今川義元は徳川家康の大恩人?文武両道最強大名の真実


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

今川義元

 

今から二十年位前までは、今川義元(いまがわよしもと)の評判はヒドイものでした。多分、志村けんのバカ殿と白塗りお歯黒のイメージが見事にかぶったのでしょうが、権威主義的で室町的価値観の体現者で、それが革新的な若い信長(のぶなが)に討たれるというスジがテンプレ化していたように感じます。しかし、実際の今川義元はバカ殿どころか徳川家康(とくがわいえやす)の大恩人で、文武両道の最強大名だったのです。


後継者争い花蔵の乱を勝ち抜いた有能なサムライ

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

今川義元は、戦国大名の初代にカウントされる今川氏親(いまがわうじちか)の5男として誕生します。家督(かとく)は兄の今川氏輝(いまがわうじてる)が継いでいましたが、その氏輝が天文5年(1536年)に24歳の若さで死去し、子供もいないので、僧侶となっていた栴岳承芳(せんがくしょうほう)(義元)と兄の玄広恵探(げんこうけいたん)が家督を巡って争い、義元が争いを制しました。

西遊記巻物 書物_書類

 

ここで勝利した義元は、それまで敵対していた武田信虎と結び、領国経営に乗り出し、父氏親が制定した「今川仮名目録(いまがわかなもくろく)」に追加した「仮名目録追加」を制定して、領国内の法治主義を徹底します。同時に、自身の教育係でもあった太原雪斎を軍師として三河侵攻を本格化させ、後顧の憂いを断つべく、武田、北条と相甲駿三国同盟を結びました。このように今川義元は、大国をなんとなく継いだような白塗りのボンボンではないのです。


決して高い石高ではない今川領が繁栄した理由

安土城 織田信長が作らせた城

 

今川義元が領国とした駿河(するが)遠江(とおとうみ)三河(みかわ)の三カ国の石高は低いものでした。戦国時代は何と言っても石高の大きさがモノを言う時代です。それなのに石高の低い今川義元は、どうして東国でも最強を誇ったのでしょうか?

 

その大きな理由は、東海道の物流の掌握でした。戦国時代から東海道は物流が盛んで太平洋沿岸航路もかなり発達していましたのです。義元は、街道の宿や湊を掌握して関税をかけ整備し、商品流通を盛んにする事で財源を確保していたのです。

鉄甲船

 

それはかなりの繁栄ぶりで、今川氏の城下町の駿府(すんぷ)は多くの商人や職人が集まり、その人口は1万人を超えていたそうです。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代


商人の事は商人に商人頭の登用

寄親・寄子制を導入する今川義元

 

もうひとつ、今川義元は適材適所を重視していました。例えば駿府の商人についてはサムライが支配するのではなく豪商の友野二郎兵衛尉(とものじろうべえい)を商人頭に任命して、商人の事は商人に任せています。

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

また、見付(みつけ)という土地の商人に対しては、年貢百貫を百五十貫にする事を条件に町の自治を認めていました。形式重視ではなく、万事能率が上がるように義元は工夫をしたのです。


灰吹き法を導入し金山収入も増加

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

それから、金山の採掘にも今川義元は積極的に取り組んでいました。すでに、義元の父の今川氏親の時代から、領内には安倍金山、井川金山がありましたが、採掘量はそんなに多くありませんでした。

 

今川義元

 

ここに義元は、灰吹き法という新しい鉱山技術を導入した結果、金の採掘量が大きく向上します。灰吹き法とは、金銀を鉱石から一旦(なまり)に溶け込ませ、それから温度を上げて鉛と金銀を分離する方法で1533年に朝鮮半島から博多(はかた)に伝来しました。当時の最新技術を逸早く義元は領内で採用したのです。

 

その資金力で、京都から多数の公家や文化人を招く事が可能になり、和歌や連歌や蹴鞠のような雅な京文化が駿河に流れ込んできたのです。今川義元の白塗りもお歯黒も、今から見るとバカ殿ですが、当時は日本の最先端のファッションであり、それもこれも義元の領国経営の手腕があっての事なのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 麒麟がきた 特集バナーver2
  2. 部下に優しい明智光秀
  3. 土岐頼芸
  4. 馬に乗って戦う若き織田信長
  5. 出世の競争をする明智光秀と豊臣秀吉
  6. 合肥の戦いの満寵

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP