荒木村重はどんな人?実は妻子を見捨てた卑怯者ではなかった


荒木村重

 

荒木村重(あらきむらしげ)は元々、摂津(せっつ)の国人で守護大名池田氏に仕えていました。しかし織田信長(おだのぶなが)の台頭に呼応して手柄を立て、池田氏を下克上して摂津一国の国持ち大名になります。

千利休

 

同時に茶人、千利休(せんのりきゅう)の門人として利休十哲(りきゅうじってつ)にも名を連ねた教養人だった村重ですが、後に信長に叛き、人質にされた妻子を見殺しにして茶人として生き残ったと非難されました。でも、それにはやむを得ない事情があったようなのです。


三好三人衆に呼応して主君を追放

三好三人衆

 

荒木村重は、天文4年(1535年)摂津国池田城主である摂津池田家の家臣、荒木信濃守義村(あらきしなののかみよしむら)の嫡男として生まれます。当初村重は池田勝正の家臣でしたが、有能な人物であり池田長正(いけだながまさ)の娘を(めとり)り一門衆の扱いになります。

 

三国志のモブ 反乱

 

しかし、下克上の世の風潮に生まれた村重は、その程度では満足せず、(したた)かな野心を巡らし、三好三人衆の調略に乗り、池田知正(いけだともまさ)と共に主君の池田勝正を追放して三好三人衆を招き入れて、摂津の実権を掌握、野田城・福島城の戦いの契機となりました。

 

織田信長

 

三好三人衆の勢力下で勢力を伸ばす村重は、元亀2年8月28日の白井河原の戦いで信長に任命された摂津三守護である池田勝正、伊丹親興、和田惟政(わだこれまさ)等を打ち破り、摂津の実力者として台頭していきますが、信長が三好三人衆と和睦すると足利義昭を奉じる信長方に投じて茨木城に移動し幕府の家臣の形になります。


細川藤孝と信長に帰順し戦国大名に

武田信玄死去

 

一時は良好だった足利義昭と信長の関係は急速に悪化し元亀(げんき)4年には決裂します。足利義昭は織田家追討の命令を出し、武田信玄(たけだしんげん)や、浅井、朝倉、石山本願寺は義昭サイドに付きますが、荒木村重は義昭を見限り、同じく兄の三渕藤英(みつぶちふじひで)と袂を分かった細川藤孝と共に織田信長につく道を選びます。

 

元亀4年3月に信長が上洛すると、村重と藤孝は逢坂でこれを出迎えます。これは自分にどれだけの味方がつくか未知数で不安だった信長の心をつかむナイスなタイミングであり、信長は村重の忠誠を喜び、大ごうの刀を授けたと信長公記には出て来ます。

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

足利義昭を盟主にした反織田連合軍ですが、上洛途中の武田信玄の病死で全てが崩壊します。信長は足並みが乱れた反織田連合軍に逆襲し、浅井氏と朝倉氏を滅ぼし、三好三人衆も崩壊し三人は戦死・行方不明で歴史から姿を消します。

 

この時、三好義継も反織田連合軍に与していましたが、信長に追放された足利義昭が義継の若江城に入って、尚も信長に徹底抗戦を訴えた為に、義継の運命は決定します。

 

佐久間信盛

 

激怒した信長は佐久間信盛を大将にした軍を若江城に進ませ村重も従軍しました。騒ぎを起こした義昭は、信長の激怒を恐れて逃げてしまい、残された義継は信長に徹底抗戦しますが、重臣の若江三人衆に寝返りが相次ぎ、城門は内応で開かれてしまい自害して果てました。

 

一方で村重の主君だった池田知正は、足利義昭に(くみ)した後で信長に降ったので、信長は知正を荒木村重の家臣として再編成します。これで主君を組み敷き、下克上を達成した村重は、天正2年に摂津国人伊丹氏の支配する伊丹城を落として伊丹城主となり、ここを有岡と改名。信長により摂津一国を与えられて戦国大名にまで出世します。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル


短期間に織田家でも富強な大名の一人へ

安土城 織田信長が作らせた城

 

織田信長の荒木村重の優遇は、大変なモノで天正2年三月の東大寺正倉院の蘭奢待(らんじゃたい)の切り取りに御奉行として加わった重臣の中にも村重の名前があります。摂津国人の松永久秀同様に、村重が優秀な人物であった事が分かります。

イエズス会の宣教師の報告でも、信長部下の大身の一人で、収入と所領が多い、非常に強力な異教徒と称していて、柴田勝家のような信長重臣の当時の支配権と比較しても、勝るとも劣らないものであったようです。

ルイス・フロイスの書き残した日本史

 

摂津を支配したという事もあり、隣国の播磨やその奥の西国に対する対策も任されていて、居城の備前・天神山城を追われた浦上宗景(うらがみむねかげ)の為に宇喜多氏の端城を攻略して播磨に拠点を与えたり、播磨の国衆から人質を集めたり、本願寺が信長と敵対を再開した後は、織田と本願寺の外交のパイプを勤めています。

黒田官兵衛

 

例えば、信長の支配下の播磨御着(はりまおちゃく)城主の小寺政職(こでらまさもと)は、荒木村重の支配下にあり、信長の書状は、まずは村重に出され、それが村重から小寺官兵衛に渡されていました。

豊臣秀吉 戦国時代2

 

このように村重は西国担当の重職にありましたが、天正5年(1577年)10月に中国担当の将として、羽柴秀吉(はしばひでよし)が播磨の姫路城に入ると雲行きが怪しくなっていきます。


村重謀反の原因は秀吉に仕事を取られたから

宴会好きな豊臣秀吉

 

仕事を遣り甲斐にする人をダメにするのに一番いい方法は、何も仕事を与えない事です。これだけで、みるみるモチベーションが低下して心を病んだり、不平不満を抱えて仕事を去ってしまうのです。

 

テレビを視聴するkawauso編集長

 

kawausoなんかは生来怠け者なので、何もしないで給料がもらえるならラッキーと喜び、一日中漫画やyoutube動画を観て過ごしますけど、、荒木村重が謀反したのは、1577年の10月に羽柴秀吉が鳥取城に入ってから、僅か1年後であり、その謀反に中国攻略を秀吉に取られたという事が関係していると考えるのは突飛ではないでしょう。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 火縄銃(鉄砲)
  2. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  3. 織田信長
  4. 明智光秀(麒麟がくる)
  5. 逃げ回る足利義昭
  6. おんな城主 直虎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP