独眼竜政宗はどんな内容なの?大河ドラマ史上 平均視聴率No.1の魅力


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

独眼竜政宗 - amazon

 

NHKの大河ドラマ『独眼竜政宗(どくがんりゅうまさむね)』は、昭和62年(1987年)に放送されました。

 

テレビを見る朱霊

 

昭和の終わりですね。世はバブルの初期です。そんな昔だったか。。。と、思うことなかれ。実は、歴代の大河ドラマの中で、平均視聴率が最も高い作品なのです!その記録はいまだに破られていません。

 

若かりし頃の渡辺謙(わたなべ けん
)
さんが主役の伊達政宗役をつとめ、勝新太郎(かつ しんたろう
)
さんが豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)役で出演していた伝説のドラマ。今回は、観たことがない人にも分かるように、ざっくりとご紹介していきます。リアルタイムで観ていた方にも、懐かしんでもらえるようなエピソードをちょいちょい挟んでいきます。


大河ドラマ 平均視聴率39.1%で歴代1位

 

独眼竜政宗は、平均視聴率がなんと39.1%!日本の4割近くの人が、毎週日曜の夜8時に観ていたということですね。今では考えられません。これは、歴代NHKの大河ドラマで堂々の1位の記録です。


独眼竜政宗の最終回の視聴率47.8%

 

 

また、最終回は驚異の47.8%!これは、『赤穂浪士(あこうろうし)(1964)』の最終回53%、『武田信玄(たけだしんげん)(1988)』の最終回49.2%に次いで第3位です。ちなみに平均視聴率の2位は『武田信玄』の39.2%、3位は『春日局(かすがのつぼね)』32.4%です。実はこの3作品は、連続して放送されております。


独眼竜政宗(1987年)→ 武田信玄(1988年)→ 春日局(1989年)

 

 

独眼竜政宗(1987年)、武田信玄(1988年)、春日局(1989年)という順です。ここをピークに、大河ドラマの平均視聴率は基本的に右肩下がりとなっていきます。バブルの波はこんなところにまで。。。


好きな大河ドラマアンケートでも堂々の1位「独眼竜政宗」2005年

 

また、NHKが2005年に行った「好きな大河ドラマ」というアンケートでも堂々の1位!今なお人気の作品なのです。

 

独眼竜政宗の原作は山岡荘八、脚本はジェームス三木

 

原作は、歴史小説の大家、山岡荘八(やまおか そうはち
)
の「伊達政宗」です。それを、遅咲きの天才脚本家ジェームス三木(みき)が味付けしました。

 

 

ジェームス三木はこのあとも、「八代将軍吉宗(よしむね)(1995年)」、「(あおい) 徳川三代(2000年)」の脚本を担当しますが、政宗以上のヒットとはなりませんでした。それほど、この「独眼竜政宗」が上手くはまったということでしょう。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 火縄銃(鉄砲)が得意な明智光秀
  3. 鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス(徳川家康)
  4. 織田信長
  5. 三国志ライター黒田レン
  6. 虎といちゃつく織田信秀

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP