キングダム634話ネタバレ 王翦スピード勝利?「戦略の破綻」レビュー考察


kawauso

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。先週の休載を挟んでの2週間ぶりの掲載です。迅速(じんそく)に軍を立て直し(ぎょう)へと突き進む李牧(りぼく)軍と少数精鋭でそれを追う王翦(おうせん)軍、鄴で李牧軍の南下を待つ桓騎(かんき)軍。

 

ここから、三つ巴で手に汗握る鄴攻めが展開かと思いきや、、いやいや王翦、勝つの早すぎるでしょう・・さあ、色々な意味でスピードアップのキングダム634話を早速レビュー考察してみましょう。

 

※こちらの記事にはキングダム634話のネタバレが含まれていますのでご注意下さい

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム休載SPvol4「秦王政を悩ませる脱税と徴兵逃れ」

関連記事:キングダム休載SPvol3「李牧を誅殺に追い込んだのは自然災害」


キングダム最新634話ネタバレ「ウソ!あっさり李牧に追いつく王翦軍」

馬で高速移動する王翦

 

戦い17日目、ひたすらに南下を続ける李牧軍の最後尾の部隊が砂塵(さじん)を巻き上げて進む王翦軍に捕まります。死の淵を彷徨(さまよ)い、馬に乗るだけで激痛が走っていた信、これまでの疲労がウソのようにルラアアアア!!と趙兵を斬りまくります。いえいえ、kawausoは驚きませんよ。これは、、アレですよ、あの世で羌瘣に生命力を半分与えられたせいでしょう。

 

JOJO第一部のジョナサンも双首竜の間で瀕死のツェペリ男爵から、最後の波紋を受け取るとケンシロウのような肉体になり鋼鉄の首輪を腕力で破壊するというDioも真っ青の怪力を見せましたからね。信に負けじと田有も趙兵を斬りまくります。なんと他愛もない鎧袖一触(がいしゅういっしょく)とはこの事でしょうか。さて、自軍の最後尾が王翦の軍勢に追いつかれ攻撃を受けているという情報は李牧にもたらされます。趙兵は動きの鈍かった秦軍が、急激に速度を上げた事に一様に驚きますが、李牧は全てお見通しでした。

 

「王翦は兵の数を減らし、精鋭揃いにして軍を細かくし速度を挙げてきたのだ」

 

どうしますかと共伯(きょうはく)に尋ねられる李牧ですが、そのまま進むと回答します。李牧は焦っていました。鄴にタイムリミットが迫っているのです。先見性がある李牧の脳裏には、民衆の暴動で落城寸前の鄴がくっきりと浮かんでいるのでしょう。

(どうか、持ちこたえてくれ)祈る事しかできない李牧です。


キングダム最新634話ネタバレ「ギリギリチョップな鄴」

洛陽城

 

一方鄴では、飢えた住民が城から逃げ出そうと門へと押し寄せます。どんどんと圧力が強くなる住民に対し、趙兵は柵を立てたり盾で押さえたりでギリギリ、bzで言えばギリギリチョップです。

 

門番「落ち着け、自分達のことばかり考えるな、秦に趙国が滅ぼされてもいいのか!」

 

民衆「お前達こそ、秦兵と戦うのが怖いだけだろう!餓えている民の事も考えろ」

 

たじろく趙兵に、住民は外へ出せと一歩、二歩と城門に近づきます。

 

城の中心部では、各門の前で兵士と民が争い収拾不能、民を抑えつける為に武力を使わせてくれと報告が来ています。民思いの鄴城主、季伯は「方法がないなら許す、門を死守せよ」と命じました。暴徒化した住民の中には、貴族の屋敷に踏み込み食糧を探しだし憤る者達も出始めています。さらに、城内に次々と火の手があがり、兵士からは援軍を求める伝令がひっきりなしです。

 

(ほいほーい、誰でもいいから助けてチョー)

 

崩壊寸前の鄴を桓騎は、不敵な様子で眺めていました。やばいです、、これは鄴が落ちてしまいます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム最新634話ネタバレ「広失の陣で反撃も未遂」

剣を持ち戦う李牧

 

李牧の進軍速度はダダ下がりです。本来なら十六日の時点で鄴まで半日なのに、17日目の昼でも鄴につきません。そこに、糸凌(しりょう)倉央(そうおう)まで追いついてきて、李牧軍の心臓部をうかがいます。李牧としても、このまま背を撃たれては桓騎と戦う兵力が失われるので放置できません。李牧はついに全軍停止の命令を出し、広失の陣で王翦軍を包囲するように命じます。数で勝る李牧軍は、左右に展開し倉央と糸凌を包囲し包囲殲滅しようとしますが、倉央は危険を判断し一度退くように指示蒙恬や王賁も独自に判断し、反転して広失の陣から抜けます。

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

たった一人、信だけが気づかずに前進しようとしますが、河了貂(かりょうてん)の助言で、ようやく気付き陣から抜けました。陣の失敗を悟った李牧は悔しそうな顔をします。もう、余裕は少しもありません。17日目の夜を迎えます。飛信隊は部隊を休ませる為に休息を取っていました。早く、李牧を追わないと逃げられると文句を言う信ですが、そこに突如として、李牧軍が大規模な反撃を掛けてきました。李牧は、趙軍を半分に分け王翦軍を迎撃させると、自分は夜を徹して鄴に向かいます。思わぬ逆襲に王翦軍は後退して逃げていきますが、すでに王翦は余裕の表情です。


キングダム最新634話ネタバレ「李牧、ゼノウと雷土にボロ負け~」

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

18日目の日の出、予定より丸一日遅れで李牧は鄴に到着しました。遠目で鄴の様子に目を凝らすと、城門は開いておらず、ギリギリ間に合った事に安心します。しかし、それを嘲笑(あざわ)うように、左右から桓騎軍のゼノウと雷土が出て来ました。疲れ果てた李牧軍を見て雷土は、「ゼノウ一家を呼ぶ必要もなかったな」とつぶやきます。桓騎の大軍を前に、絶望感maxの趙兵は李牧の指示を求めます。

 

「本軍が戻るのを待っている時間はありません。無理にでも突破し桓騎を討ちます」

 

ああ、玉砕戦法、名将李牧も知恵が尽きては哀れなモノです。疲れ果てた趙兵は、桓騎軍のゼノウと雷土の前に一方的に蹂躙されて数を減らしました。戦いが始まった事を聞いた桓騎はフンと鼻で笑い「バカなやつだ」と嘲笑います。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム55巻
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム54巻amazon
  5. キングダム54巻amazon
  6. 秦の旗を掲げる兵士

コメント

  • コメント (16)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 3月 13日

    人間様の兵糧もなんですが、馬の餌ってどうしてるんでしょうね?
    長期の戦争するだけで当たり一面から草木が消えるのでは。。。
    戦いは移動しながらだから気にすんな!って言われればそれまでですがw

    • 匿名
    • 2020年 3月 13日

    こういうこと言いたくないけど、ギョウの食糧庫を焼くのがもっと早ければ漫画的に破綻しなかったのに。
    少なくとも、アコウマコウの退場直後。

    オウセン逆兵糧攻めにリボク一瞬ビビるも、秦軍の兵糧が先に尽きるのをすぐに看破。

    のんびりダラダラ長引かせる戦法。秦軍は無理攻めを(するフリをすることを)強いられ、無理に突っ込んだアコウマコウがリボクの罠にはまり死亡。

    ギョウの食糧がなくなったと報告。

    立場逆転、今度はリボクが無理に抜けようとするも、信オウホンモウテンらの活躍で抑える。

    たまらずホウケンを放つも信が撃退。死亡復活。

    そのどさくさの隙をついてリボクの別動隊が抜けてギョウへ。
    オウセンは残り少ない食糧を精鋭のみに渡して追撃。

    って流れなら、自然だった気がする。

    • 通りすがり
    • 2020年 3月 13日

    退くでしょうね。経路は左手側?邯鄲の方面?しかないので、そっちへ動くのでしょう。路ついてるかどうかわかりませんが(笑)
    昌平君への頼み事は、鄴の統治領土化?アカキンがマンタンワを兵糧と共に連れてくる?10の8達は、閼与に向かったのでは?

    • 李牧のキャラ付けの失敗
    • 2020年 3月 13日

    李牧は史実でも匈奴の大軍を撃破した守戦の天才な訳ですが、本作でも智、武、勇を兼ね備えた稀代の司令官として登場し、ダメ王さまに振り回されながら、合従軍の黒幕を務め、鄴攻防戦でも人を見る目が凄い王翦をして、戦略ではほとんど差がなかったと言わしめている。

    しかし、結果は函谷関でも、鄴攻防戦でも、戦力では圧倒し、戦略も互角以上に展開しながら、ともに多大な損害を被って敗退するポンコツぶり。

    ともに敗因は、秦の若い嬴政、信、蒙恬、王賁、羌隗らの能力と覚醒スピードを見誤ったから。

    彼らが主人公だから仕方がないが、李牧は所詮彼らの壁となる敵ボスキャラで、敗れ去るのが宿命なんだろうな。

    • 匿名
    • 2020年 3月 13日

    まあ話の長さも含めて兵糧攻めって事で
    秦軍の兵糧問題は馬でどうにかしてたのでは?粉かけるにも限界あるし、表面以外は食えるやろ。とりあえず、兵糧尽きてまだ日が浅いので辻褄はギリ大丈夫かと。その気になりゃ人肉だって食える。

    ってか北から後ろ追われながら開放したとしてギョウに食料分け与えれるの?兵站絶たれてない?

    • 匿名
    • 2020年 3月 12日

    水さえあれば一週間くらいは生きられるし、
    2日程度なら、十分戦力になる。
    何ら不思議は無い。そもそも生き返らせることまで
    やってる漫画に本気ツッコミとか頭大丈夫?

    • オッサン
    • 2020年 3月 12日

    龐煖はその内 生き返る(๑°⌓°๑)

    • 審配の心配
    • 2020年 3月 12日

    まだ閼与戦があるから終わるのは年明けにとかになりそう

    • 匿名
    • 2020年 3月 12日

    兵糧が一つのポイントであったのは間違いないが、
    兵糧が足りなくなってたのは秦軍に限ったことじゃないよ。
    というか、兵糧の足りない秦軍が勝つために相手の兵糧不足を引き起こしてきたって展開だったでしょ。
    それが今回の話でようやく花開いたという感じ。
    まあ長すぎたし都合の良い展開もあったけど、駒の差というのは頷けるかな。

    しかし本当にこれで勝利なのか?城から出て来る民衆の後に敵兵も出て来て挟み撃ちになったりしないのかな

    • 匿名
    • 2020年 3月 12日

    まあホウケンと言う武力最大の駒を失ってただでさえ趙の士気が高くない事は想像がつく事で(まあ俺個人としては勝敗関係なく恋愛進展と言うしょうもない事で因縁の敵を台無しにしたキングダム最大の罪を許す気にはならんのですが。初期から見て来たからこそ期待したのにあのザマですもん)、軍の体系を成せただけでも李牧はまだマシな扱いされた方ですよこれ。

    • 北条厨(3年以上我慢したうっぷん)
    • 2020年 3月 12日

    こういう物語でカタルシスを高めるにはどうすれば良いのか?
    やっぱり脚本構成に説得力と緩急をつけ、最後にどんでん返しを入れると読者の脳汁があふれるんじゃないかなー。
    でも、今回の「鄴攻め」は連載に3年以上も時間がかかり、正直読んでて飽きてしまったね。まず、食糧問題の疑問が解決されないので、飛信隊の成果も説得力がない。ただただありえないとしか思わなかったよ。本来いるはずのないワレブは尻つぼみな末路。話数を使った割に何の感動もなかったし、スピリチュアルな展開で信が復活したのもピンとこない。あれだけ傷を受けておいて半日で回復する信にご都合主義しか感じないよ。そして最後の趙軍との決戦は一話でほぼ決着。カタルシスを感じるいとまもなかった。早く手じまいにしようという流れをひしひしと感じた。上の方と同じだが脚本構成がおかしいのではないでしょうか?本来必要ない創作に時間をかけすぎです。

      • ソウ
      • 2020年 3月 12日

      三つ巴の意味を調べてから出直してきてださい

        • 名無しさん
        • 2020年 3月 12日

        (にほんごまちがってますよ)

    • 尾平 故人
    • 2020年 3月 12日

    原先生…
     僕には週刊連載を追う気力とコミック買う気力、
     どっちもないです………………………………………
     
     悲しいですっ!!!!!

    • 匿名
    • 2020年 3月 12日

    持ち駒の差といっても王翦さんも覚醒スキル持ちのレベルアップでのPERK取得ガチャにたまたま勝っただけのような…決して博打を打たない将軍というのも李牧のミスを誘う為の撒き餌だったとしたら凄いのでしょうが。王翦も賭けに出たのでしょうかね?嘘喰いの親方様も最後には賭けに祈ったのだからここを人生浮沈の賭けどころと見て勝負したのは悪くはないのでしょうけどポイントが三人の若将の同時覚醒というのは流石に大穴すぎませんかね?
    …まあこれで長い闘いも小休止、両陣営の功罪が描かれますね。果たして信の将軍昇格は?李牧の首の行方は?楽しみではあります。

    • 去亥@故人
    • 2020年 3月 12日

    はぁがっかりですよ・・・そりゃね今まで散々文句言ってきましたよ、やれスピリチュアルだとかだらだら長いとか
    でもなんすか?この李牧の体たらくは(溜息
    信を殺すというウルトラCまで発動してまで逃がした割には李牧の梯子外すの早くないですか?原先生

    次号の煽りで『開門を目の当たりにした李牧は?』って書いてるけどそりゃ退くでしょ
    前面には桓騎軍の主力、後面は紀彗軍の背後を討ちながら進んでくる王翦軍
    こんなのもう力業しか残されていない李牧軍に勝ち目は無い
    唯一李牧が打てる手が有るとしたら一時的に鄴を明け渡して兵站を断ち続ける事
    あとは楊端和か田里弥が兵糧を携えて登場するのか、川をどんぶらこっこと昌平君が手配した大船団がやって来てジ・エンド?
    なんかやたら長期間の戦いだったけど最後は尻すぼみだわ
    話の構成のバランスが悪いよ、原先生


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP