今川義元は徳川家康の大恩人?文武両道最強大名の真実

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

今川義元は徳川家康の大恩人(1P目)


徳川家康に英才教育を施した太原雪斎

若い頃の徳川家康(松平元康)

 

そんな最強戦国武将、今川義元のいる駿河に人質としてやってきたのが松平竹千代(まつだいらたけちよ)、後の徳川家康でした。ここで家康は8歳から19歳までの11年間、人質として太原雪斎(たいげんせっさい)の教育を受けていました。

 

雪斎は、家康に劣等感を植えつけたりせず、兵法ばかりでなくリーダーの心構えや、義元の領国経営など現実に即した実践的な学問を与えました。雪斎は元々、義元の家庭教師でもあったので、その教師としての手腕は見事なものだったのです。

西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編

 

徳川家康にとっては人質とはいえ、後に天下を獲るまでに必要なノウハウを外ならぬ、今川義元が与えてくれたという事になるでしょう。


桶狭間で負けたからってバカにするなよ

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

そんな今川義元は、桶狭間(おけはざま)で織田信長に討たれてしまった事で大きく評判を下げる事になってしまいました。まるで、義元が信長を舐め切って必要な警戒を怠り逆に信長は慎重で情報収集に長けていて、情報収集能力の差が、二人の命運を分けたように言われますが、実際には信長は桶狭間に義元がいるとは思ってなく、攻め込んでみたら義元の本陣だったのでラッキーという感じだったようです。

内容に納得がいかないkawauso様

 

そういう事も含めて信長が何かを持っている人であり義元が持っていない人とは言えるかも知れませんが、義元の実力が信長を遥かに下回るとは言えないでしょう。


戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

桶狭間の敗北と、バカ殿メイクのお陰でおちゃらけキャラになりがちな今川義元の真の実力について色々書いてみました。これまで静岡と言えば徳川家康でしたが、最近は郷土の英雄として今川義元も強力プッシュしているようですよ。

 

参考文献:歴史人4月号 日本史の謎100

 

関連記事:徳川家康の原点は今川義元の人質生活にあり

関連記事:今川義元はどんな性格をしていたの?今川義元の生い立ちなどから考察

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 武田信玄
  2. 燃える本能寺
  3. 安土城 織田信長が作らせた城
  4. 実はヒャッハーな武田信玄
  5. 亡くなる上杉謙信
  6. 明智光秀(麒麟がくる)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP