ホントにライバル?劉備が曹操から逃げすぎな件


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操から逃げ回る劉備

 

三国志における劉備(りゅうび)の最大のライバルは、何と言っても曹操(そうそう)です。でも、曹操から見ると劉備は最大のライバルではないかも知れません、というのも劉備と曹操の激突を見ていると劉備が何もしないで逃げているケースが余りにも多いのです。

悪役の曹操、正義の味方の劉備

 

今回の「はじめての三国志」は、劉備が曹操最大のライバルと言えるのか?を考えてみます。


バトル1:劉備、公孫瓚配下として曹操と激突し敗北

劉備と公孫瓚

 

劉備と曹操の戦いの歴史はかなり早く、西暦192年に曹操が兗州牧(えんしゅうぼく)に就任した頃です。

袁紹と袁術は仲が悪い

 

この頃、袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)の関係が修復不可能なレベルに険悪化し袁術は公孫瓚(こうそんさん)に援けを求めました。これを受けて公孫瓚は劉備を高唐(こうとう)に、単経(ぜんけい)平原(へいげん)に、陶謙(とうけん)発干(はっかん)に駐屯させて袁紹を締め上げますが、曹操は袁紹と力を合わせて撃破しました。

 

三国志の主人公の劉備

 

 

この時は、劉備がメインの戦いではないので、そんなに苦手意識もついていないようです。


バトル2:小沛の戦い。曹操怖い病が発現し戦わずに逃走

劉備を支援する麋竺

 

二度目のバトルは、西暦200年頃、劉備が曹操暗殺計画に加担し、袁術を討伐する名目で許を離れ、その後徐州に舞い戻って徐州刺史の車冑(しゃちょう)を殺して州を乗っ取り、小沛に駐屯した時でした。この時、曹操は官渡の戦いの直前で、劉岱(りゅうたい)王忠(おうちゅう)を討伐に送り込みますが、劉備に撃破されます。

 

曹操と劉備

 

そこで、曹操は袁紹が官渡に至るまでの時間差を使い、長駆して劉備を討ちました。この時、劉備は曹操が来るとは夢にも思わず、曹操の大将旗を見ると一目散に逃げていき逃げ遅れた将軍の夏侯博(かこうはく)が捕虜にされています。理由は不明ですが、この頃から劉備には曹操怖い病の発現が見られます。

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集


バトル3:汝南でまた曹操から逃亡

劉備の黒歴史

 

官渡の戦いが始まると、劉備は袁紹により豫洲(よしゅう)汝南(じょなん)郡に派遣されて、県を扇動して曹操に叛かせ、本拠地の許を動揺させようとします。しかし官渡で袁紹が敗れると万事休止、劉備は、汝南で賊の龔都と活動していたので、曹操は蔡揚(さいよう)を派遣して龔都(きょうと)を討たせますが撃破されました。

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

 

そこで、曹操は自ら出陣を決定、それを聴いた劉備は、また戦う前に敗走し龔都は撃破され潰走します。


バトル4長坂の戦い曹操から逃亡、妻子置き去り

キレる劉備になだめる黄権

 

西暦207年、劉琮が曹操に降伏し、樊城(はんじょう)にいた劉備一行は退却を開始しました。しかし、当陽に至る頃には、曹操から逃げる難民が十万以上、輜重(しちょう)が三千という超のろのろ行軍になります。ある部下が難民は見捨てて、騎兵だけで江陵に入り態勢を立て直しましょうと言いますが、劉備は民を見捨てられないとカッコマンな事を言い断ります。

劉備と的盧 ver2

 

ところが軽騎兵だけで、一日一夜を駆けてきた曹操軍5千が出現すると、劉備は瞬時に曹操怖い病がぶり返し、難民どころか妻子まで置き去りにして、諸葛亮、張飛、趙雲のような一部の重臣を引き連れてロケットダッシュで逃げていきます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 荀攸
  2. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  3. 司馬懿
  4. 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)
  5. 孔明 東南の風
  6. はじめての変

    はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

    やぁ、兄弟。はじめての三国志代表のおとぼけだ!!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP