キングダム644話ネタバレ予想「李牧死んだふり計画を考える」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

亡くなる李牧

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、643話では拡張された飛信軍が(ぎょう)に派遣された事と、いよいよ李牧(りぼく)の処刑が近くなり、(ちょう)が李牧支持派により内乱状態になっている事が明らかにされました。

 

しかし、李牧が歴史上に再登板するのはもう少し後の筈、もし今助かるならば、史実より2年半ほど再登板が早いという事になります。この辻褄の合わない感じは何か?

 

kawausoは思案した結果、李牧死んだふり計画を予想しました。


キングダム644話ネタバレ予想「昌平君の願いを逆手に取る李牧」

内容に納得がいかないkawauso様

 

河了貂(かりょうてん)蒙毅(もうき)の会話からも分るように、昌平君(しょうへいくん)の新しい作戦は、李牧が牢獄に繋がれている間に、趙の領地をさらに削ろうというものです。

 

これは趙には李牧以上の知恵者がいないという事前提になっていますから、もし李牧が釈放されたという情報が昌平君に入れば、必ず計画に粗はないか再点検するでしょう。

 

少なくとも知恵比べにおいて、昌平君は李牧に及ばない事が兵糧輸送計画でも明らかになっており、昌平君は李信とは違い、李牧との再戦は避けたいと考えています。

 

 

ここに李牧の狙い目があります。李牧が死んだ事にしておけば、昌平君はさらに安心して、趙の領内に秦軍を送り込むのが可能になるのですから油断させる為、李牧は死んだ事にして願いを叶えてやればいいのです。


キングダム644話ネタバレ予想「敵を騙すには味方から」

kawauso

 

オフ王は、紀元前236年に死去する事になっているので、間もなく何らかの理由で死ぬでしょう。それは郭開(かくかい)に暗殺されるからではないかというのがkawausoの予想です。

 

何故か?と言えばあまりにも王が、アレな性格だからであり、わざわざ李牧処刑の情報を流して邯鄲に舜水樹を呼び寄せて内戦状態にしてしまうなどは常軌を逸しています。

 

こんなウンコな王に、いつまでもくっついていれば安穏と権力を貪るのは難しくなるので、幸い、暗愚な後継者もいる事ですし、事故に見せかけて溺死される位は出来るでしょう。

 

そして、その暗殺計略を郭開は処刑寸前の李牧から得るわけです。報酬は李牧の助命、しかし、李牧はそれに加えて自分は処刑された事にしてくれと郭開に頼みます。そして、この極秘情報は、舜水樹(しゅんすいじゅ)のような一部の李牧の幹部にのみ伝え、

 

(そうじゃないと郭開も舜水樹に殺害されかねないので・・)水面下で秦軍を一網打尽にする計略を仕掛けるのです。

 

おそらくカイネにも李牧が実は生きている事は教えるでしょう。教えなかった場合、カイネが号泣した末に自殺してしまう恐れがあるからです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム644話ネタバレ予想「桓騎に好きなだけ暴れさせる」

桓騎

 

史実の李牧の戦法は、敵や味方が臆病者と侮るまで守備に徹していき、敵が完全にこちらをなめきった隙を突いて一網打尽というものが多いです。このやり方を踏襲するとすれば、李牧はすでに弱点を掴んでいる桓騎が主力になって趙の領地の奥深くまで入る事を望むでしょう。

 

桓騎を好き放題暴れさせ、あの残虐な戦法で、大いに趙人の恨みを買わせておき、簡単に戻れない奥深くまで秦軍を誘いこんでから、李牧はおもむろに登場します。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム
  2. キングダム56巻

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 6月 14日

    ブログ主のアイディア李牧を死んだことにする?
    面白そう?奇想天外な展開予想はキングダムワールドを楽しんでおられるようで?
    いっそ史記に登場する歴史上の李牧は実は処刑されていて武田信玄のように影武者だったなんて奇想天外な展開予想も原作者への挑戦で面白いかも?
    もし影武者になるなら白ナスや公孫竜では難しい?
    やはりカイネ???ブログ主なら誰を立てますかね?
    さて新三将軍はどんな活躍をするのか?
    リアルで不思議なのはたった1か月で飛信隊改め李信軍とキョウカイ隊がほぼ人数が倍になり練兵して実戦配備て
    現実的には難しいのでは蛇甘平原のように徴兵で無理やり人数集めて現地派兵で練度不足の中まともに戦えないのが現実的だと思います?

    • 匿名
    • 2020年 6月 14日

    そもそもキングダム李牧の功績って順当ならホウケンのものだしなあ・・・。
    (六将二人・劇辛大将軍撃破・史実における北方の匈奴討伐等)
    策を立てるのもそりゃ貢献だよ、軍師も戦には必要だしそれは分かる。でもさぁ・・・「ホウケンと言う他人の手柄全部分捕っておまけに設定ごまかした死体蹴り」までした結果のキャラがこれじゃホウケン生きてた方がまだ趙の武力的な意味でマシだったのではって話よな。

    • 宰相なのに内政をなおざりにしている李牧
    • 2020年 6月 13日

    キングダムの李牧は悼襄王に信頼され認められていたから宰相に任ぜられて宮廷で国政を補佐する立場になれているはずなのに、内政を放ったらかしにしている期間が長すぎるように思う。

    宰相のくせに君主である悼襄王との意思疎通を欠いているために関係が上手くいっていないことを自覚できていないように見える。また、郭開のような佞臣が蔓延るような土壌を作っているのも長く国政を放ったらかしにしている李牧宰相に責があるように思う。

    李牧が投獄されているのは与えられた権限に対して成果が伴っていないからであり当然の結果としか思えないけど、内乱の上に君主である悼襄王の暗殺の黒幕が李牧とか、ありえんでしょww

    • 匿名
    • 2020年 6月 13日

    オフ王オフ王って馬鹿にしてるけどさ、あの王様あれだけやらかした李牧に一応軍権のほぼ全てを任せてるし、邯鄲の軍をやらないと言いつつ一部を李牧にまわしてる辺りただの暗愚とは思えないんだけど
    それに処刑を遅らせて不穏分子を釣り上げようとしてるみたいだし
    つか白ナスみたいな李牧信者従えてる李牧に全軍与えたら裏切りをされる危険も見越してたんじゃないかと今なら思えるな

      • 匿名
      • 2020年 6月 13日

      史記とかの記述の限りだと次の幽繆王はハナから論外として、
      平原君、平陽君、藺相如、廉頗、趙奢などの名臣や実力ある王族たちがいてもやらかした親父の孝成王より有能に感じるのよね悼襄王は
      後を継いで王になって廉頗を更迭しようとしたのも祖父の恵文王の時代からの老臣であるし無理もないと思う
      (長平の戦いの時点で老将と言われてたし)
      作者が李牧ageをしたくてあんなキャラ造形されたんだろうけど王都軍を出さないのは首都邯鄲をがら空きに出来ないから当然だし、
      李牧本軍が12万、白ナスの橑陽城救援別働軍が9万+犬戎軍(少なくとも数万以上)で犬戎軍抜きでも既に秦軍を上回ってるのに更に兵を貸せって寝言ホザくなアホとしか…
      そんで鄴を囲んでる桓騎にも周辺の守備隊が何度もちょっかい出してたしそれらの兵や犬戎軍も合わせたら30万を超えるだろうにそれで何が不足なのかと
      何故か楚では媧燐と李園が秦の作戦が絶対に失敗する前提で会話してたけど普通なら秦に攻められてる趙が秦以外の他国からの漁夫の利侵攻を備えるのが当たり前だし、
      (漫画でも史記や韓非子などでは趙側が秦の鄴攻略の前に燕を攻め込む記述があるが逆に燕が趙に侵攻してきた)
      これだけの権限と大兵を預けてホーム防衛戦でボロ負けなんだし処刑も残当ですよね
      まぁオフ王が暗愚だと言うならクーデター紛いの事で首都を荒らしてる李牧一党に対して、
      李牧の直属以外の将軍ら(李白や公孫龍など)にテロリスト討伐を命ずるのが普通だし大義名分もあるのに、
      それをせず遊興に耽って治安維持を放棄してるのが暗愚だと言えるのかもしれない。
      ただ、これだけで悼襄王が全部悪い!李牧可哀想!と読者は思わないよね…
      本当合従軍以降で李牧が出てくる・絡む時のキングダムは心底つまらない作者はこんなんで李牧が魅力的な人物に描けてると本気で思ってんのかなあ?
      田建と咸陽に訪れて政に献策した七国同盟とか無能の極みだろと…
      春秋覇者の斉の桓公や晋の文公も当事者達が死んだら全部元の木阿弥だったろうにさ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP