毛利氏が織田家と断交した理由は信長が超鈍感だから


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

鼻をほじりながら無関心な織田信長

 

毛利氏と言えば、織田信長(おだのぶなが)が追放した足利義昭(あしかがよしあき)(かくま)い石山本願寺のような勢力と協力し何度も信長に煮え湯を飲ませた西国の雄と考えられています。しかし、それは一面的な見方であり、信長と毛利氏の関係は初期は良好なものでした。では、何が原因で敵対したのか?それは信長が信じがたい程に鈍感だったからです。


利害が一致していた織田と毛利

織田信長

 

毛利氏と信長の間で通交が始まるのは、信長が将軍足利義昭(あしかがよしあき)を奉じて上洛した永禄12年から13年頃の事のようで、意外にも毛利氏からの書状が切っ掛けであり、それは山陰地方を巡る情勢が関係していました。

 

永禄9年、毛利元就(もうりもとなり)は最強の宿敵である尼子氏を滅ぼしました。しかし、尼子氏の旧臣の山中鹿之助幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)は一族の尼子勝久(あまごかつひさ)を擁して尼子再興を掲げて地下活動を続け、但馬の守護、山名佑豊(やまなすけとよ)の協力を得ていました。

 

豊臣秀吉 戦国時代2

 

織田家は山名氏と敵対していたので、元就は永禄12年信長に対して協力して但馬に出兵してくれるように打診、信長は応じ木下秀吉を中心とする2万の軍勢を派遣して垣屋城を攻撃しています。それ以外にも信長は元は毛利氏に仕えていた外交僧、朝山日乗(あさやまにちじょう)を使い、毛利家と縁組を考えていた事が分かっています。

 

また、当時西国では、毛利氏包囲網と呼ばれる大友宗麟(おおともそうりん)を中心にした反毛利氏勢力による毛利氏への攻撃が激しくなり、大友氏に呼応して美作の美浦氏、備前の浦上宗景(うらがみむねかげ)が反毛利の軍事活動をしていました。

 

毛利元就

 

信長は、これに対抗すべく、木下助右衛門尉(きのしたすけえもんい)を大将とする2万の大軍を播磨にも出陣させていました。どうもこの頃、毛利と織田では中国地方を因幡・美作・備前より西を毛利、但馬・播磨より東を織田氏の支配地とする合意があったようです。いずれにせよ、この段階では織田と毛利の利害は一致していました。


将軍義昭を送り帰そうとした輝元

毛利輝元

 

足利義昭は、元亀4年7月に信長に対して挙兵するも、逆襲されて京都を追放されます。そして義昭は8月1日には、毛利元就の次男の吉川元春に書状を送り、「頼みに出来るのは毛利氏だけなので、どうか幕府再興に協力して欲しい」と書いています。

 

しかし、毛利輝元は信長との協調が壊れる事を恐れて義昭と信長に対し、天下の為に相互に和睦して下さいと仲裁役に回りました。信長は毛利氏の提案を受け入れ、義昭も輝元の調停を受け入れ、織田方から羽柴秀吉と朝山日乗、毛利側から外交僧の安国寺恵瓊(あんこくじえけい)が出て、義昭の京都復帰の交渉がもたれますが、義昭が信長は人質を出すべしと強硬に主張して曲げないので秀吉がブチ切れてしまい

京都御所

 

「こちらの誠意に納得できないのなら、将軍様は行方不明ですと信長に報告するので、どこへなりと消え失せなさい」と言い捨てて席を立ち交渉は決裂しました。交渉は不首尾でしたが、毛利輝元は義昭を受け入れる事に当初は難色を示していたのです。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル


履行されなかった但馬攻め

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

当初は良好だった織田と毛利の関係に綻びが出て来たのは、信長得意のなんちゃって援軍派遣でした。前述したように山陰では、永禄12年頃から尼子勝久と山中鹿之助が尼子氏再興を目指し、但馬守護の山名佑豊や佑豊の甥の因幡の山名豊国の協力を経て、天正元年の8月には、因幡鳥取城を攻め毛利方の武将武田高信が討たれる事態になっていました。

天下布武を唱える織田信長

 

これに対し、信長は援軍を送る事を約束し、羽柴秀吉と武井夕庵に書状を送らせています。元々、但馬は密約で織田家が支配するとなっており織田家としても但馬出兵は義務でした。信長は天正元年の12月には、毛利方の安国寺恵瓊に、すでに但馬の国人は半分が織田家になびいており、来年の2月には羽柴秀吉を大将に軍勢を但馬に送ると書状を送ります。

西遊記巻物 書物

 

毛利氏は吉川元春を総大将に、天正2年2月頃、因幡の山名豊国を降伏させます。これに対し信長は祝い状を書き送り、但馬への出兵は抜かりなくやります。その時には、また連絡しますと期待をもたせるような事を書いて寄こしていました。


但馬を毛利氏に奪われた信長の行動

泣いている織田信長

 

しかし、現実には但馬に織田家の援軍はありませんでした。同じ頃、信長は上杉謙信(うえすぎけんしん)とも共同作戦の約束をしていましたが、こちらも長島一向一揆の鎮圧が長引き援軍を裂けませんでした。なら当然、但馬にも援軍は出せないのです。

 

織田家の援軍がないまま、毛利氏は但馬の山名佑豊に圧力を掛けてこれを降伏させます。こうして但馬は予定と違い毛利氏に属する事になりました。信長は、但馬が毛利氏に奪われた事が不満ではあったようで毛利氏に書状を出しています。

本能寺の変で「是非に及ばず」と切り替えの早い織田信長b

 

但馬(たじま)については、かねて承知の通り織田家の分国とするという約束でしたが、近年交渉がなく苦々しく思っていました。しかし、出雲や伯耆と言った山陰地方の安定のため、また、敵対する尼子・山中らの牢人を退治するのに必要だったという事であれば、和睦が達成されたのは目出度い事です。最前の盟約に従い、ご連絡頂いた事に感謝申し上げます。

 

信長は未練たらたらながら、出兵出来ない以上は、こうなってもやむを得ないと諦めたようです。ところがこの頃、織田家は毛利氏が到底容認できない尼子勝久と山中鹿之助を柴田勝家を通じて匿っていました。その事を毛利氏に問い詰められた信長は、決して尼子勝久も山中鹿之助も支援しないと約した朱印状を送っています。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 織田信長
  2. 鉄甲船
  3. 井伊直政
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 北条早雲
  6. 馬に乗って戦う若き織田信長

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP