本能寺の変直後の明智光秀の行動は日本史の前例でいうと間違っていなかった!実は『太平記』マニアだった光秀


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

敵は本能寺にあり!と叫ぶ明智光秀

 

本能寺の変という大事件を引き起こし、歴史の流れをガラリと変えてしまった明智光秀(あけち みつひで
)
は、歴史好きにとってなかなか人気の高い人物ですね。

 

馬に乗り落ち延びる明智光秀

 

有名なのに、生い立ちや、性格、そもそも本能寺の変の動機はなんだったのかについてナゾが多い為、後世の私たちの想像力をかきたててやまないところがあります。

 

この明智光秀、以下のようによくいわれます。

 

明智光秀を馬鹿にする豊臣秀吉

 

「本能寺の変は、突発的に起こした事件であり、その後にどうするかのプランがなかった。それゆえ、本能寺の変の後の明智光秀は、豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)に討ち取られるまで無策であった」。

 

これは本当でしょうか?

 

水滸伝って何? 書類や本

 

実はこの点について、再考を促す意外な記述が、『明智軍記(あけちぐんき)』という文献に残っているのです。どうも明智光秀は、南北朝動乱を描いた古典文学、『太平記(たいへいき
)
』の熱心なファンだったのではないか、というのです!

 

関連記事:【麒麟がくる】松永久秀はホントに戦国の極悪人なの?

関連記事:織田信長は武士の時代を壊そうとしていた


まずはおさらい:本能寺の変後の光秀の行動

出世の競争をする明智光秀と豊臣秀吉

 

本能寺の変で主君の織田信長を殺した後、秀吉と天王山の戦い(やまざきのたたかい
)
で衝突するまでの期間中、明智光秀が明確に行ったとされる行動は、以下の二点です。

 

細川藤孝

 

・京都の朝廷や大寺院(だいじいん)銀子(ぎんす)をおさめた

・盟友である細川藤孝(ほそかわ ふじたか)に、ともに決起を促す手紙を送った

 

お調子者の豊臣秀吉

 

その直後に秀吉に完膚なきまでにやられてしまう結果を知ってしまっている私たちから見ると、「なにをノンキなことを?」と思う行動かもしれません。

 

スキッパーキ(はてな)

 

しかし、こうは考えられないでしょうか?

この二点の行動は、時宜を得ていれば、間違った戦略ではなかったかもしれない、と。


明智光秀は、アドリブで歴史講義ができるほどに『太平記』を読み込んでいた!?

同年小録(書物・書類)

 

ここでヒントになりそうなのが、『明智軍記』という文献です。越前にいた頃の明智光秀の記録として、以下のような一文が残されているのです。

 

お茶を楽しむ明智光秀

 

「ある日、明智光秀が湯治場に宿泊していたところ、宿の主人が、『太平記』のことを教えてほしいと言ってきた。光秀はとても喜んで、その夜、さっそく朗々と即席の講義をしてあげた」

 

明智光秀の親友・吉田兼見

 

現代的な解釈でいえば、温泉ホテルに泊っている時に、そこの経営者と雑談になって、「あなたは『太平記』に詳しいそうですね、私、歴史が好きなのですが、いろいろ教えてくれませんか?」とお願いされたとして、いきなりその夜にできるものでしょうか?

 

明智光秀 麒麟がくる

 

相当、普段から『太平記』を読み込んでいないと無理ですよね。というか、そもそも、そうお願いされて「それはぜひ、なんなら今夜やりましょう!」といそいそと進めてしまう光秀は、かなりな『太平記』マニアだったといえるのではないでしょうか?

 

明智光秀(麒麟がくる)

 

明智光秀の愛読書が『太平記』であり、即席で名講義ができるほどのマニアであったと仮定すると、光秀の行動の見え方も少し変わってくるのではないでしょうか?


南朝のとった戦略を模倣していたとしたら、光秀の戦略は悪くない!?

明智光秀(麒麟がくる)

 

その『太平記』は、南北朝時代を扱いながら、どちらかといえば南朝にひいきをしている書物です。その古典に影響を受けていた明智光秀。本能寺の変の後、どうするべきかのプランについても、南朝の武将たちを参考にしたのではないでしょうか?

 

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

南朝の動きをおさらいすると、以下の基本戦略を守っていました。

 

・とにかく京都と奈良の二カ所をおさえておく

・日本のその他の地域での諸大名の抗争については、あまり気にかけない

 

手紙を読む明智光秀

 

・京都が攻撃され取られた場合は、すかさず奈良に逃げ込み、そこでゲリラ戦を展開しながら、全国の大名に手紙を送って仲間を募る。そうしておいて、スキさえあれば、地方大名の手を借りてまた京都に返り咲くチャンスをうかがう

・そうやって三世代くらいの長い時間をかけながら、じっくりと、政局が変わるまで耐える

 

三好三人衆

 

まとめると、「京都奈良だけを重視しつつ、有力な同盟者を辛抱強く探す作戦」となりましょうか。思い返せば、近畿地方のみに君臨して、そこから各大名に上から目線でいろいろ要求をするのは、三好家や、松永久秀も採用していた戦略です。当時の常識でいえば、「近畿をおさえておけば、それだけで地方から一目置かれ、結果として長期戦ができる」というのは、十分に納得のいく考えだったのではないでしょうか?

 

馬にまたがって戦う明智光秀

 

この視点から明智光秀の行動を振り返ると、

 

京都御所

 

・朝廷や寺院に献金をしたのは、京都を地盤としてしっかりと固めるためだった

・細川家に手紙を送ったのも、「辛抱強く有力大名に手紙を送り同盟者を探す」作戦の第一弾。細川家がダメだったら他の大名(武田やら上杉やら毛利やら)にも頼むつもりだった

 

火縄銃(鉄砲)が得意な明智光秀

 

ということで、「近畿地方だけを重視する作戦」の手配としては、ちゃんとやっているわけです。


まとめ:戦略が破綻したのは「日本全国」のレベルで歴史が動く時代になっていたから?

明智光秀に嫉妬心を持つ豊臣秀吉

 

『太平記』から学んだ戦略としては、間違っていたともいえない、明智光秀の行動。それがたちまち破綻してしまったのは、なぜでしょうか?

 

松永久秀

 

ひとつには、『太平記』や、三好家や松永久秀(まつなが ひさひで
)
の時代から、日本が大きく変わってしまっていた、ということがあるでしょう。日本全国は「そろそろ戦乱を終わらせ、誰かに全国統一をしてほしい」という気運に変わっていました。その気運を正しく理解し、日本の全国地図をイメージしながら手を打てる秀吉のスケールに、近畿しか見ていない光秀の戦略はまるで太刀打ちできなかった、というあたりでしょうか。ただし明智光秀の最大の誤算は、もっと単純なところにあったともいえそうです。

 

敵は本能寺にあり!と叫ぶ明智光秀b

 

『太平記』の英雄は、楠木正成(くすのき まさしげ
)
に典型的なように、「戦争で負けても逃げ延びて、近畿地方の山にこもってゲリラ戦を展開し、長期戦にもちこむ」というパターンを得意としていました。

 

戦国時代ライターYASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

天王山の戦場から脱出した光秀も、その戦略を採ろうという算段があり、諦めていたわけではなかったのでは?となると光秀の最大の誤算は、逃げ延びる途中で落ち武者狩りに遭遇したという、どうしようもない運の悪さだった、とならないでしょうか?運の良し悪し、こればかりはどうにもならないことですが、結局はこれが歴史を大きく動かす原動力なのかもしれません。

 

関連記事:【麒麟がくる】松永久秀はホントに戦国の極悪人なの?

関連記事:織田信長は武士の時代を壊そうとしていた

 

【日本史最大のミステリーを暴く】
本能寺の変の特集

 

関連記事

  1. 真田丸
  2. 複雑な大砲をいとも簡単に操縦するカフル人
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 麒麟がきた 特集バナーver4
  5. 本多忠勝
  6. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • さもん
    • 2020年 3月 14日

    武田は本能寺の時は滅んでるよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP