姜維に諸葛亮が期待した「もの」は何だったのか?姜維の評価は難しい


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北伐したくてたまらない姜維

 

三国志演義では蜀の終わりが物語の終わりとも言えるので、最後の方は諸葛亮(しょかつりょう)の後継者として姜維(きょうい)が何度も北伐(ほくばつ)を繰り返すも成功せず、止む無く終焉(ふしゅうえん
)
を迎えるような描かれ方をして終わってしまいます。

 

司馬昭の質問に回答する劉禅

 

また劉禅(りゅうぜん)の最後の話もあって、この姜維に対する同情が強くなってしまいますね。しかし実際には姜維は諸葛亮の後継者ではなく、今回は姜維に付いて、そして同時に姜維に諸葛亮が期待したものは何だったのかも考えていきたいと思います。


高く評価されていた姜維

孔明と姜維

 

諸葛亮が228年に行った北伐の際に、北伐こそ成功しなかったものの、姜維を手に入れられた、と喜んだと言われるほどの人物であり、特に夷陵の戦い(いりょうのたたかい
)
で次世代を多く失ったために人材不足甚だしい蜀にとってはありがたい存在だったのでしょう。

 

蒋琬と姜維と王平

 

「仕事には忠実である。細かいことにも気が配れる。兵を指揮するのが上手い。度胸がある。兵たちの気持ちをよく考えている。涼州(りょうしゅう
)
で最高の人物」とまでほめそやしました。また後に鍾会(しょうかい
)
にも高い評価をされたのが姜維です。


ただし後世には・・・

姜維の地位を落とす文官

 

しかし後の世では姜維の評価は難しいこととなりました。陳寿(ちんじゅ
)
などはむやみに外征(がいせい)を行ったことで蜀を疲弊させたと言い、蜀の崩壊を早めた人物と言っています。

 

姜維怨嗟の声

 

その一方で裴松之(はいしょうし
)
らは姜維の弁護をしていることもあり、三国志ファンでも姜維の評価は分かれていることが多いですね。北伐が成功しなかったために国力を減退させてしまったと思うべきか、北伐を成功させる以外にその道はなかったと思うべきかで判断が分かれる武将だと思います。


蜀という国の在り方

魏の皇帝になる曹丕

 

ただし個人的には、国力を疲弊させたとは言え蜀は北伐をやらなければならなかったのでは、と考えています。というのも蜀は蜀漢(しょくかん
)
漢王朝(かんおうちょう)末裔(まつえい)であると主張し、魏の正当性を否定しているということが国としての在り方、つまり魏の存在を認めてはいけないのです。

 

蜀の姜維

 

この国の在り方として北伐を繰り返したのは仕方ないこととも言えるのではないか、と思いますね。国として団結するには魏への対立が無くてはなかったのではないでしょうか。


姜維の「不幸」

魏から蜀に下る姜維

 

そして筆者は姜維の最大よりも一つ前の不幸が、降伏した武将であったことだと思うのです。よりにもよって魏から降った姜維は、諸葛亮亡き後には居場所がなかったのではないでしょうか。

 

姜維

 

自分の存在意義を示すためには諸葛亮の北伐を成功させるしかない、それこそが姜維の存在意義だったのでしょう。成功させなければいけない、成功できないと言ってしまえば存在意義を失う。姜維の不幸はここにあったのではないのでしょうか。そして、最大の不幸はこの状況にあって敵に鄧艾が存在したこと、だと思います。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 曹昂(曹昴)
  3. 戦いに敗れる劉岱
  4. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  5. 司馬懿と曹操

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • mat-tun
    • 2020年 5月 02日

    私も個人的には関羽が敗北して荊州を失った時点で蜀漢が中原を征服する夢はついえたと思います。後漢時代から人口が10分の1に減った中原に比較して荊州は人口といい平地の広さといい物資といい相当な価値がありました。諸葛亮が軍事にそれほど才能が無かったのは正史を読んだらわかりますが、せめて法正や実力の程は不明だがホウ統が健在なら関羽の単独作戦でなく本国ともっと連携出来たと思います。諸葛亮が乾坤一擲な長安回復を目指した時は李厳事件はあったものの挙国一致体制がありましたが、姜維時代は完全に厭戦ムードが朝廷をおおってたので、姜維の悲運は諸葛亮の遺訓を継いで北伐を遂行する気概を持つ相方が朝廷にいなかったことでしょうね。戦は攻めるより守る方が兵站の面でも絶対有利だしましてや兵力も圧倒的に多かったので、私は個人的には郭淮もトウ艾もそこまで評価してないです。

    • 匿名
    • 2020年 5月 02日

    そういえばよく蜀は漢王朝の末裔を自称したと言われるけど、
    あれって当人らはその自覚はあったんだろうか。
    仮にそうだったとしても偽帝・孫権と手を結ぶのは天下の大罪だから、
    名士層の受けは非常に悪かったと思われる。

      • 今更三國無双2猛将伝と三國無双3を進め、戦国無双2猛将伝も買いましたよ
      • 2020年 5月 02日

      樊城で損害を出したのも、姜維と一緒でやらなければいけない事をした結果だったんだろうな
      正当性の無い呉と手を切る必要性あっての事とな




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP