふれている上、とにかく「蜀びいき」で、蜀を滅ぼした司馬一族にはどうも筆が冷淡なのです。

 

クーデターを成功させた晋建国の功労者 司馬師

 

おかげで『三国志演義』では司馬一族の扱いはどうもスッキリしないのですが、いちばん悲惨な目をみているのが、司馬師(しばし)ではないでしょうか?

 

眼球が取れる司馬師

 

司馬師は瘤のせいで死んだ」という話が一人歩きしてしまい、羅貫中の物語では「司馬師といえば瘤男」というほど、この点ばかりが強調されてしまっているきらいがあるからです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬師 瘤」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

関連記事:司馬師とはどんな人?クーデターを成功させた晋建国の功労者


司馬師は別に「瘤が特徴の男」ではない!史実の司馬師はむしろ容姿に自信あり?

晋の司馬師は玉座に座る

 

実際、正史側では、司馬師については、「容姿が上品ですぐれていた」とか、「物腰が冷静沈着で、雅を理解する男であった」など、悪いようには書かれていません。

むしろ、よい評価といえる記述ではないでしょうか。

 

司馬師と司馬懿は晋建国の功労者

 

こうした記述を追う限りでは、ハンサムだったというわけではないにせよ、知恵者然とした「品のよい政治家」だったという印象がします。今風に言えば、高級スーツや高級腕時計が似合う「冷静で仕事のできそうなおじさん」というところでしょうか。

 

瘤の話については「死因がそのせいであった」と言われているだけです。別に「顔に巨大な瘤があった男」のようには強調されていません。推測の域を出ませんが、この記述を追う限りでは、目の下に瘤があったというのも晩年の病気のせいであって、最初から目立つ瘤があった人ではなかったのかもしれません。


「瘤」に食いついたのは後世の羅貫中!

司馬師

 

ところが後世に、話を面白くするためなら何でも貪欲に利用する男、羅貫中が現れました。彼にとって、「司馬師は瘤のせいで死んだ男」という伝承は、「む、これはキャラ設定に使える!」とピンとくるところだったのではないでしょうか?

 

それゆえ『三国志演義』では、姜維軍との戦闘シーンで、司馬師はこんな描写で登場してきます。

 

目玉が飛び出て亡くなる司馬師

 

「前方に現れたのは、丸顔に大きな耳、四角な口に厚い唇で、左の眼の下に黒い瘤があり、その瘤には数十本の黒い毛が生えていた。これこそ司馬懿の長男、司馬師なのであった!」

 

ほとんどバケモノの描写ではないでしょうか?

 

司馬師

 

そしてその司馬師の最期も、『三国志演義』の描写では、「戦場の幕中で病に横になっているときに襲撃を受け、動顛したところ、目玉が瘤の切り口から飛び出してしまった。あたりは一面、血の海となった」とされています。そんな死に方、普通の人間に起こり得ますでしょうか?これはもう過剰描写ではないでしょうか!


まとめ:いっそ司馬師には目玉を食べてほしかった!

失敗し落ち込む司馬師

 

羅貫中(らかんちゅう)は他にも、三国志のキャラクターの史実に何かと「やりすぎ」なエピソードをつけてしまうきらいがあります。有名なところでは、夏侯惇(かこうとん)が左目を負傷したとき、「父母に産んでもらったこの目玉、もったいないわ!」と自分で食べてしまったという事件。

 

目玉を食べる夏侯惇

 

豪放な夏侯惇の性格を象徴するようなエピソードですが、これもまた羅貫中の創作です。これは過剰描写とはいえ、読者の心に残る名場面になったということで、羅貫中の創作の才能がうまく働いた場合と言えそうですが。


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

「でも羅貫中先生、夏侯惇にそんな見せ場を用意してくれたのなら、せっかくの司馬師の最期も、もう少しカッコよくしてあげてもよかったのではないでしょうか!」とも思うところ。

 

せめて司馬師の死に様も、「瘤の痕から目玉が出てしまって苦痛にのたうちまった挙句に事切れた」なんて痛々しいものではなく、

「父母に産んでもらったこの目玉、もったいないわ!ちなみに俺の父ちゃん司馬懿!」と叫びながら、飛び出した目玉を自分で食べてから事切れるくらいのインパクトを用意してあげて欲しかった!

 

いや、それこそ過剰描写か。というか、ここまでやったら、それこそ司馬師はバケモノ扱いか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

関連記事:【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?

 

【独立を夢見た早熟の策士・鍾会】
鍾会特集

 

 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 孔明もコペルニクスに似ていた 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉…
  2. 黄忠 厳顔 張郃 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??
  3. ヨイショをする曹操 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった
  4. 周瑜と陸遜 もし夷陵の戦いで陸遜の裏切りがあったらどうなる?【if三国志】
  5. 劉備 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  6. 馬岱 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  7. 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  8. 黄忠 キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん01 無
  2. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  3. 二刀流の劉備
  4. 孫権 劉備 対立
  5. 鎌倉時代 服装 男女
  6. 西郷隆盛像
  7. 典韋にボコボコにされる成廉
  8. オオクニヌシ(日本神話)
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

騎射の術に長けた騎馬兵士 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説 劉備の黒歴史 劉備は実像とは違う?本当に仁徳の人?劉備の真の魅力とは何か? 長坂の戦いでの趙雲 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い 呂布に殺害される丁原(ていげん) 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは? 真田丸 真田幸村 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる! 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略4】君も今日から曹操!?はじめての三国志演義曹操編の序盤の攻略ポイント キングダム53巻 キングダム591話ネタバレ雑学「秦の家庭は核家族だった」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP