姜維に諸葛亮が期待した「もの」は何だったのか?姜維の評価は難しい

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

姜維に諸葛亮が期待した「もの」(1P目)


姜維に期待していたこと

姜維、孔明

 

因みに姜維が諸葛亮の後継者というのは三国志演義の補正が大きいですが、「諸葛亮は姜維を後継者にしなかった」から姜維に政治的手腕は期待していなかったのでは、というのは少し違うのではないかと思います。

姜維と孔明

 

というのは姜維の最初の役職が「丞相(じょうしょう
)
倉曹掾(そうそうえん)」であり、これは丞相府(じょうしょうふ)兵站(へいたん
)
担当になります。兵站とは軍の要であり、才覚のない人間には任せられない役職です。こういうと軍事関係と思われるかもしれませんが、物資補給と考えれば政治的手腕も問われる部署と言えるでしょう。なので諸葛亮は後継者とは行かなくとも、姜維を育てる考えはあったのではないかと想像しています。


蜀の崩壊は姜維のせいか?

降伏する劉禅

 

前述したように姜維の評価は分かれやすいです。特に蜀の崩壊は姜維のせいか、もしくは劉禅らのせいかはよく言われていますね。ここで個人的な話になりますが、姜維の評価が極端になるのは少し哀しいところだと思います。

劉禅に気に入られる黄皓

 

特に「蜀の崩壊は姜維のせいじゃなくてぜんぶ劉禅や黄皓(こうこう
)
のせい!」というのは聊か(いささか)飛躍していると言わざるを得ません。人物に思い入れがあるのは良いことですが、そのために不当に他の人物を貶めるような発言は行わないようにしたいですね。でないと論点がずれてしまいますから。


姜維の評価

夷陵の戦いで負ける劉備

 

個人的な意見になりますが、蜀は夷陵(いりょう)での敗北、もっと言えば樊城(はんじょう)での敗北の時点で既に詰んでいると思います。では諸葛亮や姜維の北伐はその崩壊を加速させたのかと言うと、国の形態としてやらなければならない事業だったのでしょう。国の在り方を考えれば仕方のないことです。

 

姜維の心中

 

ただしそれだけで姜維の評価を肯定する気はありません。あの状態の蜀ではそれぞれがそれぞれで苦悩していた、しかし苦悩するあまり他人とまとまれなかった……そういう悲哀があるのが、末期の蜀だと思います。


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

個人的には姜維は諸葛亮よりも好きな人物です。特に三国志演義の姜維は諸葛亮が人間離れしていることもあり、苦悩する姜維の方に好感が持てますね。三国志演義では既に末期の人物たちですが、彼らの苦悩は人間らしさをとても感じられて好きですね。

 

参考文献:蜀書姜維伝

 

関連記事:姜維の実力を他人はどのように見ていた?

関連記事:姜維が永安城に入城すれば蜀の復興も可能だった?

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 赤兎馬を可愛がる董卓
  2. 司馬懿対孔明
  3. 正妃 卞夫人

    デザイン担当:よりぶりん

    卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

    最愛の息子、曹昂(そうこう)が戦死したと聞…

  4. 曹丕に愛される郭皇后(女性)
  5. 空城も計 孔明

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • mat-tun
    • 2020年 5月 02日

    私も個人的には関羽が敗北して荊州を失った時点で蜀漢が中原を征服する夢はついえたと思います。後漢時代から人口が10分の1に減った中原に比較して荊州は人口といい平地の広さといい物資といい相当な価値がありました。諸葛亮が軍事にそれほど才能が無かったのは正史を読んだらわかりますが、せめて法正や実力の程は不明だがホウ統が健在なら関羽の単独作戦でなく本国ともっと連携出来たと思います。諸葛亮が乾坤一擲な長安回復を目指した時は李厳事件はあったものの挙国一致体制がありましたが、姜維時代は完全に厭戦ムードが朝廷をおおってたので、姜維の悲運は諸葛亮の遺訓を継いで北伐を遂行する気概を持つ相方が朝廷にいなかったことでしょうね。戦は攻めるより守る方が兵站の面でも絶対有利だしましてや兵力も圧倒的に多かったので、私は個人的には郭淮もトウ艾もそこまで評価してないです。

    • 匿名
    • 2020年 5月 02日

    そういえばよく蜀は漢王朝の末裔を自称したと言われるけど、
    あれって当人らはその自覚はあったんだろうか。
    仮にそうだったとしても偽帝・孫権と手を結ぶのは天下の大罪だから、
    名士層の受けは非常に悪かったと思われる。

      • 今更三國無双2猛将伝と三國無双3を進め、戦国無双2猛将伝も買いましたよ
      • 2020年 5月 02日

      樊城で損害を出したのも、姜維と一緒でやらなければいけない事をした結果だったんだろうな
      正当性の無い呉と手を切る必要性あっての事とな




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP