ホントにライバル?劉備が曹操から逃げすぎな件

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

曹操から逃げすぎな件(1P目)


バトル5:赤壁の戦い!直接対決はなし

赤壁の戦い

 

西暦208年の赤壁の戦いでは、劉備は呉の周瑜(しゅうゆ)の軍勢にくっついていただけで、直接、曹操と戦い、勝利したような描写は見られません。曹操軍に勝利したと言うなら勝ち星1ですが、あくまでも曹操に勝利していないので△としてカウントします。


バトル6:陽平関の戦いで曹操に初勝利!

二刀流の劉備

 

西暦218年、ここまで曹操に連戦連敗してきた劉備が、夏侯淵の弔い合戦で長安から、遥々やってきた曹操に初めて勝利します。しかし、この時の戦いは、これまでの野戦とは異なり、劉備は陽平関に閉じこもって出て来ず、曹操が物資を消耗して退却を決意する事になります。終始自信満々の劉備でしたが、地形の険阻(けんそ)さを活用できた自信からのようですね。

憤死する麋竺(モブ)

 

翌々年の正月に曹操は死んでしまうので、劉備は最後に曹操に勝利したという形で自身の戦歴を飾る事が出来ました。


劉備の曹操怖い病も立派な兵法

幕末 魏呉蜀 書物

 

バトル2から、曹操相手にはひたすら逃げまくるという情けない戦法に終始した劉備ですが、これはある意味で究極の兵法を実践しているとも言えます。それは、兵法三十六計の「走為上(そういじょう)」、つまり逃げるより上はないというもので、どんな計略を仕掛けても相手が逃げ続ければどうしようもないという事です。

劉備と曹操

もし、劉備に負けん気があり、勝てないにしても曹操に一矢報いてやろうと考えてしまえば、曹操から逃げる時間を大幅に損ねる事になり、どこかで捕まるという失態を侵したかも知れません。

劉備

 

その場合、曹操はまず許さないと考えられ、そこで劉備の人生はジ・エンドです。しかし、劉備は普通にやったら曹操に勝てないというリアルな感覚を終始捨てないでいたので、毎回逃げる事に成功していたのです。


三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

自分が勝利できない相手に対して、いかに対応するかは三国志のような時代では、かなり重要な生き残りスキルです。ここは慎重にも慎重にいかないと勝てるつもりが技量が足りないとなれば、身の程知らずで終わってしまいますからね。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:劉備は本当に義理人情の人だったのか?

関連記事:超ウソくさ!劉備の玉璽はあの漢水に沈んでいた

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 曹操女性の敵3
  2. 荊州争奪戦
  3. 呂布に暗殺される董卓
  4. 魏延の謀反を察する孫権
  5. 最弱武将と対峙する張飛
  6. 袁術と周瑜と孫策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP