まさに外道!?公孫瓚は人質をとり籠城したことがあった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中 ver2

 

好敵手。ライバルとも読みます。ライバルとは互いに切磋琢磨するものですが、時には自分が勝つために非常な手段を使い蹴落とすこともあります。

 

公孫瓚と劉虞

 

公孫瓚(こうそんさん)もその1人です。彼は自分のライバルである劉虞(りゅう ぐ
)
を倒すために人質をとり籠城(ろうじょう)したのです。今回は公孫瓚と劉虞の争いについて解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく解説しています

 

自称・皇帝
当記事は、
「公孫瓚 城」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


漢王朝の末裔 劉虞

劉虞

 

劉虞は後漢(ごかん)(25年~220年)の初代皇帝光武帝(こうぶてい)の子である劉彊(りゅうきょう)末裔(まつえい)です。劉備(りゅうび)劉表(りゅう ひょう
)
が「自称」漢王朝の末裔であるのに対して、劉虞は正統性のある人物でした。余談ですが、益州(えきしゅう
)
の長官である劉焉(りゅう えん
)
劉璋(りゅう しょう
)
父子も正統性のある漢王朝の末裔です。

出世した韓遂

 

中平4年(187年)に涼州(りょうしゅう
)
のチベット族が、韓遂(かん すい
)
馬騰(ば とう
)
辺章(へん しょう
)
に率いられて反乱を起こします。早急の対応を迫られた朝廷(ちょうてい
)
はすぐに烏丸族(うがんぞく)の騎兵隊を募集しますが、これで大失敗しました。


反乱鎮圧のために派遣された公孫瓚と劉虞

烏桓族

 

実は朝廷は烏丸族に対して給料を払っていませんでした。怒った烏丸族は代表の丘力居(きゅうりききょ)と役人の張純(ちょう じゅん)張挙(ちょう きょ
)
が反乱を起こしました。後世の人は「張純の乱(ちょうじゅんのらん)」と呼んでいます。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

この反乱平定のために朝廷から派遣されたのが公孫瓚と劉虞でした。公孫瓚は得意の「白馬義従(はくばぎじゅう)」作戦で烏丸族をボコボコにしました。しかもこれが徹底的・・・・・・おかげで烏丸族は公孫瓚と聞いただけでビビッてしまいます。


劉虞の融和政策

劉虞

 

一方、劉虞は戦を続けるのも面倒なので総大将の張純の首に懸賞金をかけました。間もなく張純は部下の手により殺害されて反乱軍は崩壊します。

 

烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン

 

それどころか烏丸族は劉虞の説得に応じて降伏します。劉虞はあくまで平和路線でいくことを強調したので、烏丸族に誠意が伝わったのでした。

 

民衆に慕われる劉虞

 

反乱は終了したのですが、劉虞は幽州(ゆうしゅう
)
の統治をしなければいけません。だが、幽州は厄介な土地です。辺境であるため税収の見込みも少なく、また借金も膨大です。そこで劉虞は周辺異民族と貿易をすることを提案、さらに独自に塩と鉄を生産して商売を行いました。劉虞の着任後、幽州は税収も増えて人の往来も盛んになり幽州は経済発展を遂げました。


公孫瓚の嫉妬と融和政策の弱点

公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった

 

そんな時に、この光景を面白くないと思う人がいました。公孫瓚でした。彼は先の反乱討伐で手柄を劉虞に持っていかれたので劉虞に対して恨みを抱いていたのです。

公孫サン(公孫瓚)

 

公孫瓚は幽州の名門の出身でしたが、母親の身分が低かったので外に出されていました。公孫瓚は割と可哀そうな過去があったのです。反乱鎮圧で異民族討伐に躍起になっていたのは、手柄を立てて家に認めてもらいたかったからと推測されます。ところが予想外なことに劉虞に手柄を奪われてしまったのでした。しかも民は劉虞に懐いています。

 

公孫瓚(公孫サン)

 

おまけに劉虞は徐州(じょしゅう)出身。地元出身でもないのに手柄・人望全てを奪われたので公孫瓚の嫉妬は莫大だったでしょう。ただし、公孫瓚も劉虞の政策の弱点には気付いていました。

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

劉虞のように新しい事業を始めると他所から多くの商人の出入りが激しくなります。当然、それは以前から利益を独占していた商人の利益を侵害することになるのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孔明 vs 司馬懿
  2. 男気溢れる趙雲
  3. 漢王朝と光武帝
  4. 董卓
  5. 黒田官兵衛
  6. 紀霊

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP