龐統はなぜ死んだ?ホウ統の3つの死因を解説


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

龐統

 

龐統(ほうとう)は蜀(221年~263年)の軍師です。蜀建国前に亡くなっているので、後漢(25年~220年)末期の人物が正しいでしょう。龐統は建安19年(214年)に益州の劉璋(りゅうしょう
)
を攻撃中に矢が命中して亡くなりました。しかし、小説『三国志演義』を分析すると彼の死因には深いものがありました。

 

今回は小説『三国志演義』をもとに龐統の死因について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「龐統 死因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

関連記事:孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】


死因(1) 龐統の嫉妬

曹操と張松

 

建安17年(212年)に劉備(りゅうび)は益州の劉璋を攻撃開始。以前から内通していた劉璋配下の張松(ちょうしょう
)
が捕縛されて処刑されたことにより挙兵を決意。

 

馬良と孔明

 

劉璋(りゅうしょう
)
配下の名将として名高い楊懐(ようかい
)
高沛(こうはい
)
を斬って劉璋に宣戦布告をします。さらに冷苞(れいほう)鄧賢(とうけん)の2将軍を討つことに成功しました。勝利に喜んでいる劉備のもとに馬良(ばりょう)がやって来ます。彼は諸葛亮(しょかつりょう)の手紙を持っていました。

 

「早く、見せて!」と劉備は子供のように喜んでいます。そんな光景を面白くないと思っている人物が1人・・・・・・

 

龐統

 

龐統でした。彼は劉備が心の底から諸葛亮を信頼しているのを見て、自分も信頼されているのか疑いを抱きます。組織にいれば必ず起こる嫉妬の感情です。もちろん劉備は龐統と諸葛亮を区別して扱うつもりはゼロでした。

 

そんなつもりは無いのに劉備は、「諸葛亮が天文を見たら『凶』と出たから、これ以上の進軍は慎んだ方がよい、と言っている。だから私は1度荊州に戻って諸葛亮と軍議を練り直そうと思っている」と口をすべらせます。

 

その瞬間、龐統の嫉妬の感情が膨れ上がりました。龐統は諸葛亮が自分の功績を妬んでいるため、こんな手紙を送ったのではないか、とありもしない空想を頭の中で描きます。腹を立てた龐統は劉備に対して、「ちょっと待ってください」とストップ!

 

「天文ならば自分も見ます!今年は劉備様にとって良い年でも悪い年でもありません。たぶん、このまま進撃すれば大丈夫です!」

「そう・・・・・・」と思った劉備は龐統の言う通りに、成都への進軍を続けることにしました。


死因(2) 馬の交代

龐統と的盧

 

劉備と龐統は劉璋軍が立てこもる雒城に二手に分かれて進軍する計画を立てます。だが、直前に龐統の馬が足を折ってしまい、龐統は馬から落ちました。

「無事か、龐統?」

「はい、大丈夫です」と龐統は答えました。幸いにも龐統は無傷です。

出陣前に不吉なことだ、と思った劉備は自分の馬を龐統に貸してやることにしました。それは立派な毛並みと飾りつけをした馬でした。

「これならば落ちることもない」と劉備は太鼓判を押します。龐統も喜んで借りていきます。だが、これが永遠の別れとなりました。


死因(3) 劉備との間違い

張任

 

実は劉備たちの作戦は敵に読まれていました。迎え撃つのは劉璋軍の張任(ちょうじん
)
。彼は待ち伏せしていました。張任は斥候から立派な馬に乗った人物がやって来たと情報が入ったので、「間違いない、劉備だ!」と思って出陣していました。

 

だが、それは劉備ではなく龐統。龐統は移動していましたが、あまりにもひどい道だったので、この場所はどんな地名なのか近くにいた兵士に尋ねます。

 

「落鳳波です」と兵士はコメント。それを聞いた途端、龐統は寒気が走ります。自分のあだ名は「鳳雛」、出陣前の落馬、そして現在いる地名・・・・・・龐統は嫌な予感がしたその時、一斉に何かが降り注ぎました。気付いた時には、すでに自分が地面に倒れていることに龐統は気付きました。ここに軍師龐統は絶命したのです。享年36歳。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が龐統の死因についての解説でした。張任も敵を見極める時に、顔ではなく馬で区別するとは、なかなか大胆なことをします。正史・小説の両方とも龐統は美男子とは言えない人物で有名です。遠くからでも分かったのではないでしょうか?もしかして劉備も顔が龐統と同じくらい良くなかったのでしょうか?

 

読者の皆様はどう思われますか?

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-12_bnr2

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。龐統のファンという人はコメントをください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?

関連記事:蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

関連記事

  1. 戦いに敗れる劉岱
  2. 孔明(諸葛亮)から重宝される趙雲
  3. 三国志の雑学

    宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾

    ※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バト…

  4. 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)
  5. 馬良って何した人だっけ
  6. 酔いつぶれる劉備玄徳

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP