超ウソくさ!劉備の玉璽はあの漢水に沈んでいた


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

玉璽

 

玉璽(ぎょくじ)と言えば、三国志では特別なアイテムです。三国志演義では、孫堅(そんけん)袁紹(えんしょう)を不仲にさせ、袁術(えんじゅつ)に皇帝詐称させて破滅に追い込むなど、魔のアイテムでもある玉璽ですが、この玉璽の伝説は劉備(りゅうび)にもあるってご存知ですか?

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

しかも、この玉璽はちょーウソ臭い伝説に彩られ、あの関羽(かんう)最期の戦い、樊城(はんじょう)の戦いに関係しているのです。

今回は劉備の皇帝即位を正当化する蜀の玉璽を考えます。


劉備即位を正当化する瑞兆のオンパレード

蜀の皇帝に即位した劉備

 

それは西暦220年、曹丕(そうひ)が後漢を滅ぼして元号を黄初(こうしょ)とした年におこりました。すでに事後承諾(じごしょうだく)で漢中王になっていた劉備は、一刻も早く皇帝に即位する必要から、誰だか分らない群臣がした「献帝は殺害された」という噂話を裏を取る様子もなく信じ()を発して孝愍皇帝(こういんこうてい)追諡(ついし)します。取り合えず献帝は死んだ事にしないと劉備が即位するのがとんでもない不遜になるからです。

 

そして、ここから劉備の群臣である旧議郎、陽泉侯劉豹(ようせんこうりゅうひょう)青衣侯向挙(せいいこうしょうきょ)偏将軍張裔(へんしょうぐんちょうえい)黄権(こうけん)大司馬属掾(だいしばぞくじょう)殷純(いんじゅん)益州別駕従事趙笮(えきしゅうべつがじゅうじちょうさく)治中従事楊洪(じちゅうじゅうじようこう)従事祭酒何宗(じゅうじさいしゅかそう)議曹従事杜瓊(ぎそうじゅうじとけい)勧学従事張爽(かんがくじゅうじちょうそう)尹默(いんもく)譙周(しょうしゅう)というような人々が寄ってたかり、俄かには信じ難い瑞兆(ずいちょう)を述べまくるのです。

 

李カク(李傕)

 

それは例えば西南に天子の黄色いオーラが地上から立ち上り、高さ数丈にもなったとか、天子を象徴する歳星が金星、火星、土星を従えて動いたとか、それが劉備のいる蜀の位置に来たとか、この頃は献帝存命中なので不謹慎と思い言わなかったが、やはり天運とは動かし難いものだとか等々。

 

陳登と劉備

 

難しい事を言っていますが、これも皇帝即位の布石であり、立て続けに瑞兆が起きるけど、これは劉備に皇帝即位を勧める兆しじゃね?と誘導しているわけですね。しかし、このような瑞兆は消えてしまうもので言いたい放題ではありますが、信憑性(しんぴょうせい)が弱くなりがちです。そこで、誰もが納得せずには置かないアイテムが必要で、それが玉璽(ぎょくじ)というわけです。


漢水から天まで届く輝きを放つ玉璽が・・

荒れる黄河

 

玉璽登場の前にもう少し、能書きに付き合って下さい。次に、太傅許靖(たいふきょせい)安漢将軍糜竺(あんかんしょうぐんびじく)軍師将軍諸葛亮(ぐんししょうぐんしょかつりょう)太常頼恭(たいじょうらいきょう)光禄勲黄柱(こうろくくんおうちゅう)少府王謀(しょうふおうぼう)が劉備に告げます。

魏の皇帝になる曹丕

 

曹丕が簒奪(さんだつ)により漢を滅ぼし、神器を盗んで忠臣を迫害し、無道であり人鬼とも激しく憤り劉氏が立つ事を待ち望んでいます。今、天子は不在で世界は恐怖に覆われ、漢中王に即位を願い上書したものは800人以上、いずれも奇跡のアンビリバボーを見たと申していました。

 

また以前に、関羽が襄陽と樊城を囲んだ時、襄陽の張嘉・王休が玉璽を献上しましたが、漢水の底に沈んでいながら、霊光は天に達する程に輝いていたそうです。

セクシーすぎる塩商人だった関羽

 

はい出ました!鉄板の皇帝即位アイテム玉璽、劉備は演義の孫堅や袁術を笑う事は出来ないでしょう。それにしても疑問が残ります、どうして益州の河ではなく荊州にある漢水から都合よく玉璽が発見されたのでしょうか?これも決して偶然ではなく、ちゃんと理由があったのです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR


漢水から玉璽が出たのはこじつけ

kawauso

 

では、どうして劉備の玉璽は漢水から出て来たのか、その理由は以下で明らかになります。

 

漢とは高祖が起きた漢中に由来する国号であり、大王は先帝の軌跡を踏み、また漢中に興りました。天子の象徴である玉璽が輝きつつ「漢水」で出た事は大王が漢の下流として承け、大王に天子の位を授けるものです。

 

光武帝

 

昔、周には烏魚(うぎょ)の瑞があり、高祖と光武帝が即位する時には、河図洛書(八卦相)が先んじて出現し、これを兆しとしました。

内容に納得がいかないkawauso様

 

はい!出ましたウソ臭さMax、どうして玉璽が益州ではなく、荊州を流れる漢水で出たのか?その理由は国号の漢と同じ漢の字が川の名前に入っているからです。もうひとつ、漢水の水源は、陝西省漢中市寧強県(ちんせいしょうかんちゅうしねいきょうけん)嶓冢山(ばんちょうざん)なので、ちゃんと漢中と繋がっており、それを理由に劉備は漢という大河に連なる支流に連なる人物であり、天子の位に登れる資格があると持ち上げているのです。

扇からレーザー光線を放つ孔明

 

逆に言うと諸葛亮や許靖は玉璽を劇的に登場させる為には、どこで出現させるかを必死に考えた挙句に、関羽が包囲した樊城と襄陽を分かって流れる漢水に辿り着き、それが漢中まで繋がっている事を知り、これだ!と思ったのでしょう。


うん!凄い、でもこれだけ屁理屈を考えても、戦争のドサクサに張嘉と王休という架空の人物が、劉備ではなく関羽に玉璽を届けたというのは意味ワカラナクネ?と思います。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹仁
  2. 趙雲と孫夫人
  3. 唐周(とうしゅう)黄巾賊
  4. 父・関羽とともに亡くなる関平
  5. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  6. 曹操は関羽をGET

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP